万葉集その三百六十六(桜と蘭蕙:らんけい)

( 又兵衛桜  奈良)
b0162728_8231195.jpg

( 千鳥ケ淵 )
b0162728_8235574.jpg

( 同上 )
b0162728_824258.jpg

( 千鳥ケ淵 )
b0162728_82564.jpg

747年のことです。
大伴家持は前年暮れの風邪をこじらせたのか肺炎らしき病にかかり2カ月以上も
床に臥すという長患いになってしまいました。
一時は死をも覚悟したようですが何とか持ち直し、回復に向かった2月の終わり、
現在の4月の初めのころでしょうか、歌友の大伴池主に見舞いの礼状と歌を送ります。

漢文で書かれた文の大意は次の通りです。

「 思いもよらない邪(よこしま)な病に取りつかれて寝込み、数十日も苦しみました。
  ありとあらゆる神々に祈りを捧げてお縋(すが)りし、ようやく小康を得ましたが、
  まだ体は痛み疲れており一向に力が入りません。
  そのような次第でお見舞いのお礼にも伺うことが出来ずにいますが、
  お目にかかりたい気持ちで一杯です。
  今しも時は春、花は馥郁とした香りを苑に漂わせ、鶯は高らかなる声を林に
  響かせています。
  このような時候に琴や酒樽を傍らに置いて興を尽くしたい気持ちがはやるばかり
  ですがまだ出かける労に耐えることができません。
  よって拙い歌をお送りいたします。」

「 春の花 今は盛りに にほふらむ
    折りてかざさむ 手力(たぢから)もがも 」
                     巻17-3965 大伴家持


( 春の花 今や盛りにと咲いていることでしょう。
 手折って挿頭(かざし)にできる手力があったらよいのに )

手紙と歌を受け取った池主は早速返書と歌を届けます。

「 はからずもありがたいお便りかたじけなくいただきました。
  お筆の冴えは雲を凌ぐばかりに見事で、声に出して吟じたりしてそのたびに
  お慕わしい思いをまぎらわしています。
  春は楽しむべき季節、中でも3月の季節は最も心が惹かれます。
  紅の桃は輝くばかり、浮かれ蝶は花から花へと舞いまわり、緑の柳はなよなよと、
  可憐な鶯は喜々として葉に隠れて囀っています。
  それなのに蘭と蕙そのままの二人の交わりが隔てられて琴も酒も用がないなどと
  いう事になろうとは。
  あたらこの好季節をやり過ごしてしまうとはまことに恨めしいことです。」

「 山峡(やまがひ)に 咲ける桜をただ一目
    君に見せてば 何をか思はむ 」 
                     巻17-3967 大伴池主


( 山あいに咲いている桜、その桜を一目だけでもあなたにお見せできたら
 なんの心残りがありましょう )

風雅な文のやり取りですが文中の蘭(らん)、蕙(けい)とは「シュンラン:春蘭」と
「シラン:紫蘭」ことです。
原文では
「蘭蕙(らんけい)藂(くさむら)を隔て、琴罇(きんそん)用いるところなからむとは」と
なっており、通常は君子賢人に譬えられる表現ですが、ここでは二人の親しい
交わりをいい
「お互いに逢えないので琴も酒も用いることなくいたずらに時を過ごして」の意です。

紫蘭は本州中南部、四国、九州の日当たりの良い、湿った岩上や湿原に自生する
多年草で栽培もされています。
春から初夏にかけて紅紫色の花を咲かせますが、稀に白花のものもあり
これを特にシロバナシランというそうです。

以下は「 柳 宗民著 日本の花」からの要約抜粋です。
 
『 わが国にはランの野生種が大変多い。
中でもシュンランやエビネ、フウラン、セッコクは東洋蘭の一員として
園芸化されて人気が高く、高級品扱いされることが多いが、日本の野性ランの中で
紫紅色のその花がもっとも目立ち、美しいのがこのシランであろう。
他のランは高級品扱いされるが、シランだけはポピユラーな宿根草花として
庭植えや切り花にされて楽しまれてきた。
性質が強く庭植えでよく育つためだろうか。
宿根草として扱われるが、元来は球根植物で地下に扁球状の球根があり、
その球根は白及根(はくきゅうこん)と称し薬用(筆者註:吐血など)に使われるほか、
含まれる澱粉を糊としても用いられた。

シランとは紫蘭の意で、その花色が紫色であることから付けられた名というが、
一名ベニランともいう。
これは紅蘭という事で花色が紅色であるからということらしいが、サテこの花は
紫なのか紅なのか?
じつはその中間の紫紅色なのである。 』 (ちくま新書)

「 うしろ向き 雀紫蘭の蔭に居り
         ややに射し入る 朝日の光 」 北原白秋
                     
                        (やや:少し)
 
[PR]

by uqrx74fd | 2012-04-09 08:25 | 植物

<< 万葉集その三百六十七(枳殻:カ...    万葉集その三百六十五(春の夜の夢) >>