万葉集その五百四十三 (ノキシノブ)

( 巨木に生えているノキシノブ  唐招提寺 奈良 )
b0162728_1742986.jpg

( ノキシノブの胞子嚢(ほうしのう)  長谷寺  奈良 )
b0162728_174661.jpg

( 神木杉の苔と一緒に生えているノキシノブ  大神神社  奈良 )
b0162728_1734688.jpg

( ツリシノブ   ほおずき市  浅草 )
b0162728_1732824.jpg

( ほおずきと一緒にならぶツリシノブ)
b0162728_173995.jpg

( ほおずき市は美人揃い  浅草 )
b0162728_1724564.jpg

(  同上 ついつい買ってしまいます )
b0162728_1722937.jpg

( 万葉人が 恋忘れ草 と呼んだヤブカンゾウ )
b0162728_1721218.jpg

( 同上  ノカンゾウ )
b0162728_171567.jpg

「ノキシノブ」はウラボシ科の常緑多年草で古くは「シダクサ」とよばれました。
古木の樹皮や岩、崖、家の屋根などに根茎を分枝して着生する羊歯(しだ)類で
昔、屋根の軒場(のきば)によく生えていたことに由来する命名です。

花は咲かず、20㎝ほどの葉は柳のように細長く、表面は緑。
裏面に褐色の胞子嚢(ほうしのう)があり

「 朽ちかけて 苔むす幹の しのぶ草
        ことごとく葉うらに 胞子をやどす 」    坂本凱二


とも詠われています。

乾燥して煎じて飲めば利尿に効ありとされ、別名ヤツメランとも。

「 わがやどは 甍(いらか)しだ草 生ひたれど
       恋忘れ草 見るに いまだ生ひず 」 
                      巻11-2475 柿本人麻呂歌集(既出)


 ( 我家の屋根の軒(甍)に「しだ草」がいっぱい生えているけれど、
  恋の苦しみを忘れさせるという恋忘れ草はいくら探してみても
  ちっとも生えてくれません。 )
 
万葉集唯一の「しだ草」です。
恋の苦しさから逃れたいと願いながらも忘れることが出来ず悶々としている男。

「忘れ草」とは現在の萱草とされ、「萱」という字には忘れるという意味があるそうです。
別名「ヤブカンゾウ」ともよばれ、中国原産の「本萱草」の変種とされていますが、
この母種は我国には存在せず、古い昔に渡来したものが今では完全に我が風土に
帰化したものと考えられています。

夏の山々や高原を美しく彩る「ニッコウキスゲ」、「ユウスゲ」、「エゾキスゲ」
「ノカンゾウ」なども同じワスレグサ属の仲間です。

平安時代になると「しだ草」は「忍ぶ草」という優雅な名前に変わります。

「 わが宿の 忍ぶ草おふる 板間あらみ
     降る春雨の もりやしぬなむ 」        紀貫之


( 我家は忍ぶ草が生い茂ってる古家。
 板を張った屋根の隙間が荒いので春雨が漏っているのではないかなぁ。)

「ポトリ、ポトリ」と音が聞こえてくる。
草茫々の屋根から雨漏りがしているのかしらと訝(いぶか)る作者。
荒れ放題の屋敷で悠然と春雨を楽しんでいる姿が目に浮かびます。

「 君しのぶ 草に やつるる ふるさとは
     松虫の音(ね)ぞ 悲しかりける 」
                            古今和歌集 詠み人しらず


( あなたを偲ぶという名をもつ「忍草」が生い茂って荒れ果てているこの地。
 お出ましを待って鳴く松虫の声が悲しく聞こえておりますこと )

「(あなた)を偲ぶ」と「忍草」、 「松虫」と「待つ」を掛けています。

「やつるる」は 荒れ果てた 
「ふるさと」は 二人で過ごした思い出の地

男が通ってこなくなった女の悲しみ。
茫々に生えた忍草と松虫の声が寂寥感を誘います。

ノキシノブは古木、岸壁、古家などいたるところで見られますが
「釣りしのぶ」は夏の風物詩。
葉のついた忍草の根茎を井桁(いげた)や舟形に仕立てたもので
軒や出窓につるし、水を滴らせたりします。

江戸時代、深川周辺の植木屋によって作られ、出入りの屋敷で飾られるように
なったそうですが、深山に生える苔や羊歯の清涼感と
疫病、魔除けとして取り付けられた風鈴の涼やかな音が人気をよび、
瞬く間に全国に広まったそうです。

現在は一般の家庭で飾るところは少ないようですが、毎年7月上旬、
浅草寺境内で催される「ほおずき市」でその風雅な姿を見ることができます。

「 忍ぶ釣 軒に寄添ふ 女かな 」 高桑蘭更(たかくわ らんこう)
[PR]

by uqrx74fd | 2015-08-27 17:04 | 植物

<< 万葉集その五百四十四 (滝のほ...    万葉集その五百四十二 ( 葵 ) >>