万葉集その二百七十三(真珠は六月の誕生石)


『 チパングは東海にある大きな島で、大陸から2,400㎞の距離にある。
  住民は色が白く、文化的で物資にめぐまれている。
  偶像を崇拝し、どこにも属せず、独立している。
  黄金は無尽蔵にあるが、国王は輸出を禁じている。
  - 宮殿の屋根はすべて黄金でふかれており、その価格はとても評価できない。-

  バラ色の真珠も多量に産する。
  美しく、大きく、円く、白真珠と同様、高価なものである。 』

            ( マルコ・ポーロ:東方見聞録 青木富太郎訳 教養文庫より )

上記の黄金に関する記述は兎も角、我国では古代から真珠が豊富に採取され、
装飾品やお守りなどに用いられていたことは次の事実からも伺えます。
すなわち、法隆寺五重塔の舎利容器周辺から627個、
興福寺中金堂須弥壇から160個、東大寺金堂鎮魂具から13個の真珠が検出された等々、
枚挙に暇がありません。

さらに1979年に発掘された太安万侶(おおのやすまろ:古事記編者)の墓から
出土した4個の天然真珠は理化学的な検査により、アコヤガイであることも
明らかにされました。

万葉集での真珠は主として白玉と詠われ、水晶をも含む白い玉の総称と
されていますが、アワビのみは別格でした。
アワビ真珠が特に重んじられたのは、希少であることと、ピンクや青色の色彩が
極めて美しく、まさに珠玉であったのでしょう。

「 伊勢の海の 海人の島津が鰒玉(あはびたま)
     採りて後もか 恋の繁けむ」 巻7-1322 作者未詳


( 伊勢の海人が、志摩のアワビ真珠を採っています。
 もし私がそのような貴重な真珠、すなわちあの女性を得ることができたならば、
 後々まで変わることなく心を引かれ、思いは益々つのるでしょうか。)

  困難であった恋がまさに成ろうとしているのですが、男はその前途に
 不安を抱いているようです。
  相手は身分違いの高貴な女性であったのでしょうか。

 「島津」は人名説(伊藤博)もありますが、この歌での人名は必ずしも必要と思われない
(澤潟久孝)ので「島津の津」すなわち「志摩」の地名説を採りました。
伊勢志摩は当時から鮑、真珠の名産地として聞こえていたようです。

「 父母え 斎(いは)ひて待たね 筑紫なる
   水漬(みづ)く白玉 取りて来(く)までに 」
                     巻20-4340 川原虫麻呂 (駿河国防人)


  ( お父さん お母さん 精進潔斎して私の無事を祈って待っていてください。
    筑紫の海の底にあるという真珠、その白玉を採って帰ってくるまで )

 「父母え」は「とちははえ」「ちちははえ」二つ訓み方があり、
 「え」は「よ」の訛ったもの、つまり「父母よ!」
 「水漬く白玉」とは海に沈む貝の中にある真珠と言う意味です。
   
「海には真珠 空には星 
 わが胸 わが胸  されどわが胸には恋

 広きかな 海と空
 はるかに広きはわが胸
 真珠より 星より美しく
 輝き光る わが胸の恋  」 
                     (ハイネ:夜の船室にて 井上正蔵訳)


白玉は大切な女性にも例えられています。
  
その昔、ある女に惚れた男がいましたが、その女は別の男と結婚してしまいました。
ところが、数年のち女は旦那に捨てられ、離婚したと言う噂が男のもとに届きます。
女を忘れられず、独身を通していた男は欣喜雀躍。
早速、女の両親に結婚を切望する旨の歌を送りました。

 「 白玉は 緒絶(おだ)えしにきと 聞きしゆゑに
    その緒また貫(ぬ)き 我(わ)が玉にせむ 」   巻16-3814 作者未詳


  ( 真珠の首飾りの緒が切れたと聞きましたので、その切れた緒をまた新しく
   貫き通して私の玉にしたいと思います )

ところが女はいち早くまた別の男と再婚してしまっていたのです。
女の両親はこの男が詳しい経緯を何も聞いていないのだと察し、
「誠に申し訳なきことながらと」返事をしたためました。

「 白玉の 緒絶えはまこと しかれども
    その緒また貫き 人持ち去(い)にけり 」巻16-3815 作者未詳
 

 ( 真珠の緒が切れたのは本当です。けれども生憎、その切れた緒を、
   また新しく貫き通して、別の人が持っていってしまいました。 )

  誠に間の抜けた話ですが、情報が伝わりにくい古代です。
  この話を聞いた人たちは「おのおの方、気をつけられい」と笑いあった事でしょう。

「あこや貝」が歌に出てくるのは平安時代からです。

「 阿古屋(あこや)とる いがひの殻を 積みおきて
   宝の跡を 見するなりけり 」     西行 山家集


( あこや真珠を採ったあとの胎貝の殻が沢山積んである。
  それは宝の跡を見せているのであろうなぁ )

伊良湖は愛知県渥美郡:志摩の対岸。 「いがい」:胎貝

永年育てられたのち、真珠が取り去られたアコヤの貝殻。
それを無用なものとしてうず高く積み上げられたのを見て、
感慨をもよおしたようですが、西行は栄枯盛衰、諸行無常のさまを
云いたかったのでしょうか。

6月の誕生石は真珠、その石言葉は「長寿、健康、富」。
東西古今を問わず、あらゆる厄災から人間を守る珠です。

「月の雫」「人魚の涙」という美しい言葉も真珠の別名です。

  妖精: 「 これから露をさがしに行かなければ
        そうして桜草という桜草の耳たぶに
        真珠の玉をかけてやらなければ- -

        さようならお茶目さん もう行きます 」

             (シエイクスピア 夏の夜の夢 福田恒存訳 )

[PR]

by uqrx74fd | 2010-06-27 09:10 | 生活

<< 万葉集その二百七十四(六義園は...    万葉集その二百七十二(但馬皇女... >>