万葉集その四百三十四(ねむの木)

( ねむの花  高千穂神社 佐倉市 )
b0162728_8245533.jpg

( 同  国営昭和記念公園 )
b0162728_8251111.jpg

( 同上 )
b0162728_8252884.jpg

( 生駒山山麓  奈良県 )
b0162728_8254320.jpg

( 青森ねぶた  ねぶたの里 )
b0162728_8255759.jpg

( 同上 )
b0162728_8261452.jpg

( 立佞武多 青森五所川原 )
b0162728_8263029.jpg


「 ねむは ながれよ
         まめの葉は とまれ 」


この言葉は七夕の日に出雲地方で行われている「ネム流し」という行事の中で
大きな声で唱える「おまじない」なのだそうです。

小泉八雲はその著「天の川幻想」(集英社)で

『 「ネムの葉と豆の葉」を川に流しながら 
  「ねむ」は「ねむの葉」と「眠り」即ち「怠惰」、
  「まめ」は「豆の葉」と「まめに動く」すなわち「勤勉」を意味し、
  「怠け心を洗い流し、明日からは元気一杯頑張ろう」と気持ちを新たにする
  決意の表明 』
と述べていますが、現在各地で行われている「燈籠流し」や「ねぶた祭り」なども
穢れをネムや紙に託して海や川に流す禊(みそぎ)が次第に変化したものと
考えられています。

「ねむの木」は「眠りの木」とも云われ、対生する葉が夕方になると閉じて
下を向くことからその名があり、古くは「ねぶ」とよばれていました。

葉が眠りにつくや 「桃色の絹糸を束ねて切りそろえたような可憐な姿 (坪井栄)」
とも評されている優雅な花が開きはじめ翌日の昼も咲き続けています。
群生する花の下に佇むと桃のような快い香りが微かに漂い、
木陰で昼寝したくなるような安らぎを感じさせてくれる木なのです。

中國ではこの木を「男女の営みの歓び合(かわ)す」意の「合歓木」と書き、
万葉集の原文表記もそれに従っています。

「 我妹子(わぎもこ)を 聞き都賀野辺(つがのへ)の しなひ合歓木(ねぶ)
       我(あ)は 忍びえず 間(ま)なくし思へば 」 
                                  11-2752 作者未詳


( あの子のことを 噂でもいいから いつまでもずっと聞き続けたいものだ。
 継ぐという名を持つ「都賀(つが)」の野辺に咲く合歓。
 その葉は夜になるとお互いに抱き合い、しなっているようではありませんか。
この様子を見ていると、もうこれ以上忍んでこらえることは出来そうにもありません。
あの子が好きで好きで たまらないのです。 )

都賀野(つがの)は 所在未詳ながら、栃木県西部、滋賀県野洲市、大阪市天満川北 
など諸説があります。
方言が入り混じり分かりにくい歌ですが、「聞き継ぐ」と地名の「都賀」(つが)を掛け、
「しなひ合歓木(ねぶ)」に共寝の女性のしなやかな姿態を想像させています。

「 我妹子(わぎもこ)が 形見の合歓は 花のみに
       咲きて けだしく 実にならじかも 」 
                  巻8の1463 大伴家持 (既出)


( あなたが下さった合歓は花だけ咲いて多分実を結ばないのでは
  ありますまいか。
 あなたのお気持ちもこの花のように実がなく、口先だけで
 本気ではないのでしょうよ )

この歌は作者が10歳も年上の人妻 紀郎女(きのいらつめ)から戯れ半分に

「 昼に咲き、夜は恋をしながら寝るという合歓の花が咲きました。
 私だけで見るのも勿体ない。
 一緒に見ませんか 」
 と暗に共寝を誘われた家持が

「 合歓は花が咲いても 実が生らないといいます。
  あなたのお誘いも口先ばかりで、本心はその気がないのではありませんか」
と返事したものです。

家持の歌に反して合歓はマメ科の落葉高木なので秋にはエンドウ豆風の
立派な果実を付けます。

「 たもとほる(徘徊る) 夕川のべの 合歓の花
        その葉は今は ねむれるらしも 」     古泉千樫


夢見るように咲く合歓の花。
その葉の変わった性質から文芸作品に大いにもてはやされそうな感じがいたしますが、
不思議なことに万葉集以降ほとんど登場しません。

そして、近代になると恋の歌は姿を消し自然のままの美しい眠りの木として
採りあげられるようになります。
中でも、美智子皇后が作詞された「ねむの木の子守歌」はCDが発売されて以来
またたく間に多くの人たちに歌われ、現在も佐藤しのぶさんをはじめ数多くの歌手の
動画配信がなされています。

「 総毛だち 花合歓 紅を ぼかし居り 」 川端茅舎

ご参考

「 ねむの木の子守歌 」

ねんねの ねむの木 眠りの木
そっとゆすった その枝に
遠い昔の 夜(よ)の調べ
ねんねの ねむの木 子守歌

薄紅(うすくれない)の 花の咲く
ねむの木蔭(こかげ)で ふと聞いた
小さなささやき ねむの声
ねんね ねんねと 歌ってた

故里(ふるさと)の夜(よ)の ねむの木は
今日も歌って いるでしょか
あの日の夜(よる)の ささやきを
ねむの木 ねんねの木 子守歌

(美智子皇后陛下作詞 山本正美 作曲)

            
[PR]

by uqrx74fd | 2013-07-27 08:26 | 植物

<< 万葉集その四百三十五 (天の川)    万葉集その四百三十三( 商い ... >>