万葉集その五百三十七 (合歓の花咲く社)

( 高千穂神社  千葉県佐倉市 )
b0162728_1818569.jpg

( 合歓の花満開  見ごろは6月下旬 )
b0162728_18175031.jpg

( 同上 )
b0162728_18173420.jpg

( 同上 )
b0162728_18171966.jpg

( 八重桜と躑躅  4月下旬 )
b0162728_1817675.jpg

(  花絨毯  5月上旬 )
b0162728_18164610.jpg

(  雨上がりの紫陽花 ) 
b0162728_18162455.jpg

(  藤棚もあります  初夏 )
b0162728_18161178.jpg

( 龍の髭:山菅の種子 秋 )
b0162728_18154732.jpg

( 雪の松  冬 )
b0162728_18153135.jpg

「 ねむの花さく ほそ道を
  かよふ朝こそ たのしけれ
  そらだのめなる 人の世を
  たのめて老いし 身なれども 」  
                           (三好達治  ねむの花咲く)

            そらだのめ:(空だのめ) あてにならないことをあてにする

千葉県佐倉市に「高千穂神社」という花の社(やしろ)があります。
今から66年前、九州宮崎の高千穂神社から下総国志津ケ峰とよばれていた
丘陵地に勧請され、菊の御紋を許されている鎮守社です。

今は亡き初代宮司、森谷鉄五郎さんは余程花を愛する方だったのでしょう。
閑静な住宅街に囲まれた約1000坪の境内に八重桜、躑躅、藤、合歓、銀杏、橿、椎、
松、蘇鉄(そてつ)、紫陽花、百合、龍の髭(山菅)、コスモス、菖蒲、嫁菜、
萱草、タンポポ、など数えきれない位多くの植物が植えられており、
四季折々咲く花が多くの人々を楽しませてくれているのです。

さて、今日のお目当ては合歓の花です。
まずは手を洗い、口をすすいで二礼二柏一礼。
神前にぬかずき祈りを捧げます。

「 天の川 瀬ごとに幣を たてまつる
    心は君を 幸く来ませと 」
                  巻10-2069  作者未詳


(  天の川の川瀬ごとに 幣を奉ります。
   無事にお渡り下さいとお祈りして )

牽牛が無事に川を渡ることを祈ったものですが、作者自身の愛する人の幸いと
来訪を待ち望む気持ちがこもっている一首です。

家族共々の無病息災を祈りつつ参拝を終え、合歓の木の下へ参ります。

「 総毛だち 花合歓 紅を ぼかし居り 」   川端茅舎

大木の枝が左右に大きく広がる。
いまを盛りと咲く花は絹の刷毛のよう。
淡いピンクと紅の繊細な色合い。
下から見上げると小さな雪洞(ぼんぼり)が無数に灯っているようです。
左右対称に開いた細長い葉は、暗くなるとピタリと閉じ合わせ、
花の心地良い寝床になるのです。

「 昼は咲き 夜は恋ひ寝(ぬ)る 合歓(ねぶ)の花
         君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ 」 
                      巻8の1461 紀 郎女(既出)


( 昼間は綺麗な花を咲かせて、夜になればぴったりと葉を合わせ、
 好きな人に抱かれるように眠る合歓。
 ほんとうに羨ましいこと。
 そんな花を主人の私だけが見てもよいものでしょうか。
 お前さんも御覧なさいな。
 あなたと一緒に見ながら抱き合いたいのよ。)

合歓の花木を添え、大伴家持に贈った一首。
漢字の「合歓」は「合歓ぶ(あいよろこぶ)」つまり男と女が抱き合うことを意味します。

年上で人妻(天智天皇の曾孫 安貴王の妻)でもある作者が
花によせて共寝を誘っているのです。
歌を通じてお互い特別親しい間柄なので、家持を下僕のように呼びかけて
戯れ興じているようですが内心は本気かもしれません。

「 君のみ見めや」 : 君は主人の意で作者自身をさす
「 戯奴(わけ) 」 : 年少の召使などを呼ぶ言葉 
              ここでは大伴家持をさし、わざと卑下した言い方をしている

「 合歓咲くや 柘(つげ)の小櫛も ほしげにて 」  巣兆

雨に打たれた花糸は共寝したあとの乱れ髪のよう。
鏡台に向かい、櫛で整えている女性を連想させるような一句です。
拝殿の周りは八重桜の老木がならびます。
以前は50本位あり壮観でしたが、今は多くが枯れて20本位。
それでも満開の時は華やかで、風に舞う花びら、散り敷くピンクの絨毯は
この世のものとも思われないほどの美しさです。

「 散る時の 牡丹桜の はげしさよ 」 高濱年尾
                  ( 牡丹桜は八重桜の別称 )


古のうら若き乙女も散る桜を眺めながら詠っています。

「 咲く花は 過(す)ぐる時あれど 我(あ)が恋ふる
          心のうちは やむ時もなし 」 
                            巻11-2785 作者未詳


( 咲く花はいずれ散って消える時があるけれども
 私の心の中の恋は とだえる時とてありません )

初恋でしょうか。
純情一途の恋心です。

対する我が心のうちは恋桜。
桜の季節よ 早く来い(こい)。

「 龍の髭(ひげ) 葉のくらがりに 瑠璃澄ませ 」 下山博子

前庭、横庭、裏庭にも色々な植物が所狭しと植えられています。
中でも注目は龍の髭。
全く目立たないところに植えられており、よくよく注意しないと見つかりません。

「龍の髭」は古代、山菅(やますげ)とよばれた植物で別名「ジャノヒゲ」、
ユリ科の多年草です。
細くて長い葉を龍の髭に見立てたのでその名があり、初夏に白い花を下向きに咲かせます。

秋になると球形の実を結びますが、その実は成熟する過程で果皮が破裂して消滅し
種子がむき出しのままとなり、瑠璃紺色の実と見えるものは種子そのものという
珍しい植物です。
漢方では「麦門冬(バクモントウ)」とよばれ、根を煎じて咳止め、利尿、消炎に
用いられているそうです。

「 咲く花は うつろふ時あり あしひきの
     山菅(やますげ)の根し 長くはありけり 」 
                             巻20-4484 大伴家持


( はなやかに咲く花はいつか色褪せて散り過ぎる時があります。
 でも地下に根を張っている山菅はずっと長く続いているものなのです )

近親者が反逆の罪に問われ大伴一門の危機を感じている作者。
栄華を極めた大伴家が滅びゆくのを座視せざるをえない無力感。

今までの人生を振り返りつつ、これからは山菅の根のように
細く長く、そして、強く生きてゆこうと決意しているようです。

   「 ひそかなる ものは美し 龍の玉 」  中村玲子


ご参考 : 高千穂神社
        京成線 志津駅下車 
        南中野行バス 高千穂神社下車 徒歩3分

お知らせ:  次回の更新は7月26日(日曜日)です。
[PR]

by uqrx74fd | 2015-07-16 18:29 | 植物

<< 万葉集その五百三十八 (鎌倉花散歩)    万葉集その五百三十六 (雨に唄えば) >>