万葉集その四百四十七 (曼珠沙華)

( 明日香稲渕の棚田 :奈良県 )
b0162728_964846.jpg

( 同上 )
b0162728_9751.jpg

( 巨大案山子:田の神様  右下の人間の小さいこと  同上)
b0162728_972171.jpg

( 田の神様  同上 )
b0162728_974037.jpg

( 生き物の神様親子 同上 )
b0162728_975916.jpg

( 藤原京跡あたりから 後方は耳成山 奈良県)
b0162728_981461.jpg

( 飛鳥川に咲く曼珠沙華 )
b0162728_982756.jpg

( 曼珠沙華の群生  巾着田 埼玉県日高市 )
b0162728_984742.jpg

「 曼珠沙華 落暉(らっき)も蘂(しべ)を ひろげけり 」 中村草田男

「曼珠沙華」は梵語でマンジュサカといい天上の花を意味しています。
この句は落暉すなわち夕日を花に見立てたもの。
落日が周囲の空や雲を茜色に染めてゆく。
みるみる雲が広がり、まるで曼珠沙華の花が開いてゆくよう。
美しくも雄大な光景です。

曼珠沙華は中國原産のヒガンバナ科の多年草で属名を「リコルス」といい、
ギリシヤ神話の海の女王「リコリス」の名に因んだものだそうです。
洋の東西を問わず神聖な花とされたマンジュシャゲ。
そのような由来からわが国ではお寺やお墓に植えられ、先祖への供花と
されてきたのでしょう。

この花は種を結ばず、中国からどのような経路で渡来したか定かではありませんが、
柳宗民氏は揚子江中流域あたりの野性の球根が洪水で流され、九州に流れ着いて
野生化したものではないかと推定されています。(日本の花 、ちくま新書)
あるいは、留学生や渡来人が、むくみ、腫物,疥癬(かいせん)の治療薬として持ち込んだ
可能性もあるかもしれません。

「曼珠沙華 くさむらの中に 千万も咲き
              彼岸仏の供養をするか 」 木下利玄


曼珠沙華は秋のお彼岸の頃に咲くので彼岸花ともよばれますが、その生命力は強く、
冷夏、酷暑、干ばつ、多雨に関係なく時期が到来すると必ず花を咲かせます。
お寺以外の田畑にも多く植えられているのは、鱗茎の澱粉が極めて良質なので
救荒植物とされたためです。
ただし、アルカロイド、リコリンなどの有害物資を含んでいるので、古代の人たちは
鱗茎を細かく搗き砕き、一昼夜以上流水に浸して毒性を洗い流していたそうです。
尤も、普段の生活の中で収穫すると、いざという時の備えにならないので、
子供達には「毒があるから絶対に食べるな」と教えていた由。

また、極めて良質 優秀な糊ができるので屏風、ふすまの下張、表具加工に用いられ、
虫に食われることがないともいわれています。
万葉集ではただ一首「壱師(いちし)」と云う名で登場します。

「 道の辺(へ)の 壱師(いちし)の花の いちしろく
      人皆(ひとみな)知りぬ 我(あ)が 恋妻は 」
             巻11の2480 柿本人麻呂歌集(既出)

( 道のほとりに咲く彼岸花
  その花が目立つように我が恋妻のことを とうとう世間様に知られてしまった。
  ずっと心のうちにしまっておいたのに )

「いちしろく」の原文は「灼然」で「著しくはっきり」という意で、
作者は燃えるような恋心を抑えかねて女性のもとに度々通ったのか、あるいは
人前で手を振るようなしぐさをしたのでしょうか。

当時の恋のルールは「夜、女性のもとに通い、明け方、人がまだ寝ている間に帰る」、
そして「人に知られないよう密やかに」というのが習いでした。
何故ならば、人の口に自分達の名前が上ると、その言葉に霊力が付いて魂が他人に
移ってしまい、お互いの恋は破綻すると信じられていたのです。

「 草川の そよりともせぬ 曼珠沙華 」 飯田蛇笏

「いちし」が今日の何であるかは意見が分かれており、
「ギシギシ」「エゴノキ」「イタドリ」「草苺」「メハジキ」説など諸説紛々でしたが、
現在は「曼珠沙華」、「彼岸花」とする牧野富太郎博士説が支持されています。

氏は次のように述べておられます。

『 ヒガンバナが咲く深秋の季節に野辺、山辺、路の辺、川の畔りの土堤、
山畑の縁などを見渡すと、いたるところに群集し、高く茎を立て並び
アノ赫灼(かくしゃく)たる真紅の花を咲かせて、そこかしこを装飾している光景は
誰の目にも気がつかぬはずがない。
そしてその群をなして咲き誇っているところ、まるで火事でも起こったようだ。
だからこの草には狐のタイマツ,火焔ソウ、野ダイマツなどの名がある。
すなわちこの草の花ならその歌中にある「灼然(いちしろく)」の語もよく利くのである。

また、「人皆知りぬ」も適切な言葉であると受け取れる。
ゆえに私はこの万葉歌の壱師すなわちイチシは多分疑いもなくこのヒガンバナ、
すなわちマンジュシャゲの古語であったろうときめている。
が、ただし現在何十もあるヒガンバナの諸国方言中にイチシに彷彿たる名が
見つからぬのが残念である。
どこからか出てこい、イチシの方言 ! 』
                        ( 牧野富太郎 植物1日1題 ちくま学芸文庫より)

その後の研究で山口県に「イチジバナ」 山口県熊毛地方に「イチシバナ」
北九州小倉地方に「イチジバナ イッシセン」の方言があることが判明し
(松田修 古典植物事典 講談社学術文庫 ) 牧野説の正当性が裏付けられました。
泉下の牧野博士も大喜びされておられることでしょう。

この植物は花が咲くときには葉がなく、葉のあるときには花がないので
「ハミズ ハナミズ」(葉見ず花見ず)ともよばれています。
 
「 葉見ず 花見ず 秋の野に
  ぽつんと咲いた まんじゅしゃげ
  から紅に燃えながら
  葉の見えぬこそ さびしけれ 」  中 勘助


美しい明日香の棚田。
台風の被害が心配されましたが、今年も稲が豊かに実り、曼珠沙華も
力強く色鮮やかな花を咲かせていました。
恒例の案山子祭り、今年のテーマ―は「田の神様、生き物の神様」だそうです。
大勢の子供たちが力を合わせて作り上げた表情豊かな案山子に思わず微笑み、
心を和ませながら棚田を上ってゆくと、そこは朝風峠。
眼下に大和三山がぽっかりと浮かんで見えました。
母なる大地、明日香はいつ訪れても大きな手をさしのべて私たちを暖かく
包み込んでくれる心地がいたします。

「 曼珠沙華 燃えて棚田の 道細し 」  高濱年尾
[PR]

by uqrx74fd | 2013-10-25 09:09 | 植物

<< 万葉集その四百四十八 (大伴旅...    万葉集その四百四十六(葛城山春秋) >>