万葉集その三百十九(桐の琴をお贈りします)

729年のことです。
大宰府長官大伴旅人は朝廷の要職にあった藤原房前(ふささき:不比等の第二子 参議)に
梧桐(ごどう)で作られた琴を贈るにあたり歌二首を添えた書状をしたためました。
梧桐とは一般的には青桐(アオギリ科)とされていますが、文学作品では普通の桐
(ゴマノハグサ科)をいうことが多いようです。

書状は旅人が夢に見た琴の精である乙女との会話から始まります。

『 この悟桐製の日本琴(やまとこと)は対馬の結石山(ゆひしやま)の
  孫枝(ひこえ:根もとの脇から生えた枝) から作られたものです。
  この琴が夢で乙女になって現れ、こう言いました。

「 私は遥か遠い対島の高い峰に生え、大空の美しい光に幹をさらして育ちました。
  いつもまわりを雲や霞に取り囲まれ、山や川のもとで遊び暮らし、
  遠く海の風波を眺めながら、伐られるか伐られないか分からないまま
  立っていました。
  ただ一つ心配なことは、このまま長い歳月を経たのち寿命を終え、
  空しく谷底に朽ち果てることでございました。
  ところが幸いにも立派な工匠(たくみ)にめぐり合い、伐られて小さな琴に
  なることができたのです。
  音は粗末で響きも悪うございますが、いつまでも徳の高いお方のお側に
  置いて戴けることを願っております。 」

このように語った乙女は次のように詠いかけました。
 
「 いかにあらむ 日の時にかも 声知らむ
    人の膝の上(へ) 我が枕かも 」    巻5-810 大伴旅人


( いつ、どんな時になったら、この琴の音を知ってくださる人の膝の上で、
  膝を枕に横たわることができるでしょうか。)

そこで私も歌で答えました。

「 言問わぬ 木にはありとも うるはしき
    君が手(た)馴れの 琴にしあるべし 」   巻5-811 同上


( 物を言わぬ木であっても、お前はきっとすばらしいお方の寵愛を受ける琴に
  なることができましょう。)

すると乙女は
「つつしんでご親切なお言葉をうけたまわりました。
 ありがたいきわみでございます。」と答えたのです。

私はふと目が覚めて、しみじみと夢を思い、乙女の言葉に感じ入って
じっとしていることができません。
そこで公用の使いにことづけて、その琴を御進呈申し上げる次第です。 』

それから1ヶ月後、房前から礼状が届きます。

『 謹んでお便りを拝受いたしました。
  ただただ、喜びでいっぱいでございます。
  お琴をお贈り下さった御志がいかに厚いか、この卑しい身に痛感いたしました。
  お会いしたいという気持が常日頃の百倍でございます。
  はるか白雲の彼方から届いたお歌に和し、拙い歌を奏上いたします。
  房前、謹んで申し上げます。

「 言とはぬ 木にもありとも 我が背子が
    手馴れの御琴(みこと)地に置かめやも 」 
                 巻5-812 藤原房前


( 物言わぬ木であっても、あなたさまのご愛用の琴です。
決してわが膝から離すようなことはいたしません。)    』

この一連の手紙のやり取りから古代貴族の社交の様子が窺われます。
旅人の文章は中国の文献「遊仙窟」など故事を下敷きにしており、
その豊富な知識を縦横無尽に駆使して練り上げられたものです。
それを十分理解できた藤原房前も相当な知識人であり、この礼状を受け取った
大伴旅人はさぞ満足したことでしょう。

以下は「大岡信著 私の万葉集(講談社現代新書)」からの抜粋です。

『 人に贈物をするのに、ただ物を届けるのではなく、いかにも相手が喜びそうな
  因縁ばなしを創作してこれにつけるというのが、当時の貴族の風習だったことが
  わかります。 
  相手が当然それを理解しうることが前提となりますから、相手に教養(この場合は
  中国の文物に通じていること)がなければ無意味な気取りに過ぎなくなります、
  逆に相手がこのジエスチュアを理解できる人であれば、親しみと敬意の表現として
  最高のものになるわけです 』

この贈り物が功を奏したのでしょうか。
一年後、大伴旅人は昇進し、念願の都への転任を果たしました。

「 桐の花 露のおりくる黎明(しののめ)に
         うす紫の しとやかさかな 」 木下利玄

[PR]

by uqrx74fd | 2011-05-15 08:10 | 生活

<< 万葉集その三百二十(磐姫皇后の謎)    万葉集その三百十八(よき人よく見) >>