万葉集その十八(秋の風吹く)


暦では8月の初めはもはや秋。今年の立秋は8月7日です。
この日以降の暑さが残暑となります。
今回は風の音にちなむお話です。まずは古今和歌集の歌より。


「 秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 

   風の音にぞ 驚かれぬる 」 藤原敏行
 

あまりにも有名なこの歌は1100年前の立秋の日に作られました。
多くの日本人がこの歌を心の中で口ずさみながら秋を感じ、
立秋といえば「風の音」と云われるまでになったのです。

結句「驚かれぬる」は「はっと気がつく」という意味で
秋の季節感をまず最初に人々に告げ、知らせたのは風だったと
いうわけです。

時の移り変わりを目ではなく「風という気配」によって知るという発見は
後世の歌人に多大な影響を与えました。

この感覚はまさに日本人独特のものといってよく、
外国の人々には極めて難解なセンスでありましょう。

このように風をめぐる歌を文芸の世界にまで高めた萌芽は既に
万葉時代にありました。


 「 君待つと 我が恋おれば わが屋戸(やど)の

     簾(すだれ)動かし 秋の風吹く 」 

        額田王 巻4の448


 「 風をだに 恋ふるは羨(とも)し 風をだに

     来(こ)むとし待たば 何か嘆かむ 」

      鏡王女(かがみのおおきみ) 巻4の489


 額田王と鏡王女の秋の風をめぐっての恋の歌です。

 最初の歌は額田王が大津宮で天智天皇を思って詠んだ歌

 ( 天皇を恋しく思って恋焦がれて待っている。
  少しの音でもはっとするくらい緊張しています。
  すると簾がカサッと動いて風がスゥーと吹き渡っていく。
  待ち人いまだ来たらず。あとはただ静寂あるのみ。)


 人を待つという微妙な女心のゆらぎを素直に詠んだ名歌であります。


 さて2つ目の歌は鏡王女の歌です。

 ( あぁ秋の風、その風の音にさえ恋心をゆさぶられるとは羨ましいこと。
   風にさえ胸をときめかして、もしやお出でになるかと待つことが
   出来るなら何を嘆くことがありましょうか)

 どうにもならない自分のわびしい気持ちを詠っています。


 鏡王女は天智天皇に愛されていましたが後に藤原鎌足の正室になりました。
 この歌は藤原鎌足が亡くなった後の気持ちを詠んだ歌と推測されています。


 額田王の歌は初期万葉のものとしては優美、繊細、可憐な女心を詠っており
 研究者の間では中国の漢詩にも同様の趣旨の歌があり、後世の別人の作では
 ないかと疑問に感じている人もいます。

 いずれはともあれこの歌は後世に多大な影響を与え、以降、秋風の歌が盛んに
 詠まれるようになったのです。



 注: 額田王 鏡王のむすめ。天武天皇との間に十市皇女を生む

    鏡王女  鏡王のむすめ。額田王の姉ともされるが定かではない。
          一説には舒明天皇の皇女とも。
          夫、藤原鎌足が病のとき奈良、興福寺の建立を発願し、
          以降興福寺は藤原家の氏寺となる。


 
[PR]

by uqrx74fd | 2009-03-08 09:57 | 自然

<< 万葉集その十九(立てる白雲)    万葉集その十七(良寛の歌の手本... >>