万葉集その三百三十八( 花嫁の父)

 ( 花嫁切手 )
b0162728_20152784.jpg

 ( 花嫁船1  潮来にて)
b0162728_20155576.jpg

 ( 花嫁船2 潮来にて)
b0162728_20161620.jpg

「 われとわが子を愛(め)づるとき
  老いたる母を おもひいでて
  その心に手をふれし ここちするなり

  誰(たれ)か人の世の 父たることを否むものぞ
  げに かれら われらのごとく
  そだちがたきものを育てしごとく
  われも このひ弱き子を そだてん 」    ( 室生犀星 ちちはは )

天から授かった愛しいわが子。
何物にも代えがたいわが宝。
わけてもその子が娘ともなれば、父親にとって特別な感慨があるようです。
それは第二の恋人ともいうべき存在なのでしょうか。

「 幼子が 母に甘ゆる 笑(ゑ)み面(おも)の
      吾(あ)をも笑まして 言(こと)忘らすも 」  島木赤彦


慈しみ育て、親子共々仲良く過ごした楽しい日々の思い出。
そのような生活もあっという間に過ぎ去ってゆきます。

人生50年といわれていた昔、結婚が許される年齢は男が15歳、女は13歳と
定められていました。
ところが、なんと! 
大伴家持のもとに12歳になったばかりの娘に求婚があったのです。
その娘は他界した妻妾の子供ながら家持が愛情をこめて育てた掌中の珠でした。
求婚者は当時朝廷で権勢をふるっていた藤原仲麻呂(恵美押勝)の子、久須麻呂(くずまろ)。
まだ20歳に満たない年齢(推定)ながら、後年、美濃、大和などの国守を歴任し、
参議にまで上った人物です

久須麻呂は何度も使いを遣り、口上をもって求婚したところ、家持は次のような歌を
送りました。

「夢のごと 思ほゆるかも はしきやし
   君が使(つかい)の 数多(まね)く通へば 」 
                        巻4-787 大伴家持


(  あなたさまの使いが何度もお見えになるので 勿体なく、
   まるで夢のような気がいたします。 )

     はしきやし:愛(はし)きやし 感嘆を表す言葉


「春の雨は いやしき降るに 梅の花
   いまだ咲かなく いと若みかも 」 
                        巻4-786 大伴家持


( 春雨はいよいよしきりに降り続き、梅の開花をうながしているのに
 蕾が固くいまだに咲きません。 
 よほど木が若いからでしょうか。 )

春雨に久須麻呂、梅に花に娘を暗示し、
「 娘が幼い故、まだお誘いに応じる力がありません」と応えた家持。

さらに、感謝の意を示しながらも、父親らしい威厳をもって
「もし、本気ならば、使いをよこすだけではなく歌ではっきりとした
意思表示をして欲しい」と暗にうながします。

「 春風の 音にし出でなば ありさりて
    今ならずとも  君がまにまに 」 
                   巻4-790 大伴家持


( 春風が吹いてくるように、きちんとしたお言葉をお寄せ下さったなら、
  時期を見計らってあなた様のお心に添うようにいたしましょうに )

「ありさりて」:「ありしありて」の約で「現在の状況を変えずに時の経過を待つこと」

それに対して久須麻呂は次のような返歌で応えます。

「 奥山の 岩蔭に生(お)ふる 菅(すが)の根の
   ねもころ我れも 相思はずあれや 」 
                      巻4-791 藤原久須麻呂


( 奥山の山陰にひっそりと生えている菅の根のように、私だって心の奥底から
 真剣に思っております 。)

ねもころに:ねんごろに

「 春雨を 待つとにあらし 我がやどの
        若木の梅は いまだふふめり 」 
                       巻4-792 藤原久須磨呂


( 梅は春雨を待って咲くもののようですね。
 我家の梅の若木も未だ蕾のままです。)

「ご尤も ご尤もです。有り難い仰せ。その時期が来るまでお待ちしています」と
梅の蕾にことよせた万葉人の優雅な求婚の一幕です。

この婚約は成立したようですが、764年、父親の藤原仲麻呂が朝廷に反乱を企て、
久須麻呂も共に死亡していますので、その後どうなったのかは明らかでありません。

以下は伊藤博氏の評です。(万葉集釋注)

『 古代の娘を持つ父親と、その娘を求める男性の微妙な心のかけひきの
  うかがわれる貴重な歌群。
  家持がきちっとした(求婚の)言葉として歌を要求しているらしい点は、
  家持にとって、古代人にとって、歌というものが何であったかを教え、
  その点でもこの歌群は貴重である。 』

 「 林あり 嫁がせし子を思ふべく
      落葉を踏みて 入り来ぬ我は 」  宮 柊二

[PR]

by uqrx74fd | 2011-09-23 20:24 | 生活

<< 万葉集その三百三十九(橡:つるばみ)    万葉集その三百三十七(朝影) >>