万葉集その二十二(秋の香)

秋の香りと言えば松茸。
今や国産ものは匂いだけで辛抱しなければならない程高価で
縁遠くなってしまいました。

茸の歴史は古く縄文時代後期(4000年前)まで遡ります。

古代人はキノコの毒の有無を判別する知識を苦い経験によって蓄え、
万葉時代に松茸は既に大いに食され又好まれてました。

焼いて醤(ひしお―醤油の原型)を付けたり、塩をふったり、また現在で云う
松茸飯や吸い物にしてその香りと歯ごたえを味わったものと思われます。

 「 高松の この峰も狭(せ)に 笠立てて

      満ち盛(さか)りたる 秋の香のよさ 」 

           巻10の2233 作者不詳


高松は奈良の高円山(たかまどやま)。
全山に足の踏み場のない程にびっしりと生い並ぶ松茸。
その松茸が今を盛りとかぐわしい芳香を放っている様子を
詠ったもので、今日では想像も出来ない光景です。

(高円山の峰も狭しとばかりに、まぁ見事に茸の傘が立ったことよ。
 眺めもさることながらこの香りの良さ。早く食べたいものだなぁ)

江戸時代でもまだ松茸は健在で

「 松茸の 山かきわくる 匂ひかな」 支考 

などと詠まれています。

昭和初期でも松茸飯は大衆食でした。

「 取り敢えず 松茸飯を焚くとせん 」 虚子

草間時彦の「食べ物俳句館」によると

「この句が作られたのは昭和9年。
その頃松茸飯は一膳飯屋の食べ物だったのである。

だから虚子の句も不意の来客で何もないし、銭も乏しい。
八百屋で松茸を買ってきて松茸飯。
それに豆腐の味噌汁、大根の漬物。
そんなところで.....。というのがこの句の取り敢えずなのである」

と解説されています。

 古き良き時代のお話です。

その後 松茸は昭和28年頃を境に急速に日本の山々から
姿を消してしまったようであります。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-03-08 10:01 | 植物

<< 万葉集その二十三(虫のシンフォニー)    万葉集その二十一(河鹿:かじか) >>