万葉集その三百十二(関:せき)

646年、孝徳天皇は道路の整備、駅馬、関設置の詔を下しました。(大化の改新の詔)
中央集権政治体制を強力に押し進めるには、物資の大量移動、情報の迅速化、
叛乱の防止などを図ること急務であったためです。
直ちに東海、東山、北陸、山陰、山陽、南海、西海の七道の建設が着手され、
各地に関所が設けられます。
中でも、伊勢の鈴鹿、美濃の不破、越前の愛発(あらち)は三関といわれ、兵士が常駐し、
軍需物資を備蓄して東国地方の叛乱に備えるという物々しさで、通行には過所(かそ)と
よばれる手形がなければ行く手を阻まれ、来た道を引き返すほかありませんでした。
764年、太政大臣にまで昇った藤原仲麻呂が朝廷に叛乱を起こし、越前で挙兵しようとして海津、敦賀の街道をたどる途中、官軍によって直ちに愛発(あらち)の関を閉ざされました。
やむなく引き返したところ捕らえられ、その関の固めが強固であったことは良く知られております。

「 過所(かそ)なしに 関飛び越ゆる ほととぎす
        都が子にも やまず通はむ 」
                      巻15-3754 中臣宅守


( 手形なしに気ままに関所を飛び越えられるホトトギスよ。
 お前はこの地から都のあの子の所にも自由に通えて羨ましいなぁ。
 私もお前のように、ここと都とを絶えず行き来したいものだ。)

 越前に配流される途中、愛発(あらち)の関あたりで詠んだものと思われます。
 作者がどのような罪に問われたのかは定かではありませんが、新婚早々に愛する人、
狭野芽上娘子(さのの おとかみの をとめ)と別々に暮らすことを余儀なくされ、
愛と別離の悲しみの歌63首取り交わした圧巻の歌物語の中の一首です。
 フリ-パスポート(過所なし)のホトトギスが羨ましいとは、実にユニークな発想。

註: 「都が子にも」の訓みは諸説あり定まっていませんが、
ここでは伊藤博説に従います。

「 遠き山 関も越え来ぬ 今さらに
       逢ふべきよしの なきがさぶしさ 」    巻15-3734 同上


( 遠い山々、そして関所さえも越えて私はやってきました。
  今となっては、もう、あなたと逢う手立てが何もないのは寂しくまた辛いことです。 )

配流先に到着した作者はもはや罪が許されるまで都に戻る事が出来ません。
切々と寂しさを詠っていますが、意外にも2年後に許されて都に戻り、
昇進さえも認められているので罪は軽かったのでしょう。
一説によると政治的陰謀説もあり、真偽のほどは闇に中です。

「 ぬばたまの 夜渡る月を 留(とど)めむと
    西の山辺(やまへ)に 関もあらぬかも 」      巻7-1077 作者未詳


( 夜空の月が美しい。 移ってゆく月を押しとどめるような関所が
  西の山辺にないものかなぁ )

桓武天皇の789年、140年余の長きに設けられていた関所がついに廃止されました。
天皇の勅に曰く
『 関を設置したのは、もともと非常事態に備えるためであったが、
今は天子の支配が行き届き、天下に外患がなくなった。
いたずらに険阻な関を設けているだけで防御に用いることもなく、
畿内外を隔絶して流通の便宜を失い、公私ともに往来には常に滞留の苦を
生じさせている。
今の政務に益なく、人民の憂いは切実である。
今までの弊害を改めて、臨機応変に対応したいと思う。
そこで三関を廃止し、関の保有する兵器、兵糧は国府に運んで倉に収め、
その他の関司らの館舎は便の良い都に移築せよ 』
       ( 石田則明訳 「奈良時代にこんなことが」栄光出版社より )

三関はいずれも交通の要衝にあったため、その廃止は人や物の流通に大きく
寄与し、その後の経済発展の大きな力となったのです。

そして1300年後の今、「関」ならぬ「堰(せき)」が我々の生活に甚大な影響を
及ぼしています。
瓦礫の山々、海の漂流物、陥没した道路、曲がりくねった線路、そして最も恐ろしい
原発事故による放射性物資の拡散。
寝食を忘れて日夜闘い続けておられる方々に手をあわせて感謝しつつ、
無事を祈る日はまだまだ続きそうです。
あぁ、
「 雨風の 空渡る塵を 留(とど)めむと
       西の山辺に 関もあらむかも 」      筆者

              ※ 塵は放射性物資をさす 万葉歌7-1077の本歌取り

[PR]

by uqrx74fd | 2011-03-28 14:43 | 生活

<< 万葉集その三百十三 (つまま=...    万葉集その三百十一(鎮魂) >>