万葉集その四百七十三 (雲梯の杜:うなてのもり)

( 河俣神社=雲梯の杜 奈良県橿原市 )
b0162728_6534657.jpg

( 同上 )
b0162728_6532697.jpg

( 河俣神社から畝傍山をのぞむ)
b0162728_653491.jpg

( 曽我川沿いの桜並木 )
b0162728_6524391.jpg

( 川に映える桜 )
b0162728_6522076.jpg

( 川に棲む鯉 )
b0162728_652364.jpg

( 春爛漫 後方河俣神社 )
b0162728_6513725.jpg

( 金剛葛城山脈 )
b0162728_6511549.jpg

近鉄南大阪線、橿原神宮駅から2つ目の坊城駅。
ここから曽我川沿いに北に向かって2㎞ばかり歩くと、こんもりと茂った森の中に
河俣神社という小さな社(やしろ)があります。
入口に立つ石標は新しいものですが、社歴は古代に遡(さかのぼ)る雲梯の杜(うなてのもり)とされ、
祭神は事代主神(ことしろ ぬしのかみ)。
明日香に皇居があった時代、西方の守護神として出雲から移られたそうです。

この辺り一帯は奈良県橿原市雲梯町という地名で雲梯は元、宇奈堤(うなて)と書かれ、
川堤や水路を築いたことによるものとされていますが、古代、鷲が棲むような鬱蒼とした森の中に
巨木があったので、それが雲に掛かる梯子(はしご)のように見えたのかもしれません。

「 真鳥(まとり)棲(す)む 雲梯(うなて)の杜の 菅(すが)の根を
    衣(きぬ)にかき付け 着せむ子もがも 」
                            巻7-1344 作者未詳

( 鷲の棲む雲梯の杜の長い菅(すげ)の根、
 その根を衣に摺りつけて着せてくれる可愛い子がいたらいいのになぁ。)

神域の菅の根を採ることは禁忌、神罰が下る行為です。
作者はそんな危険を冒してでも自分のために衣を染めてくれる女性、
すなわち、親や世間の反対に屈せず自分と一緒になってくれる子が
いたらなぁと願っています。
心に想う女性がいて、何かの理由で結婚に反対されているのでしょうか。

真鳥(まとり)とは鷲のことで「真」と云う言葉に「神聖な」という意味が含まれ、
いかにも恐ろしい神様がおわしますという感じを漂わせています。

「 思はぬを 思ふと言はば 真鳥棲む 
       雲梯の杜の 神し知らさむ 」 
                    巻12-3100 作者未詳


( 貴方を本心からお慕いしていないのに「好きだ」などと言おうものなら、
 恐ろしい鷲の棲む雲梯の杜の神様が見通して厳罰を下されることでしょう )

「 嘘をついたら神罰を受けるでしょうから、決してそのようなことはいたしません。
私は本心からあなたが好きなのです。」

と男が神前で女性に誓ったものと思われますが、歌垣などで詠われた民謡だったかも。

「 ま菅(すが)よし 曽我の川原(かはら)に 鳴く千鳥
      間なしわが背子 我(あ)が恋ふらくは 」 
                               巻12-3087 作者未詳


( 菅(すが)が多く生えている曽我(そが)の川原、
 その川原で絶え間なく鳴いている千鳥のように、
 私の貴方に対する恋心はやむこともなく燃え上がっています。 )

菅(すが)は「すげ」ともよばれるカヤツリ草科の多年草で蓑や笠などの材料になる
生活に欠かせない植物です。
マスガ、「間なし(マナシ」)と「マ」を重ね、さらにスガ、ソガ、アガと「ガ」を
繰り返して軽快なリズムを奏でています。

河俣神社は「装束の宮」ともよばれています。
というのは、その昔、近くの畝傍山で祭祀の土器をつくるのに適した良質の
埴土(はに)を産しており、その土を求めて住吉神社から畝傍山に埴使(はにつかい)が
派遣されていましたが、途中、雲梯の社に立ち寄り、曽我川で水垢離(みずごり)するなど
精進潔斎し装束を改めてから山に向かったという故事によるものです。

現在の曽我川両岸は数キロにわたる美しい桜並木。
川には無数の鯉が悠々と泳ぎ、亀たちが舞い落ちた花びらを啄(ついば)んでいます。
見わたす限り桜、桜、桜 。
にもかかわらず、釣人二人のほか人影が全く見当りません。
世間に知られていない場所のせいなのでしょうが、花見客皆無というのも
不思議なことです。
雑踏を予想していただけに、何千本という桜を独り占めできるなど、まるで
夢の世界に迷い込んだよう。

川堤周辺は住宅が立ち並んでいますが、5分も歩くと広々とした田園。
真中に畝傍山がぽつんと聳え立ち、遠くに金剛葛城連山が臨まれます。
青空に浮かぶ雲も美しい。
畑でただ一人草むしりをしている農夫。
春爛漫、長閑なひとときを過ごした後、大和三山に向かって歩き出しました。

  「 畝傍山 香久山つなぐ 桜かな 」  筆者
[PR]

by uqrx74fd | 2014-04-25 06:53 | 万葉の旅

<< 万葉集その四百七十四(恭仁京 ...    万葉集その四百七十二(桜、すみ... >>