万葉集その二十九(月の桂)

古代中国の俗信で「月に巨大な桂がある」という記述が
色々な書物に残されています。

桂は「香り高し」という記録から中国では主に木犀とされています。
この桂、雄雌があり日本では雄(オガツラ)は楓、雌(メガツラ)を桂と書き、
共に「かつら」と読みます。

万葉人もまた月に桂があると信じ次のように詠いました。

 「 黄葉(もみち)する 時になるらし 月人の
    楓(かつら)の枝の 色づく見れば 」 
         巻10の2202 (作者未詳)


月人とは月を擬人化したもので

 ( 秋ですね。月の中の桂が色づいて輝いていますよ。
   いよいよ紅葉の季節です)

月光が冴えてきたのを月の桂が紅葉したと見立てて
「色づく」と表現したのです。

では何故「月に桂」となったのでしょうか?

桂はその芳しい香りと共に冬でも枯れない優れた生命力を持っています。
古代中国人はその木を原料にして若返りの仙薬を作り
百薬の長として重宝しました。

同時に満ち欠けを繰り返しながら永遠の生命を持つ月のシンボルに
桂を据えたのです。

ところで私達にお馴染みの「兎さん」
中国の伝説ではその兎が杵と臼で仙薬作りをしていると考えられていました。
日本では子供のお話に仙薬作りは馴染まず「兎さんのお餅つき」に
変わったものと思われます。

月の桂は又、手の届かない恋の歌としても詠われました。


「目には見て手には取らえぬ 月の内(うち)の
  桂のごとき妹をいかにせむ 」 
      巻4の632 湯原王


作者の湯原王は志貴皇子の子で天智天皇の孫。

(目には見えても手に取れない月の内の桂の木のように、
 手にとって引き寄せることが出来ないあなた。
 あぁ一体どうしたらよいんだろう。)

娘子のもとに訪れたのに拒絶され、とぼとぼと夜道を帰らなければならない
嘆きを詠ったものです。
拒まれると益々燃え立つ男心は昔も今も同じですね。

湯原王さん、その後何回もトライしてやっと思いを遂げましたが
嫁さん持ちだった為この恋は長続きしなかったようです。

さてさて今宵は「月桂冠」でも飲むとしましょうか。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-03-08 10:08 | 自然

<< 万葉集その三十(薔薇:そうび=...    万葉集その二十八(八咫烏:やた... >>