万葉集その二百五十五(つらつら椿つらつらに)

 「 ふりかへる 秋篠寺のやぶかげの
     椿の花は みなもの言へり 」     小野 興二郎


 『 古都の椿のゆかしさは、その幹のくねりにも、暗い葉の繁りにも、
   ひっそりと溜まる年月の気配があるからだろう。
   まるで、その年月の深い時間の中から咲きだしたような
   真紅の椿を見る時、それは見る者の心に眠るはるかな時間まで
   開いてみせてくれるようだ。
   ふと見て歩み過ぎ、また振りかえって見てしまう花の貌(かお)、
   それは心なく過ぎてゆく旅の人に、いかにも物言いたげに
   唇を開いているようにみえる。』
                        ( 馬場 あき子 花のうた紀行 新書館 )

今は昔の701年、文武天皇と持統太上天皇が揃って紀伊国に行幸されました。
大和から出発して紀道(きじ)に進むと、飛鳥、高取と続いた平野部が次第に山路に
さしかかります。
このあたり一帯は巨勢(こせ)とよばれ、古代の豪族、巨勢氏の本拠があったので
その名があります。(現在の御所市(ごせし)古瀬、近鉄線吉野口駅の近く)

時は椿の季節にはまだ早い10月の終り頃です。
お供の一人が詠いました。

「 巨勢山の つらつら椿 つらつらに
          見つつ偲(しの)はな 巨勢の春野を 」 
             巻1-54 坂門人足(さかとの ひとたり)


( 巨勢山のつらつら椿 この椿をつらつらと見ながら偲ぼうではありませんか。
  椿の花満開の春野のありさまを。)

「つらつら椿」:列なって咲いている椿、 「つらつらに」:「じっくり」

さらに坂門人足は一同に声をかけます。

「  皆さん、目を閉じて!
   そして、良くご存知の歌を私と一緒に続けて歌って下さい。
  そうすれば丘一面に咲き誇っている椿の花が目の前に浮かぶことでしょう。
  さぁ、はじめますよ! 」 

「 川の上(うへ)の つらつら椿 つらつらに
          見れども飽かず 巨勢の春野は 」 
                  巻1-56(既出)  春日 老(おゆ) 


行幸とはいえ今回は牟婁(むろ)の湯(白浜温泉)への慰安の旅です。
まだ見ぬ黒潮の躍る海、いで湯の楽しみ、そして眼前には色とりどりの秋の花
目を閉じると浮かび上がる幻想の椿。

ツラツラツバキ ツラツラニと「ツ」の連続がはずむ心をかき立てています。
まさに歌は音楽です。

人足(ひとたり)の歌(1-54)は、良く言えば本歌取りの萌芽、悪く言えば盗作とも
言われかねないものですが、古代では良く知られた歌を同じような形で繰り返し
詠えば、元の歌の価値が高くなると考えられていたので、作者としては
古歌を引用するのはごく自然の成り行きであったことでしょう。

巨勢道は都から紀伊に至る幹線道路であるとともに紀伊水門から瀬戸内海や
朝鮮にも通じる海上の道への出発点でもありました。
都の人々は異郷への入口で、その土地の神に幣(ぬさ)を捧げて地霊を鎮め、
旅の安全を祈ったものと思われます。

「 あしひきの 八つ峰(を)の椿 つらつらに
          見とも飽かめや 植ゑてける君 」
                      巻20-4481 大伴家持


( 山の尾根に幾重にも重なるように咲く椿。 
その椿を貴方さまは庭にお植えになったのですね。何と見事なこと!
つくづく見ても見飽きることがありません。
そして、貴方さまとも飽きることなく、いつまでもお会いしていたいものです。)

757年、作者が兵部大丞 大原真人の館の宴に招かれた折、館の庭に植えられた
見事な椿を愛でながら主人を讃えた歌です。
当時の椿はすべて山野に咲くヤブツバキと思われますが、草木を自宅に移し替え、
好みの庭作りをしていたことを伺わせてくれている一首です。

「つらつらに」は現在でも「つらつら思うに」などと使われている言葉ですね。

「あしひきに」は山や峰などに掛かる枕詞で、万葉集に110余例見られますが、
その語源は1.山の足すなわち裾野を引く意で山に掛かる
     2.足を引きずりながら登る意で山に掛かる
     3.「あしひき」の原文表記が「足病」「足疾」であるところから
        足のやまひと解釈し、同音のやまに掛かる
など諸説あり定まっておりません。

「 島山の つらつら椿 緋(ひ)に咲きて
     をとめは われに寄ると なげきぬ 」   岡野 弘彦


うららかな春、潮騒の心地よい音、流れくる微かな潮の香り、
椿また椿の島の山、 たたずむ可憐な乙女、ふと見上げると丘の上に恋人の姿、
慌てて駆け寄るが、一瞬、心に微妙な揺れが。
それは、「寄ると」別れの嘆きに変わるかもしれないという懼(おそ)れの心でしょうか。

   「 松は緑に 砂白き  
     雄松が里の をとめ子は
     赤い椿の 森かげに
     はかない恋に 泣くとかや 」 
                  琵琶湖周航の歌 小口太郎作詞

[PR]

by uqrx74fd | 2010-02-21 11:32 | 植物

<< 万葉集その二百五十六(ふふむ)    万葉集その二百五十四(荒ぶる) >>