万葉集その五百五十二 (秋の夜半)

( 仲秋の名月  )
b0162728_3452587.jpg

( 月に雁  歌川広重展ポスター )
b0162728_3451397.jpg

(  月に雁の希少切手 )
b0162728_3445915.jpg

( 雁  JR和歌山線で  )
b0162728_3444575.jpg

(  雁行   yahoo画像検索 )
b0162728_344952.jpg

(  白鳥の村 本埜:もとの  千葉県 )
b0162728_3434997.jpg

(  色々な雁 )
b0162728_3433130.jpg

( 秋草  菱田春草 )
b0162728_343176.jpg

(  武蔵野  菱田春草 )
b0162728_342587.jpg


「 秋の夜半の み空澄みて
  月の光 清く白く
  雁の群れの 近く来るよ
  一つ二つ 五つ七つ 

 家を離れ 国を出でて
 ひとり遠く 学ぶ我が身
 親を思う 思いしげし
 雁の声に 月の影に 」         佐々木信綱 作詞
                         ウエーバ 作曲 
                      ( 注: 思いしげし:思いがつのる)

少年時代に習い覚えた懐かしい歌。
歌劇「魔弾の射手序曲」の旋律からこのような郷愁をそそる歌詞を生み出した
発想豊かな歌人にして歌学者、佐佐木信綱氏は万葉研究の大家でもありました。

この歌のキーワードは「月の光 雁、別離 親を思う」です。
では、万葉人はどのように詠ったのでしょうか?

まずは月の光からです。

「 ももしきの 大宮人の罷(まか)り出て
          遊ぶ今夜(こよひ)の 月のさやけさ 」
                 巻7-1076 作者未詳

( 大宮人が退出して宴を楽しんでいる今宵の月
この月の何と清々しく爽やかなことか )

「 雨晴れて 清く照りたる この月夜(つくよ)
    またさらにして 雲なたなびき 」 
                   巻8-1569 大伴家持


( 雨が晴れて清らかに照りわたっている月。
 この月夜の空に、雲よ再びまた棚引かないでくれよ )

  また更にして : 折角雨が晴れて月が出たのだから再び
  雲なたなびき : 雲よ棚引くな 「な」は禁止を表す用法

月の光を「さやけく」「清く」と表現した万葉人。
次は雁。

「 秋風に 大和へ越ゆる 雁がねは
   いや遠ざかる 雲隠りつつ 」 
                      巻10-2128 作者未詳


( 秋風の吹く中を大和の方へ越えて飛んでゆく雁は、いよいよ遠ざかってゆく。
  雲に隠れながら )

作者は旅先で故郷大和の方に向かって飛んでゆく雁を眺めているようです。
暮れなずむ空の中、列をなして雁行していく。
あぁ、あの方向に故郷、大和があるのだ。
瞼に浮かぶは懐かしい山川。

最後に別離、父母。

「 忘らむて 野行き山行き 我れ来れど
        我が父母は 忘れせのかも 」
                巻20-4344  商長 首麻呂( あきのをさの おびとまろ)

( 故郷のことなど忘れてしまおうと思って 野を越え山を越えて俺はここまで
 やってきたが、父さん、母さんのことは忘れられないよ )

駿河国の防人が任地大宰府へ向かう途上での歌。
辛い別離を忘れ、これからの任務のことを考えようと、急ぎに急いで
野山を越えた。
しかし、いつのまにか父母のことを思い出している。
作者はまだ独身の若者なのでしょう。
方言を交えた素朴な詠いぶりはが心を打ちます。

このように万葉集を紐解いてゆくと日本人の心情は昔も今も変わらないことを
痛感します。
佐佐木信綱氏もこのような万葉歌を頭に思い浮かべながら作詞されたのでしょうか。

ウエーバの「魔弾の射手」を聞きながら過ごす秋の長夜。
庭の片隅から虫の声が聞こえてきました。

   「 万葉の 世界に浸る 秋の夜半 」  筆者
[PR]

by uqrx74fd | 2015-10-30 03:46 | 自然

<< 万葉集その五百五十三 (秋の恋歌)    万葉集その五百五十一 (芝草) >>