万葉集その二百四十七(若水)

 「 寒けれど すがすがしけれ 井の端に
     いでてことしの 若水汲めば 」  岡 麓


元旦早朝に初めて汲む若水。
古くから邪気を払い幸せを招く力があると信じられてきました。
汲んだ水は年神に供え、沸かして福茶などといって飲んだり、雑煮などの
煮炊きに用いて新年を祝います。

若水を汲む行事は元々立春に行われていたもので、平安時代には前もって封じておいた
生気のある井戸から、主水司(いもとりのつかさ)が天皇の朝餉(あさげ)に奉っていましたが、
次第に朝儀が廃れ、元旦に汲む習慣に変化していったようです。

万葉時代には「若水」の語はありませんが、「変若水(をちみず)」として詠われ、
「をち」は「若返る」の意です。
「若水」という言葉には、邪気を払うと同時に、不老長寿への期待も込められて
いるのでしょう。

「 いにしへゆ 人の言ひける 老人(おいひと)の
     若変(をつ)といふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬 」  
           巻6-1034 大伴東人(あづまひと)


( これが遠い昔から「老いた人を若返えらせる」と言い伝えられている
 聖水ですぞ。
 さすがに名にそむかぬ清々しい滝の瀬であることよ!)

740年、聖武天皇が美濃の国(現岐阜県)に行幸された時、お供した作者が
この地に伝わる美泉と養老の滝にまつわる故事を踏まえて詠ったものです。

その昔、この地に住む木こりが山奥で酒の匂いがする水を見つけました。
早速、家に持ち帰って老いた父親に飲ませたところ、
なんと! 白かった頭髪が黒くなり、顔つやも若々しくなったのです。

その話を聞いた元正天皇は、早速当地を訪れて水を浴びたところ、
伝説通り肌が滑らかになり、痛むところも直ったので大いに喜ばれ、
勅を発して元号を「養老」と改めました。(717年)

続日本紀によると養老の滝の近くに「菊水泉」とよばれる美泉があり
江戸時代、国学者の間で元正天皇が浴びたのは「滝の水か、菊水泉か」
との論争があったそうですが、そのような難しい話?は さておき
古代の女帝を狂喜させた若返りの滝と泉は、1300年経た今も
涸れることなく、清冽な水を流し続けております。

「 くめど つきせぬ わかみづを
  きみと くままし かのいずみ

  かわきもしらぬ わかみづを
  きみと くままし かのいづみ 」  
                   島崎藤村 「若水より」


『 農耕をなりわいとする民族にとっては、田畑をうるおす水ほど大切なものはない。
そこに水の神を祀る信仰が芽生え、井戸を神聖なものとして崇める習慣が生まれた。
稲作が一般化されるようになると、苗代を作る春に先がけて、若水を汲んで神に捧げ、
豊穣を祈願するようになっていった。

そうでなくても早春の頃は、長い冬籠りから目ざめて、草も木も人間も、
溌剌とした生命力にあふれる季節である。  
太陰暦の正月・二月はちょうどそういう時期にあたる。

太古から民衆の間で行われた祭りに、仏教が結びついて出来たのが
正月に行う修正会(しゅうしょうえ)であり二月に行う修二会(しゅうにえ)であって、
「二月堂」の名もそこから出ている。』 

(白州正子: 私の古寺巡礼より要約 法蔵館) 

毎年3月13日の未明、奈良東大寺の二月堂で「お水取り」の行が行われます。
3月1日から2週間にわたって行われる修二会(2月に行われる法会)の一環で、
「若狭の井」とよばれる井戸から香水(こうずい)を汲み上げて本尊に供えます。
この聖水は若狭の国と地中でつながっており、万病に効果ありといわれてきました。

その由来は
 『 752年、二月堂の神様が修二会を行うにあたり、日本中の神々を勧請した。
ところが、若狭の遠敷(おにゅう)明神だけが釣りに夢中になっているうちに、
うっかり遅参。
平謝りに謝った明神は、お詫びの印として今後二月堂の本尊に霊水を献上することを
誓ったところ、白黒二羽の鵜が飛び立ち、その跡から清泉が湧き出した。
それ故、その泉を若狭井とよび、毎年3月12日真夜中に聖なる水を汲み、本尊に
捧げるようになった 』   (東大寺要録) と 伝えられています。

   「 水取りや こもりの僧の 沓(くつ)の音 」 芭蕉
[PR]

by uqrx74fd | 2009-12-27 07:50 | 生活

<< 万葉集その二百四十八(松と門松)    万葉集その二百四十六(虎) >>