万葉集その五百二十一 〈花咲かば〉

( 山の辺の道  奈良県 )
b0162728_16391634.jpg

( 同上  桜、梅、椿、菜の花など咲き乱れている )
b0162728_16385638.jpg

( 同上 桃と桜 )
b0162728_1638352.jpg

(  同上 )
b0162728_16381447.jpg

( 大美和の杜  山辺の道 )
b0162728_16375662.jpg

( 同上 大和三山 左から香久山、畝傍山、耳成山 )
b0162728_16373413.jpg

( 甘樫の丘  飛鳥  )
b0162728_16371734.jpg

( 又兵衛桜  奈良県  )
b0162728_16365899.jpg

( 長谷寺   奈良県 )
b0162728_16363862.jpg

(  三春滝桜  福島県  )
b0162728_16361623.jpg


彼岸の中日を過ぎると桜の開花が待ちどうしくなり、「今年の花見は何処へ行こうかなぁ」
と、浮き浮き、そわそわいたします。
国民総花見という風雅にして、いささか騒がしいお祭り騒ぎは世界広しと言えども
我国だけのものでありましょう。

古代稲作農民生活において山から田の神を迎える季節に咲くサクラは稲の神として
信仰の対象とされていました。
花が多く咲き、散るのが遅ければ豊作のしるし。
「サ」は田の神、稲の神、「クラ」は神座を表すゆえにその名があるそうですが、
崇められた桜が、楽しみ愛でられるようになったのは何時の頃からなのでしょうか?

今を遡ること1600年、履中天皇の時代、秋の船上での宴の最中に
時ならぬ桜の花びらが風に吹かれ来て酒杯に浮かんだという故事(日本書記)が
記録に残る花見の始まりと伝えられていますが、この櫻は十月桜だったのか?
あるいは創作?
よしんば創作としても桜の文学の始まりであり、4世紀頃に我が国民の桜好きの遺伝子が
植えつけられ、花見の文化が芽生えたとでもいえましょう。

「 今日(けふ)のため と思ひて標(し)めし あしひきの
       峰(を)の上の桜 かく咲きにけり 」
                 巻19-4151 大伴家持

( 今日の宴のためにと思って私が特に押さえておいた山の峰の桜、
 その桜がこんなに見事に咲きましたよ )

作者は自分で山に登り花見にふさわしい木に目印を付け、開花したのを確かめ、
親しい人たちに「さぁさぁお花見に」とお誘いをしたようです。
用意万端を整え、得意満面の笑みを浮かべている様子が目に浮かびます。

それにしても、万葉時代に早くも場所取り習慣があった?

「 春日にある 御蓋(みかさ)の山に 月も出でぬかも
     佐紀山に 咲ける桜の 花の見ゆべく 」 
                       巻 10-1887 作者未詳 (既出)
                         旋頭歌(577 577を基調とする歌体)

( 三笠山から月が早く出てくれないかなぁ。
  西の佐紀山はもう桜が満開だよ。
  夜桜と洒落てみたいものだね )

朧月と桜。
三笠山は奈良東方の山、月が上ると西の佐紀山全山の夜桜が輝きます。
豪華かつ妖艶なまでの美しい光景。
万葉人の素晴らしい美意識です。

「 足代(あて)過ぎて 糸鹿(いとか)の山の 桜花
     散らずもあらなむ 帰り来るまで 」
                             巻7-1212 作者未詳

( 足代を通り過ぎてさしかかった糸鹿の山
      この山の桜花よ 私が帰ってくるまで散らないでくれよ )

「足代」は和歌山県有田市 糸鹿の山はその地の東南の山 

作者は何らかの用事で紀伊方面に向う途中、見事な山桜に出会ったようです。
「 帰りは仕事を終えてゆっくり愛でるから、それまで散るなよ」と
願いつつ足を進めているように思えますが、ひよっとしたらこの櫻は美しい女性かも?
そのように想像した方が楽しいですね。

「 花咲かば 告げよと云ひし 山守の 
      来る音すなり  馬に鞍おけ 」     源頼政


( 桜の花が咲いたら真っ先に知らせよと申し付けていたあの山守の来る足音がする。
  おのおのがた鞍の用意をいたせ。)

我こそ花見の一番乗り。
はやる心を見事に歌い上げた傑作で、まだ雪深い頃から山守に
「 咲いたらすぐさま知らせよ」と命じておいた作者。

開花宣言でわっと人が集まるのは昔も今も同じようです。

この歌は多くの人に愛唱され、謡曲にも採り入れられています。

「 花咲かば 告げんといひし 山里の
  告げんといひし 山里の 
  使いは来たり 馬に鞍 
  鞍馬の山の うづ桜
  手折り 枝折をしるべにて
  奥も迷わじ咲き続く 
  木陰に並みいて 
  いざいざ 花をながめん- 」              謡曲「鞍馬天狗」


     注:  「うづ桜」 八重のサトサクラの一種で京都鞍馬山に咲く桜の総称。
          「うづ」は雲珠(うんじゅ)とよばれる馬具の飾り。
          桜花の形が雲珠と似ており、地名の鞍馬との縁で
          「うづ桜」とよばれるようになった。

ここまで誘われてはじっとしている訳には参りません。
それでは、いざいざ、古の都へ花見に参るといたしましょうか。

   「 謡本 静かにとぢぬ 朝桜 」 田畑比古
[PR]

by uqrx74fd | 2015-03-26 16:39 | 生活

<< 万葉集その五百二十二 (恋桜)    万葉集その五百二十 (春柳 ) >>