万葉集その三百六十(山たづ=ニワトコ)

( ニワトコの新芽 万葉植物園(奈良) 2012、2、24)
b0162728_2081047.jpg

( ニワトコの花拡大画像   季節の花300より )
b0162728_2085558.jpg



「 にはとこの 芽のひろげもつ対生の
    柔らかき葉に 風感じをり 」  木下利玄


昔、「山たづ」とよばれていた植物は現在のニワトコとされています。
スイカズラ科の落葉低木で、まだ寒さ厳しい2月、多くの木々が冬籠りをしている最中(さなか)に
緑も鮮やかな新芽を出し、「もうそろそろ春だよ」と告げてくれる目出度い木です。

本州、四国、九州の山野に自生し、早春、暖かくなると淡いクリーム色の
五弁の小花を房状に咲かせ、夏から秋にかけて美しい赤色の球形の実をつけます。

「ニワトコ」という名前は古事記の「山たづといふは、今の造木(みやっこぎ)をいふ」の
記述に由来し、「ミヤッコギ」が「ミヤッコ」→「ミヤトコ」→「ニヤトコ」→「ニワトコ」に転訛したものと
推定されており、現在でも八丈島、三宅島で「ミヤトコ」、伊豆大島で「ニヤット-」の方言が
使われているそうです。

万葉集での「山たづ」は2首。
いずれも「迎える」の枕詞ですが、ニワトコの葉は対生、つまり鳥の羽のように
向かい合っているように見えるので両腕を広げて人を「迎える」姿に似ている、
あるいは神迎えの霊木として用いられたことによるとの説もあります。

「 君が行(ゆ)き 日(け)長くなりぬ 山たづの
     迎へを行(ゆ)かむ 待つには待たじ 」 
                     巻2-90 衣通王(そとほりのおほきみ)
 

( 恋しいあの方との別離以来、随分長い日にちが経ちました。
  もうこれ以上待てません。 
  今すぐにでもお迎えに上がりたいのです。)

この歌の題詞に
「古事記に曰く軽太子(かるのひつぎのみこ)、軽太郎女(かるのおほいらつめ)に
姧(たは)く。
この故にその太子を伊予の湯に流す。
この時に衣通王(そとほりのおほきみ)恋慕(しのひ)に堪(あ)へずして
追ひ往(ゆ)く時に、歌ひて曰く」とあります。

軽太子は 第19代允恭天皇の皇子 木梨軽皇子
軽太郎女は 皇子の同母妹で体が光り輝き衣を通すほど美しかったので
衣通王(そとほりのおほきみ)ともよばれていました。
その二人が「同母兄妹の結婚は厳禁」という掟を破ったので皇子は伊予に流されたのです。

流罪が何時解けるか分からない皇子。
禁忌の恋といえども燃え盛った炎は簡単に消えそうにありません。
衣通姫はついに伊予まで行き皇子に逢おうとしているようです。
逢ったところでまた引き離されるだけなのに- -。

「 どうしても諦めきれない! 一目だけでもお逢いしたい!
  そしてただ、ただ一言、一緒に死のうと言って欲しい! 」

姫の悲痛な叫びが今にも聞こえてきそうです。

せめて異母兄妹であったなら許されもしたことでしょう。
このような悲恋が起きたのは兄妹別々に育てられたせいかも知れません。

この歌は古事記、日本書紀の話を形を変えて転載されたものですが
万葉集では

「 君が行き 日長くなりぬ 山尋ね
    迎へか行かむ 待ちにか待たむ 」  巻2-85 磐姫皇后


と、ほとんど同じ歌が作者を別にして掲載されています。
                  (詳しくは「320磐姫皇后の謎」を参照下さい)

「 接骨木(にはとこ)は もう葉になって 気忙しや」   富安風生

ニワトコは枝や幹を黒焼きにして骨折の治療に用いるので
接骨木(せつこつぼく)の異名があり、そのまま「にわとこ」とも訓みます。
なお、枝の髄は太くて柔らかいので簡単に取り出すことができ、これをピスと称して
顕微鏡のプレパラート作成の補助材に多用されているそうです。

 「 接骨木(にはとこ)の 花こぼれつつ 日は薄ら 」  
                                   渡辺芋城(うじょう)

[PR]

by uqrx74fd | 2012-02-25 20:19 | 植物

<< 万葉集その三百六十一( 猿 )    万葉集その三百五十九(雪の梅) >>