万葉集その四百八十六(真土山:まつちやま)

( 真土山  和歌山県橋本市 )
b0162728_630045.jpg

(  神代の渡り   同上 ) 
b0162728_6293734.jpg

( あさもよし 紀伊人(きひと)羨(とも)しも 真土山 行き来(く)と見らむ 紀伊人羨しも )
b0162728_6291857.jpg

( 橡(つるばみ)の衣(きぬ)解き洗ひ真土山 本(もと)つ人には なほ及(し)かずけり )
b0162728_629057.jpg

( 案内板 )
b0162728_6284080.jpg

( 大賀蓮 )
b0162728_6281444.jpg

( 同上 )
b0162728_6274617.jpg

( 白栲(しろたへ)の にほふ真土の山川に 我が馬なずむ 家恋ふらしも ) 画面クリック拡大出来ます
b0162728_6272320.jpg


真土山は大和と紀伊の県境にある標高わずか122mの小山です。
何の変哲もない何処にでもある丘といってもよい存在ですが、何と!万葉集で
八首も詠われているのです。
一体この山の何が古代人の気持ちを引きつけたのでしょうか?

当時、都から紀伊に向かう人々は巨勢路(現在の吉野口)から五条へ向かった後
この山を目印にして進みました。
昔は見晴らしがよく、かなり遠くからでも見通せたようです。

四方を山々に囲まれて暮らす大和の人々にとって黒潮の紀伊は憧れの世界。
コバルトブル-の海、南国の花々、新鮮な魚介、疲れを癒してくれる温泉。
そうです。
この山は夢の世界への入口だったのです。
長い徒歩の旅を重ねて、ようやくここまで辿り着いた人たちは、
「あぁ、ここからが紀伊の国なのだ」と胸を弾ませたことでしょう。

「 あさもよし 紀伊人(きひと) 羨(とも)しも 真土山
    行(ゆ)き来(く)と見らむ 紀伊人(きひと) 羨(とも)しも」
              巻1-55  調首 淡海 (つきのおびと あふみ) 


( 麻裳(あさも)の国 紀伊の人々は羨ましいなぁ。
 この真土山を 行き来するたびにいつも見ることができる
 紀伊の人が羨ましいなぁ )

この歌は、701年持統太政天皇と孫の文武天皇が紀伊国、牟婁(むろ)の湯(白浜湯崎温泉)
に行幸された折に詠われたもので、作者は天武天皇若き頃からの従者、壬申の乱の
功臣です。
「あさも(麻裳)よし」は紀伊が麻の産地として知られていたことによる枕詞。
二度繰り返される「羨しも」が心地よいリズムを奏で、喜びが溢れているようです。
国境の峠で地霊を讃え旅の安全を祈るのが当時の習いでもあったので、
土地褒めの心も含まれているのでしょう。

「 白栲(しろたへ)に にほふ真土の 山川(やまがわ)に
       我(あ)が馬なづむ 家恋ふらしも 」        巻7-1192 作者未詳

( 白栲の布のように照り映える真土山。
  その山脇を流れる川の前で馬が行き悩んでいる。
  家に残してきた妻子たちが私を案じているらしいなぁ )

当時、旅の途中で馬が行きなずむと、
「家人らがこちらを心配している」しるしと信じられていました。
紀伊に行くには目の前の川を渡らなければならず、流れが急だったのかも知れませんが、
家族の思いが馬の足を止めさせるとは面白い発想です。
作者も望郷の想いにかられたことでしょう。

なお、「山」は「真土山」と「山川」を掛けています。

「 あさもよし 紀伊(き)へ行く君が 真土山
   越ゆらむ今日ぞ 雨な降りそね 」
                       巻9-1680 柿本人麻呂歌集
 

( 紀伊の国に向けて旅立たれたあの方が真土山を越えるのは今日あたり
 なのでしょうか。
 どうか、雨など降りませんように )

こちらは留守を預かる妻が夫を想い、旅の安全を祈ったもの。
毎日毎日、夫の旅先の方角に向かって祈りを奉げている様子が目に浮かび
細やかな愛情が感じられる一首です。

「真土山 夕越え行(ゆ)きて 廬前(いほさき)の
    角太川原(すみだかわら)に ひとりかも寝む 」 
                               巻3-298 弁基


( 真土山を夕方に越えて行って 廬前(いほさき)の角太川原(すみだかわら)で
 たった一人で野宿することになるのだろうか )

「 廬前(いほさき)の角太川原(すみだがわら) 」はJR和歌山線隅田(すだ)付近を
流れる紀の川原あたりとされています。
夕暮れ迫る頃、真土山近くを歩いている作者。
荒涼と広がる川原、寂寥とした雰囲気が漂い、狼や猿などが出没しそうな野宿は
さぞ心細かったことでしょう。
なお、弁基という人物は後年還俗して、春日老(かすがのおゆ)を名のっています。

「 橡(つるばみ)の 衣(きぬ) 解き洗ひ 真土山
    本(もと)つ人には なほ及(し)かずけり 」
                         巻12-3009 作者未詳


( 橡染めの地味な着物を解いて洗い、また打つという名の亦打山(まつちやま)
 その打ち直した古着のような馴染みの女房(もとつ人)に、どの女も及ばなかったわい)

橡(つるばみ)は団栗の古名。
主として檪(クヌギ)の実をいい、これで染めた薄黒色の衣は庶民の普段着とされていました。

この歌の真土山は原文に「亦打山」とあり、固い繊維の着物や、汚れた衣を
解きほぐして洗い、砧(きぬた)で何度も打つ作業をしていたので「亦(また)打つ」と
いう文字を使ったもので、「橡の衣解き洗い」までが「真土山」を起こす序となっています。

「またうつ」の「ま」と「つ」の音感を真土山(まつちやま)に響かせ、
古衣→古女房を連想させている機知ある歌。

浮気を重ねて女性遍歴をした男。
「やっぱり本妻がよろしい」とは何とも勝手な惚気です。

  「 紀州路は 雨に色冴え 蓮にほふ 」 筆者

JR和歌山線五条駅から車で約15分。
広い国道脇に「万葉の里 まつち(真土)」と表示された大きな案内板が立っています。
ここから曲がりくねった急坂を20分ばかり登ると丘の頂上。
突然眼下に、こじんまりとした真土山と蓮池が現れました。
さながら古代にタイムスリップしたようです。

脇道の石段を150mばかり下ると昔の国境、落合川。
川幅が狭くなったところに「神代の渡り」とよばれている岩場があります。
畳半分位の巨石を跨いで対岸に着くと、ここからは紀伊の国。
真土山頂上への細い道が続いています。

「神代の渡り」は石と石との間に少し大きい隙間があり雨で増水すると渡るのは怖そうです。
持統女帝は輿に乗ったままでしょうが、担ぐ人は大変だったことでしょう。
 馬が行きなずむのも分かるような気がします。

この辺りは犬養孝氏が故地保全に尽力され、立派な万葉歌碑がいくつも建てられています。
人影は全く見えず、古き時代のままの佇まい。

折からの風が大賀蓮のほのかな香りを漂わせていました。

「 匂ひきて 葉揺れに割るる 花蓮(はなはちす) 」  石原八束












 
[PR]

by uqrx74fd | 2014-07-25 06:30 | 万葉の旅

<< 万葉集その四百八十七 (雷丘:...    万葉集その四百八十五 (月夜の船出) >>