万葉集その二百六十四(蓬:よもぎ)

「 いざ出でて 蓬摘もうよ 和(にこ)ぐさの
    香に立つ摘めば 心和まむ 」    若山 喜志子


山々の雪消の水が大地にしみこむ頃、早春の野の摘み草はまず蓬から始まります。
古代の人々は、その芳香が邪気を払うものと信じて食用にし、五月五日の節句には
屋根に葺いたり、鬘(かづら:髪飾り)にしていました。

清少納言は菖蒲や蓬の香りが大好きだったらしく、

「 節は五月にしく月はなし。 菖蒲、蓬などの
 かをりあひたる、いみじうをかし 」   (枕草子)


( 色々な節句の中でも五月の節句が一番だ。
 菖蒲や蓬など、家々の屋根に葺き、物にとりつけて、しきりによい香りを
 漂わせているのは実に趣が深い) 


と書いております。

これらの風習は万葉時代にも見られますが、歌に詠まれた蓬は一首のみです。

「- ほととぎす 来鳴く五月(さつき)のあやめ草  蓬(よもぎ)鬘(かづら)き 
酒宴(さかみづき) 遊び和(な)ぐれど 射水川(いみづかわ) 
雪消(ゆきげ) 溢(はふ)りて 行く水の いや増しにのみ  - -」
               (巻18-4116 長歌の一部 大伴家持)


( 時鳥が来鳴く五月には、菖蒲(しょうぶ)や蓬を鬘(かづら)にしました。
そして、酒盛りなどをして遊び、気を紛らわせようとしましたが、
あなたが不在の酒宴では少しも楽しめません。
射水川の雪解け水が 溢れるように あなた様への恋しさが
いよいよ募るばかりでした。 - - )

748年、越中国の官吏、久米広縄は「朝集使」という役目を帯びて上京しました。
朝集使とは「国司や郡司などの勤務成績や神社、僧尼の状況、さらに土木、交通、
建築など国政全般に関する年間報告書(朝集帳)を朝廷に持参する」ものをいいます。

それから約8ヶ月後のことです。
無事役目を果たして帰任した広縄を上司である家持が慰労の宴を催します。
「 遠いところ誠にご苦労であった。無事任を果たされ誠に喜ばしい。」と労い、
引用の歌の部分では、「貴殿の留守中は実に寂しかった」と述べています。

『 広縄という人は愚直なほど真面目な人物であったらしい。
家持はこの広縄の人柄をこよなく好ましく思っていたことが推察できる』(伊藤博)
心が籠った歓迎の一首です。

平安時代になると蓬は香りを楽しむ風情のある野草というよりは
「葎(むぐら)」や「浅茅」などと共に荒廃した邸宅に生える雑草としてのイメージが強くなります。

「これや見し 昔住みけむ跡ならむ
     蓬が露に月のかかれる 」   西行 新古今和歌集


( これがその昔私が住んでいた家の跡なのだろうか。
  蓬に置いた露に月が宿っているばかりだ )

蓬は栄養価が高いので古くから食用とされてきましたが、蓬餅などが
詠まれるようになるのは近世からのようです。

「 おらが世や そこらの草も 餅になる 」  一茶

さて、ここまで「蓬」という漢字を使ってきましたが、「これは間違いである」と
牧野富太郎博士は声を大にして主張されています。

『 そもそも平安時代の歌人源順(みなもとのしたごう)が「和名類聚鈔」
(略称 和名抄)に蓬を与毛木(ヨモギ)としたのが間違いの元である。
それ以来、今日にいたるも人々はヨモギを蓬と書いて怪しまないが、
私はそのように書く人々の頭を怪しまずにはいられない。
古より、とんでもない間違いをしてくれたもんだ。

  ヨモギは艾(ガイ)と書くのが本当だ。
元来これはモグサ(燃え草の省略せられたもの)に製する草である。
横文字でもMoxaと書くのは面白い。

蓬は元来日本には絶対ない草であるから、もとより日本名のあろうはずはない。
では蓬とはなんだ。
 
蓬とはアカザ科のハハキギ(ホウキギ)すなわち地膚(ジフ)のような植物で、
必ずしも一種のみに限られたものではない。
そして蒙古辺りの砂漠地方に盛んに繁殖していて、秋が深まり冬が近づくと
その草が老いて次第に枯れ、北風に吹かれて根が抜ける。
さらに、たくさんある枝が撓(たわ)んで円くなり、それに吹き当たる風のために
転々と、あたかも車のように広い砂漠を転がり飛びゆくのである。

そこで、それを転蓬(てんほう)とも飛蓬(ひほう)ともいっている。
すなわち蓬の正体はまさにかくの如きものである 』 

(牧野富太郎 植物一日一題 要約抜粋 ちくま学芸文庫)

 牧野博士説にもかかわらず、蓬はいまだに誤用のまま使われており、
 もはや訂正は不可能なことでしょう。( 広辞苑は蓬、艾 併記)

     「 蓬萌ゆ 憶良旅人に 亦(また)吾に 」  竹下しづの女
[PR]

by uqrx74fd | 2010-04-25 08:59 | 植物

<< 万葉集その二百六十五(鞆の浦)    万葉集その二百六十三(面影) >>