万葉集その三十九(富士)

「一富士 二鷹 三茄子」というよく知られた諺があり
「初夢に見ると縁起がよいもの」とされています。

その由来は徳川家康が領有した駿河の国の名物説など種々ある中で
次の説が最も説得力があるようです。即ち,

富士は「不死」に通じるので「不老長寿」

鷹は「高、貴」と訓が共通するので「出世栄達」

茄子は「事を成す」あるいは無駄花がなく実がたくさん出来るので
「子孫繁栄」をというものです。

富士山は万葉時代に噴火を繰り返した活火山でした。

633年、命知らずの役小角(えんのおづぬ)という修験道の祖が早くも
富士山に登頂し、
「そんな高い山に登ったのは世界初で、人類の到達した最高峰のこの記録は
8~900年間保持された」と深田久弥の「日本百名山」にも書かれております。

大和の宮廷歌人、山部赤人は東国への旅の途中、富士山を目のあたりにして
驚きと敬虔な崇拝の気持を次のように詠っています。長歌と反歌です。

 「 天地の分れし時ゆ 神さびて 高く貴き駿河なる 富士の高嶺を 

    天の原 振り放(さ)けみれば 渡る日の 影も隠らひ 

    照る月の 光も見えず 

    白雲も い行(ゆ)きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 

    語り告げ言い継ぎ行(ゆ)かむ 富士の高嶺は 」     

                        巻3の317 山部赤人

   「 田子の浦ゆ うち出(い)でてみれば 真白にぞ 

      富士の高嶺に 雪は降りける 」    
                 巻3の318 山部赤人


(天地の分れた時からずっと神々しく高く貴い駿河の富士の高嶺を

天遠く振り仰いでみると空渡る太陽の光も頂に隠れ、

照る月の光もさえぎられ 白雲も流れなずんでいつも雪が降り積っている。

これからも語りつぎ言いついでいこう、富士の高嶺は) 

   ーーー (中西進:万葉集全注釈より一部修正)

( 田子の浦を過ぎて景色が見渡せるところへ出てみると、おぉーなんと!

 富士山がそそり立ち山頂が真っ白になるほどに雪が積もっているよ。

 これはすばらしい! 感激だ!) 

この歌は「吟誦してそのまま歌の価値を味わうことの出来るすぐれた調べを持っている。
簡潔で意をつくしておりかつ荘重にして明るい」(伊藤博)と評されている万葉屈指の
秀歌です。

まず長歌で、富士は悠久の昔から崇高、清浄、雄大に四方を睥睨してそそり立ち、
太陽の光も照る月も白雲も、行くのを躊躇する厳然たる存在であることを観念的に
述べ「雪は降りける」に焦点を集中していきます。

さらに「語り告げ言い継ぎゆかむ」と永遠の命を詠います。 
これを受けて反歌は
「田子の浦ゆ」とは田子の浦を通っての意で、「うちいでて」は眼前に障害物のない
展望がぱっと開けた地点に出た時の感じをいい、現在の薩捶峠(さったとうげ)あた
りからの眺望とされています。

紺碧の空、大きく広がるコバルトブルーの海、その中に屹立し、山頂に白雪を頂く
神々しいまでの富士。

峠を登っていた赤人の目に突然その雄大な景色が出現した時の感動は
如何ばかりだったでしょうか?

「語り告げ言い継ぎゆかむ」とは自然にわき出た言葉であっただろうと思われます。

ところで長歌、反歌で「雪は降りける」と二度繰り返されます。

現代の大雪は多くの災害をもたらすものとされていますが、万葉時代に雪が降ること
は豊作の瑞兆とされていました。

まして富士山に「止む事なく雪が降る」ともなればこれ以上の吉兆はありません。
従ってこの歌は富士山の美しさ、崇高さを讃えると共に

「大和の国の繁栄よ、永遠なれ!」と国土を讃えた歌でもあります。

なお、反歌は新古今和歌集、百人一首にも一部語句を変え山部赤人作として
採用されています。

「田子の浦ゆ うち出(い)でて見れば真白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける」
                                      (万葉集)

「田子の浦に うち出(い)でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」
                                (新古今、百人一首)

新古今の歌は船に乗り海上から富士を見ており、しかも雪が現在進行形で降っています。

雪の間から富士山が見え隠れしている感じで、蒼空のもとに雪を抱いてそそり立つ
富士山のイメージは姿を消し、幽玄の世界といってもよい情景となりました。

万葉と平安時代の貴族たちの感性の違いが際立つ一首ですが、
改作された作者の赤人もさぞかし目を白黒していることでしょう。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-03-08 10:18 | 自然

<< 万葉集その四十(芹:春の七草)    万葉集その三十八(弓絃葉:ゆづ... >>