万葉集その五百六十 (十両:ヤブコウジ)

( 十両:ヤブコウジ 市川万葉植物園  千葉県 )
b0162728_19513115.jpg

(  同  六義園  東京都 )
b0162728_19511758.jpg

( ツルヤブコウジ 横に伸びる珍しい品種  奈良万葉植物園 )
b0162728_19505627.jpg

( 千両 黄色、赤色  皇居東御苑 )
b0162728_19502488.jpg

( 万両  市川万葉植物園  )
b0162728_1950940.jpg

( 手前 十両:ヤブコウジ 左:千両  右:百両  後方:万両  浜離宮庭園 )
b0162728_19495623.jpg

( 手前右  十両 
     左  一両:アリトウシ:蟻も通さない細かい刺があるのでその名があるが
        お金が年中あり通しでめでたいとされている 
  中央:百両 後方左:千両   同右:万両     六義園 )
b0162728_19493918.jpg

( 同上説明文  画面をクリックすると拡大出来ます)
b0162728_1949101.jpg

( 龍の髭  奈良万葉植物園  )
b0162728_19485433.jpg

「 鶺鴒(せきれい)の 来鳴くこのごろ 藪柑子
    はや色づきぬ 冬のかまへに 」    伊藤左千夫


十両の正式名は藪柑子(やぶこうじ)、古くは山橘とよばれ、高さ10㎝~30㎝の
常緑小低木です。
夏に白または淡緑色の小花を咲かせたのち青い実をつけ、晩秋霜下りる頃
鮮やかな赤色に熟します。
藪の中で自生し、葉の形が蜜柑に似ているのでその名があるそうですが、
鮮やかな紅色、丸々とした可愛い実はサクランボのよう。

同じヤブコウジ科で葉の下に実が付く万両、百両。
葉の上に実が付くセンリョウ科の千両。
メギ科の南天。
ともに花の乏しい冬を彩り、生花にも無くてはならない存在です。

万葉集での山橘5首、いずれも美しい色の実を愛でたものばかりで、
花を詠ったものはありません。
5mm程度の小花ゆえ、目立たなかったのでしょうか。

「 消(け)残りの 雪にあへ照る あしひきの
     山橘を つとに摘み来(こ)な 」  
                        巻20-4471 大伴家持


( 幸い消えずに残っている白い雪に映えて、ひとしお赤々と照る山橘、
 その実を土産にするため、採りに行こう )

家持難波出張の折の歌。
眼前の残雪に映える山橘を見ながら、帰途、山中の藪で美しい実を
付けているさまを想像し、奈良の都で留守番をしている妻への土産にしたいと
思っています。
赤と白の対比が鮮やかに印象に残る一首。

「あへ照る」: 雪と山橘が互いに照り映えているさま
「つと」: 藁に包んだ土産品

「 あしひきの 山橘の 色に出でて
     我(あ)は恋ひなむを 人目(ひとめ)難(かた)みすな 」
                                   巻11-2767 作者未詳


( 山の木陰の山橘の真っ赤な実のように、私の恋心はあたりかまわず
 顔に出してしまいそうだ。
 なのに、あなたは人目を気にするなんて!
 周りのことなんか気にしないでくれ 。)

「色に出でて」 山橘の赤い実のように人目につく。
「人目 難(かた)みすな」 人目に立つのを難儀に思ったりするな

 恋は秘密にと云うのが古代の流儀。
 なのに、もう我慢できないと訴える男。

「 あしひきの 山橘の 色に出(い)でよ
    語らひ継ぎて  逢ふこともあらむ 」
                           巻4-669 春日王


( 鮮やかな赤色の実をつけている山橘。
 その色のように いっそ気持ちを表に出して下さい。
 もう人目を忍ぶのはやめましょう。
 そうすればいつでも逢えるし、話もできるではありませんか。)

「なまじ人目をはばかり想いを秘めていては、いつ逢えるか分からないので
いっそのこと、思いのたけを出しましょうよ。
山橘は秋から冬にかけて青から鮮やかな赤色に変わるではありませんか。
我々もそのように変身しましょう」
と詠う作者は天智天皇の孫。

相手の女性の素性は不明ですが禁断の恋だった?

「 紫の糸をぞ 我が縒(よ)る あしひきの
    山橘を 貫(ぬ)かむと思ひて 」
                       巻7-1340 作者未詳(既出)


( 紫色の糸を私は今一生懸命に縒(よ)りあわせております。
  山橘の赤い実をこれに通そうと思って )

「山橘を貫く」は好きな相手と結ばれることをも暗示しています。
 小さな実に糸を通して薬玉を作り、惚れた相手と結ばれることを願う女心。
 赤い実が燃えさかる恋の炎を象徴しているようです。

山橘は群青色の山菅(龍の髭)と並べると色の対比が鮮やかな上、
厳寒の中を生き抜く逞しさをもつので、その生命力にあやかり、
髪飾りにしたり、祝い事のご祝儀に添えて用いられたそうです。

今年も数々の庭園や部屋の生花で新年の彩りをそえてくれることでしょう。

    「 遠き日の 小さき恋や 藪柑子 」 鈴木龍江
[PR]

by uqrx74fd | 2015-12-24 19:52 | 植物

<< 万葉集その五百六十一 (新年の...    万葉集その五百五十九 (光と影) >>