万葉集その二百二十五(萓草:カンゾウ=忘れ草)

萱草はユリ科ワスレグサ属の多年草で真夏にオニユリに似た黄赤色の花を
咲かせます。

「萱」という字には「忘れる」という意味があるそうです。

万葉人は中国の古典、特に詩経、文選などで
「この美しい花を見て憂いを忘れる」「忘憂」などの文言を学び、
「萱草」をそのまま「忘れ草」と訓み習わしました。
そして憂いや悲しみを忘れるためにその花を身につけたり庭に植えたりしたのです。

 「 我がやどは 甍(いらか)しだ草 生(お)ひたれど

       恋忘れ草 見るにいまだ生ひず 」

         巻11-2475 柿本人麻呂歌集



 ( 我家の屋根の軒(甍)に「しだ草」がいっぱい生えているけれど、
  生えて欲しい肝心の忘れ草はどこを見ても生えていないなぁ )

この歌は「忘れ草」が詠われた最古のものとされています。
「しだ草」は「軒忍(のきしのぶ)」とよばれる「ウラボシ科のシダ」で
樹幹や岩石に着生し、根茎は横に走り、青々とした複葉を広げて繁茂します。

恋の苦しさから逃れたいと願いながらも忘れることが出来ず悶々としている男。
「自嘲の苦笑も そこにこもる捨てがたい歌」(伊藤博)です。
なお、「忘れ草」に「恋」が付く表現はこの一首のみ。

「 忘れ草 我が紐に付く 香具山の
     古りにし里を 忘れむがため 」 
           巻3-334 大伴旅人


( 忘れ草を私の下紐につけました。
懐かしい故郷、香具山の麓の里をいっそのこと忘れてしまうために)

729年、大宰府次官 小野 老(おゆ)が昇叙にあずかり都に上りました。
長官、旅人は筑紫に戻ってきた部下の為に祝宴を催します。

「あをによし 奈良の都は咲く花の 
        にほふがごとく今盛りなり」  巻3-328


と都の美しさ、繁栄のさまを報告する老。

やがて宴は佳境になり、賑やかな歌のやり取りがはじまります。
次第に望郷の思いが募り、遂にこらえきれなくなった旅人。

香具山の麓、明日香には田荘(でんそう)とよばれる大伴家の私有地があり、
作者は若き頃しばしば妻問いに訪れていたようです。

大宰府赴任早々、その最愛の妻に先立たれた旅人は華やかな都よりも、
妻と過ごした故郷への想いのほうが強かったのでしょう。

その辛い思いを忘れたい為に着物の下紐に忘れ草を結びつけたというのです。
その本意は悲しみは忘れたいが懐かしい故郷は忘れたくないという複雑な
心境であったことでしょう。

「 忘れ草 垣もしみみに 植ゑたれど

       醜(しこ)の醜草(しこくさ) なほ恋ひにけり 」 
                   
                巻12-3062 作者未詳


( 憂いを払うという忘れ草を垣根に溢れるばかり植えたけれど
 こいつめ!何の役にも立たないではないか。
 ますます恋が募って仕方がないよ)

「しみみ」とは「隙間もないくらいびっしりと」
「醜(しこ)」という言葉を重ねて最大限に罵っていますが、決して本気ではなく、
忘れようとしても忘れられない恋情の激しさに我ながら呆れているようです。

「相手に(その歌を)贈ったとすれば、深い思いを寄せているという真意が
十分にこもる歌になる」( 伊藤 博 ) とも。

「カンゾウ」は別名「ヤブカンゾウ」「鬼カンゾウ」ともよばれ、中国原産の
「本萱草」の変種とされていますが、この母種は我国には存在せず、古い昔に
渡来したものが今では完全に我が風土に帰化したものと考えられています。

夏の山々や高原を美しく彩る「ニッコウキスゲ」、「ユウスゲ」、「エゾキスゲ」
「ノカンゾウ」なども同じワスレグサ属の仲間です。

  「 萱草の咲きたる畦の靄(もや)深し 」   秋元 草日居 
[PR]

by uqrx74fd | 2009-07-27 10:51 | 植物

<< 万葉集その二百二十六(弓張月)    万葉集その二百二十四(海山は死... >>