万葉集その五百八十二 (風薫る道)

( 薬の神様 大神神社  親友T.Sさんの当病平癒を祈る )
b0162728_6432249.jpg

(  巫女さんの立居姿が美しい  大神神社 奈良 )
b0162728_6424130.jpg

( 山辺の道  奈良 )
b0162728_64225100.jpg

(  橘薫る 朝風に )
b0162728_642638.jpg

( 蜜柑の花と蝶 )
b0162728_6415290.jpg

( 葉先の紅葉 )
b0162728_6413464.jpg

(  同上 )
b0162728_6411913.jpg

(  同上 )
b0162728_64144.jpg

( カキツバタ  長岳寺 )
b0162728_6405096.jpg

( サヤエンドウの花 )
b0162728_6403091.jpg

(  矢車草 )
b0162728_6401696.jpg

(  アザミ )
b0162728_640246.jpg

(  柿の花 )
b0162728_639461.jpg

大型連休が終わった5月中旬。
今年は花の盛りが早く、藤、躑躅、牡丹,芍薬、菖蒲は既に散り、今は新緑が
美しい時期です。
「風薫る」は「初夏の爽やかな心地よい風」をいいますが、こちらは
文字通り花の香りを運んでくれる風吹く「山辺の道」(奈良)を訪れました。

先づは薬と酒の神様、大神神社と三輪山参拝。
人まばらな早朝の境内は清々しく、巫女の赤白の装束が目にも鮮やかです。
柏手の音が大きく響く。
一礼をした後、薬の道へ向かいます。

「 三輪山の 山下響(とよ)み 行く水の
   水脈(みを)し絶えずは 後も我が妻 」 
                           巻12-3014 作者未詳

( 三輪山の麓を鳴り響かせて流れゆく水、この水の流れが絶えないかぎり
  のちのちまであなたは私の妻なのだよ )

行く水を見つめながら相手に詠いかけている作者は初恋なのか。
瑞々しさを感じる一首。
場所は下り坂にある狭井川あたりでしょうか。

檜山神社に向かう道は、野の花が一杯。
アザミ、矢車草、レンゲ、野イチゴそして山ボウシの木の白い花。
卑弥呼の墓と推定されている箸墓や大和三山が展望できる井寺池あたりの
高台は桃の実やざくろの花。
ここを通り過ぎると新緑の山並みが美しく、たたなずく青垣が続きます。

「 玉かぎる 夕さり来れば 猟人(さつひと)の
       弓月が嶽に 霞たなびく 」
                       巻10-1816 作者未詳


(玉がほのかに輝くような薄明りの夕暮れになると
 猟人(さつひと)の弓 その弓の名を持つ弓月が嶽に
 霞がいっぱいたなびいている )

突然一陣の風が吹き、甘い香りが漂ってきました。
山の麓は蜜柑や橘の木々で埋め尽くされ、白い花が咲き乱れ、
蝶々が飛び廻っています。
まるで夢の世界にきたような心地。
むせるような柑橘類の香りがどこまでも続きます。

「 橘は常花(とこはな)にもが 時鳥(ほととぎす)
     棲むと来鳴かば 聞かぬ日なけむ 」 
                        巻17-3909 大伴書持(ふみもち


( 橘が一年中咲き誇る花だったらなぁ。
  きっと時鳥が棲みつくはず。
  そうなったら その美しい声を聞くことができるのに )

三輪山を右手に眺めながら巻向、景行天皇、崇神天皇陵に向かいます。
撫子、豆、茄子の花。
そして、エゴ、ざくろ、柿の花。

やがて、秋になると紅葉が美しい場所に出ると、
何と!葉の先がすべて紅葉していました。
葉先に種があり、風に吹かれて繁殖するのだそうな。

日に当たって光り輝く美しさは、言葉に表せません。
まさに天の摂理。

「 我が衣 にほひぬべくも 味酒(うまさけ)の
    三室(みむろ)の山は 黄葉(もみち)しにけり 」
                   巻7-1094 柿本人麻呂歌集(既出)

( 私の衣が美しく染まってしまうほどに 三輪の山は見事にもみじしている)

味酒(午酒)は三室の枕詞 神酒を供えるの意
三室は神の籠る土が盛り上がったの意、ここでは三輪山

風花紀行もいよいよ終わり。
ツツジとカキツバタで有名な長岳寺に着きました。
ツツジはとっくに終わり本堂の前の池のカキツバタも残り僅か。
住職の奥様によると今年の花は例年より大分早かった由。

「 かきつはた 佐紀沢(さきさは)に生ふる 菅の根の
   絶ゆとや君が 見えぬこのころ 」
                      巻12-3052 作者未詳

( かきつばたが咲く佐紀沢。
  そこに生い茂っている菅の根でも絶えるといいますが、
  これっきりでお互いの仲が絶えてしまうのでしょうか。
  あの方が一向にお見えにならない今日この頃。)

かきつはた:杜若 ここでは佐紀沢の枕詞
佐紀沢: 平城京北の水上池周辺の湿地帯

ともあれ僅かでも美しいカキツバタに出会えたのはラッキー。
心地よい花薫る風に吹かれながら歩いた10㎞でした。

打ち上げは例によって、近くの「千古」という蕎麦屋さん。
渇いた喉にビールをグイと流し込む。
あぁ!美味い! 
極楽、極楽。

「 都辺は埃(ちり)立ちさわぐ 橘の
         花散る里に いざ行きて寝む 」  正岡子規



   万葉集582 (風薫る道) 完

  次回の更新は6月3日の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2016-05-27 06:47 | 万葉の旅

<< 万葉集その五百八十三 (常滑:...    万葉集その五百八十一 (老いら... >>