万葉集その二十五(秋の七草)

日本の野山は今まさに百花繚乱の美しさです。

1270年前、山上憶良は数ある花の中から秋を代表する
七種の草花を歌に残しました。

「 秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)

  かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 」 巻8の1537


 「 萩の花 尾花葛花(くずはな) なでしこの花

   おみなえし また 藤袴(ふじばかま) 朝顔の花 」 
                  巻8の1538


 二首で一組になっており、朝顔は現在の桔梗とされています。

 従来、この歌は「内容そのものは全くの記載文であって別に
 取り上げる程の特色のないもの-土屋文明」という評価を受けていました。

 ところが万葉研究の第一人者である伊藤博は一首目の「指折り」と
 二首目の「また」に注目し、

 この言葉は「あだやおろそかに用いられたはずがない」と
 指摘され画期的な解釈を発表されました。

 即ち「指折り(およびをり)」という言葉は子供に呼びかける俗称で
 「指を折り数えている動作の投影」 「また」とは指を折り数えていて
 5本の指になったところで別の手に変えて数える動作であるとされたのです。

 以下は 伊藤博 解説の大意です。


 時は730年秋。憶良は筑前の国守で71歳。

 当時国守にはその属郡を巡行して百姓の生活、風俗を観るという任務があった。
 この二首も配下の某郡を巡行中、野に遊ぶ子供を目にして呼びかけた言葉、
 その言葉を忠実に投影する歌であったのではなかろうか。

 憶良は花をちぎっては駆け巡る筑紫の子供達に、世に言う秋の七草の花の名
 をつい教えたくなったのであろう。

 とすればこの二首からは秋の光の爽やかに注ぐ野原で大勢の子供達の前に
 相好を崩しながら秋の七草を数え挙げている好々爺憶良の微笑ましい姿を
 思い浮かべることができよう。


 ( 秋の野に咲いている花 その花をいいか、こうやって指を折って数えてみると

 七種の花 そら七種の花があるんだぞ ) 巻8の1537



 ( 一つ萩の花 二つ尾花 三つに葛の花 四つなでしこの花 うんさよう

 五つにおみなえし。ほら それにまだあるぞ 六つ藤袴 七つ朝顔の花

 うんさよう、これが秋の7種の花なのさ) 巻8の1538


伊藤博はこのようにして1270年前の憶良の歌に新たなる生命を
吹き込まれたのです。

時代は変わって昭和10年。時の文人達が
「秋にはもっと美しい花があるではないか、新しい七草の花を選ぼう 」
と新・秋の七草を発表しました。

 「 秋桜(コスモス) 菊 葉鶏頭 彼岸花 白粉花(おしろいばな) 
 秋海棠(しゅうかいどう) 赤飯(あかまんま=イヌタデ) 」 です。

 そうした試みにも拘らず今では「新秋の七草」を知る人も少なくなり、
 万葉時代から受け継がれてきた憶良の秋の七草は今もなお微動だに
 しない地位を占め続けています。

注1、 山上憶良(660~733): 701年42歳の時遣唐使として中国に渡る。
 721年その学識を認められ東宮待講として首皇子(おびとのみこ=のちの
 聖武天皇)の教育係を務めた。万葉初期、大伴旅人と並ぶトップ知識人。
 出自を百済系渡来人とみる説もある。

注2、 短歌は 五七五 七七 を基本形とするが、旋頭歌は
    五七七 五七七を基本形とする。
    万葉集に初めて見える歌体で上三句と下三句を二人で
    掛け合い唱和していたが、やがて一人で詠うようになった。
    本稿の巻8の1538は旋頭歌。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-03-08 10:04 | 植物

<< 万葉集その二十六(壱師:いちし...    万葉集その二十四(漱石の草枕) >>