万葉集その三百四十七(榛:はり=ハンノキ)

( ハンノキ  植物図鑑 山と渓谷社より)
b0162728_7405049.jpg

( ハンの垂れ花  万葉植物事典 クレオ社)
b0162728_741925.jpg

   「 何の木も いまだ芽吹かぬ 山峡(やまかい)の
       林の中の 榛の垂り花 」    森山汀川


『 畑には ようやく芽を出しかけた桑、眼もさめるように黄色い菜の花、
 げんげや菫(すみれ)や草の生えている畦(あぜ)、遠くに杉や樫の森に囲まれた
 豪農の白壁も見える。- -
 ひょろ長い榛(はん)の片側並木が田圃の間に ひとしきり長く続く。
 それに沿って細い川が流れて萌(もえ)だした水草のかげを小魚が
 ちょろちょろ泳いでいる。 』
              ( 田山花袋 田舎教師 新潮文庫より )

古代「榛」(ハリ)とよばれた「ハンノキ」はカバノキ科の落葉高木です。
湿った低地や河川沿いに群生し、早春、葉に先立って暗紫褐色の花穂を下に垂らして
咲かせ、花後、松かさ状の小さな実をつけます。
日本列島いたるところに自生し、稲作が広まると収穫後木に架けて稲穂を干すために
田の畔に植えられ、農家の人たちはこれを稲架木(ハサギ)とよんでいました。
樹皮と実は染料にし、後世になるとタンニンを抽出して女性の鉄漿(おはぐろ)などにも
用いたそうです。

「 いざ子ども 大和へ早く 白菅(しらすげ)の
   真野の榛原 手折りて行かむ 」 
                   巻3-280 高市黒人


( さぁ、皆の者よ!
 この白菅の生い茂る真野の榛の林の小枝を記念に折り取って大和へ早く帰ろう。)

いざ子ども: まわりの者に呼びかける言葉 
真野:神戸市長田区真野町、東、西、尻池町一帯

作者は妻、従者を引き連れ、公用で摂津の国を訪れていたようです。
その帰途、白菅 (カヤツリグサ科の菅の一種。葉は白色を帯びた緑色) が生い茂る中、
ハンノキが群生しているところを通りかかり、酒宴となりました。
おそらく紅葉の美しい時期だったのでしょう。

何度もこの地を訪れている黒人はもう見飽きたのか、すぐにでも都へ帰りたいという
気持ちを抑えかね「大和へはやく」と口に出したところ妻が詠います。

「 白菅の真野の榛原 行(ゆ)くさ来(く)さ
    君こそ見らめ 真野の榛原」 
              巻3-281 高市黒人の妻


「行くさ来さ」:いつも行き来して

妻にとっては初めての旅で見るもの聞くものすべて珍しく、
また、新鮮に感じられたのでしょう。
そこで

( あなた様は当地に何度もいらして見慣れておられるのでしょうけれど、
 私にとっては見るもの聞くもの目新しいことばかり。
 めったにない機会なのですから、そんなに急がないで、この楽しい時間を
 心ゆくまで過ごさせてくださいませ。)

と夫に甘えたのです。

仲の良い夫婦のほほえましい旅の一幕です。

「 いにしへに ありけむ人の 求めつつ
     衣(きぬ)に摺(す)りけむ 真野の榛原 」 
                    巻7-1166 作者未詳


( ここは遠い昔、どなたかが榛の実を探し求めて、衣を摺り染めにしたという
  真野の榛原ですよ。)

「いにしへにありけむ人」は高市黒人の歌も踏まえているのでしょうか。

当時、真野の榛原は風光明媚な所として知られていたとともに、「衣に摺りけむ」
つまり、ハンノキで衣を染めていたことが窺われます。
また、古人が「土地の女性を求めて我がものとした」ことも暗示されているようです。

「 雲よりも 淡きいろする 榛(はん)の木の
          若葉の山に 君と来しかな 」与謝野晶子


ハンノキは染料として重用されました。
樹皮と干して砕いた実を煮立てて、灰汁(あく)を触媒に用いると茶系統色、
鉄分を用いると黒色に染まるそうです。

以下は染色家 志村ふくみさんの「一色一生」(講談社学芸文庫)からです。

『 釜に湯をわかし、木の皮を炊き出しました。
  熱するに従って、透明な金茶色の液が煮あがってきました。- -
  榛の木は熱湯の中ですっかり色を出し切ったようでした。

  布袋で漉(こ)して、釜一杯の金茶色の液の中に、純白の糸をたっぷりつけました。
  糸は充分色を吸収し、何度か糸をはたいて風をいれ、染液に浸し、糸の奥まで
  しっかり浸透させた後、灰汁(あく)につけて媒染しました。
  発色と色の定着のためです。

  糸は灰汁の中で先刻の金茶色から赤銅色に変わりました。- -
  それは榛の木の精の色です。
  思わず、榛の木がよみがえったと思いました。- - 

  色はただの色ではなく、木の精なのです。
  色の背後に、一すじの道がかよっていて、そこから何かが匂い立ってくるのです。』


「 火のごとく 榛(はり)の木(こ)の葉は かがやきぬ
       落日をみる ひとりの少女 」    吉井勇

[PR]

by uqrx74fd | 2011-11-27 07:55 | 植物

<< 万葉集その三百四十八(采女)    万葉集その三百四十六(筑波山に登る) >>