万葉集その二百三十八「百代草(ももよぐさ)は菊?」


私達が今日、品評会や菊人形などで鑑賞する大輪の菊は、野生の原種から気が遠くなる
ほどの長い年月を掛けて栽培されたもので、「家菊(イエギク)」とよばれます。

植物学上の分類では野生、栽培種とも同一のものとされ、牧野富太郎博士は、
「日本原産の野地菊が中国に渡り、長年改良されたものが「イエギク」になった」と
推定されています。(牧野新日本植物図鑑)

「家菊」は8世紀中頃の天平期、あるいは同世紀後半の平安初期に薬用植物として
中国から渡来したといわれていますが、文学の世界に登場するのは、
751年に編纂された我国最古の漢詩集「懐風藻」においてでした。

そこには、「菊風 (註:秋風のこと)」、「菊気 芳し」、「菊浦(きくほ) 註:水辺の菊」、
「浮菊(ふきく) 註:酒に浮かべた菊」など雅やかな言葉がみられ、これ等の漢詩は
長屋王が新羅の使節を招いて催された宴席で吟じられたものです。

ところが万葉集には「菊」という言葉が見当たりません。
ほとんどの解説書では、菊の渡来は平安時代なので、万葉人は菊の存在を
知らなかったと記されていますが、もしそうならば同時代の懐風藻になぜ菊という語が
多くみられるのでしょうか?

色々な文献を調べてみると、唯一下記のような記述がみられました。

「 ふしぎなことに万葉集には菊をよんだ歌が見あたりません。
  それは菊がなかったわけではなく菊のことをそのころは百代草(ももよぐさ)と
いっていたからなのです 」

              ( 万葉集物語 :森岡 美子 富山房インターナショナル刊)

ここまで断定してもよいか、いささか躊躇いたしますが、まずは該当歌です。

「 父母が 殿(との)の後方(しりへ)の 百代草
          百代いでませ 我(わ)が来るまで 」
 
  巻20-4326 生壬部足国( みぶべのたりくに);静岡県掛川市の防人


( 父さん、母さんが住む母屋の裏手の百代草。その「ももよ」ではないが、
  私が帰ってくるまで、どうか百歳(ももよ)までお達者でお過ごし下さい。  )

「壬生部(みぶべ)」とは本来、皇子を哺育するとともに、その警護を任とする
職のものをいうそうですが、作者は防人として赴任したようです。

「いざ出発」という時にあたって両親の息災を祈った歌ですが、親を思う真情に
あふれており、作者の優しい性格が伺われます。
両親が住んでいる建物(殿)の裏手には野菊が植えられていたのでしょうか。

豊田八千代氏はその著「万葉植物考」で「百代草」は未詳であるが 
『 「莫傳抄(バクデンショウ:平安時代)」に菊なりとし、
「本草啓蒙」には「鴨跖草(つきくさ):つゆくさ」とす。
なお、昔よもぎとする説もあれど確かならず 』とされ、

最新の説 (藤原茂樹 日めくり万葉集2009年10月号)では、

「ノギク、ヨモギ、ツユクサ、マツ、などの中、一説のリュウノウギクか。
その年の山野花の中で最後に咲く花であることも父母の長寿を祈る草として
ふさわしい」 ともあります。

以上の諸説を総合すると

「 古代、わが国に野生の小さな菊があり、「百代草」とよばれていた。
それが中国に渡り、長い年月をかけて今日のような大輪の菊に改良され、
平安時代に我が国に里帰りした。
懐風藻に歌われた「菊」は野生の菊ではなく「家菊」であり、万葉人は中国で
描かれた絵画や漢詩から学び、実物はまだ知らなかったのではなかろうか?」
と推定されるのです。

「 菊を東籬(とうり)の下(もと)に採り 
  悠然として南山を見る
  山気、日夕に佳く 
  飛鳥、相与(あいとも)に還(かえ)る 」     陶淵明「飲酒」


 『 一茶に「悠然として山を見る蛙かな」という句がある。
  陶淵明のこの詩句のパロディである。
  一茶には、悠然として山を見る蛙の境遇が羨ましかったのだろう。
  高逸の詩人を蛙といったのは、むしろ彼の自嘲である。
  彼は死ぬまで、そのような清閑の境遇には恵まれなかった。

 酒というと陶淵明を思い出す。また菊というと陶淵明を思い出す。
 東のまがきに、その菊は植えてあった。菊を見ては独酌で酒をくむ。
 客がないので、自分の影法師をかえりみて、ひとりで飲みほし、
 たちまち酔を発する。

 時に目をやって、悠然として南山を見る。南山とは盧山である。
 秋深い山のけはいは、夕暮れになってますますさわやかである。
 鳥があい連れて、山のねぐらへ帰って行く。

 「飲酒」の歌のこの二行が、どうしてこうもひとびとを深い思いに
 さそいつづけてきたのだろう。
 これは平凡な詩句なのだ。

 だがこの二行には多くの人の願ってもかなえられない姿が深い彫りで
 描かれていたのだ。

  あくせくと忙しい日夜を送っているわれわれは、せめて一度でも、
 こういう境遇にあって、菊を東籬(とうり)のもとに採ってみたいのである。
 一度でも悠然として南山を見てみたいのである。 』 
                  ( 山本健吉 ことばの季節:文芸春秋社)

「 菊干すや 東籬の菊も 摘みそへて 」 杉田久女

 菊酒をぐいと飲み干す艶やかな女姿を髣髴させる一句です。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-10-26 07:23 | 植物

<< 万葉集その二百三十九(馬の涙)    万葉集その二百三十七(倭琴:や... >>