万葉集その五百八十六 (小楢:こなら)

( 初夏の小楢  赤塚植物園   東京都板橋区 )
b0162728_794268.jpg

(  同上 万葉歌 )
b0162728_792447.jpg

( 小楢の新芽  くらしの植物苑  佐倉市 )
b0162728_79682.jpg

(  垂れさがる花穂    同上 )
b0162728_784990.jpg

(  黄葉のころ   同上 )
b0162728_783632.jpg

(  小楢の実  : どんぐりは楢、樫、椎などの木の実の総称)  
b0162728_78127.jpg

(  樫の実 )
b0162728_774854.jpg

( 椎の実  )
b0162728_772851.jpg

小楢(こなら)は山野によく見られるブナ科の落葉高木で、一般的には
楢(なら)とよばれています。
生命力極めて旺盛な樹木で、根元から切断しても、その切り株から
新芽を伸ばして再び大きくなり、古くから薪炭の材料やシイタケ培養の
ホダ木として重宝されてきました。

春先、新しい枝に尾状の黄褐色の花穂を垂らして小さな花を付けますが、
まるで風に揺れる簪(かんざし)の飾りのよう。
万葉人もその様子を見て、美しい女性を連想したようです。
また、青葉の頃の瑞々しい葉裏は白くて柔らかい毛が密生して銀色に輝き、
幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

秋には黄葉が山野を美しく彩り、シカ、イノシシ、ネズミなどの大好物、
団栗を大量に地面に落として、命の糧を恵む。
勿論、古代の人達の食用にも供していましたが、タンニンが多く含まれている為
アクが強く、何度も流水で洗わなければなりませんでした。

ナラの名は滑葉(なめらば)、あるいは奈良に多く群生していたので
地名に由来するとも。

万葉集では2首、共に恋の歌です。

「 下つ毛の 三毳(みかも)の山の 小楢(こなら)のす
    まぐはし子ろは 誰(た)が笥(け)か持たむ 」 
                            巻14-3424 作者未詳

( 下野の三毳(みかも)の山に生い立つ小楢の木
 その瑞々しい若葉のように目にも爽やかなあの子は一体誰の
 お椀を世話することになるのだろうか )

「三毳(みかも)の山」は栃木県佐野市東方の大和田山か。
「小楢のす」の「のす」は「なす」の訛り
「まぐはし子ろ 」 「まぐはし」は目にも艶々として鮮やかなさま
「誰が笥(け)か持たむ」 笥は食器。食事の世話を妻がするのでこの表現がある。

本当は自分の妻にしたいのだけれど高嶺の花と半ば諦めている?男。
この歌の評価は高く、次のような解説がなされています。

「 小楢の葉のような美しい少女というのも如何にも山国の人たちらしい形容で、
  新鮮味があり生々溌剌たる少女の健康美を的確に描き出している 」
                  ( 佐佐木信綱 評釈)

「 妻を笥(食椀)という語であらわしているのも実際生活に即している言い方で
  一首おのずから素朴な地方色をたたえている。
  愛すべき魅力ある歌。
  男の深い懸念を活写して、すこぶる新鮮、集中でも特記すべき表現」 (伊藤博 釋注)

「再読精読して思うには、どうもこの歌言外に
  あの子はきっとおれの妻になるんだという含みがあるようだ」
                         ( 遠藤一雄 東歌防人歌の鑑賞 )

「 み狩する 雁羽(かりは)の小野の 櫟柴(ならしば)の
     なれはまさらず 恋こそまされ 」
                          巻12-3048 作者未詳

( み狩りにちなむ雁羽の小野の 楢の雑木ではありませんが
 あなたと馴れ親しむ機会が一向増さず、お会いできない苦しみばかりが
 増す一方です )

み狩(かり)と雁(かり)羽、櫟(なら)柴と馴(なれ)とを掛ける。
一向に見えないのはどうしたことかと嘆く女。
男は心変わりして足遠くなったのでしょうか。

雁羽の小野の所在は未詳。
「み狩り」は天皇、皇族の狩をいう(沢瀉久孝)のでこのあたりに皇室の
 猟場があったと思われます。

柴は小さい雑木。

 「 山の田に 日かげをなせる 楢の木の
        若葉は白くやわらかに見ゆ 」   島木赤彦
 
以下は足田輝一著「雑木林の博物誌 新潮選書」からです。

『 コナラの若葉は、小さいながらもその縁にぎざぎざの鋸歯をもち、
  くるつと下向きに反転した形で伸びてくる。
  その葉の表面には、絹のように光った銀色の細毛が、みっしり生えている。
  この密毛の反射が、遠くから見ると、うす緑の上に銀鼠のもやをかけたように
  見えるのだ。
  この細毛は、コナラの葉がきりっと伸びきり、一人前の木の葉となるころは
  なくなってしまう。
  コナラは古くから日本人に愛された木だった。 』

   「 団栗(どんぐり)や ころり 子供の言ふなりに 」  一茶


           万葉集586(小楢:こなら)完


          次回の更新は7月1日の予定です。


  
[PR]

by uqrx74fd | 2016-06-24 07:11 | 植物

<< 万葉集その五百八十七 (飛鳥慕情)    万葉集その五百八十五 (東御苑... >>