万葉集その六百四 (真弓)

( マユミの花 初夏  奈良万葉植物園 )
b0162728_19424594.jpg

( マユミの実  夏   同 )
b0162728_19423284.jpg

( 色づいてきました  初秋  市川万葉植物園 )
b0162728_19421637.jpg

(  完熟   学友N.F さん提供 )
b0162728_19415648.jpg

(  同上 )  
b0162728_19414338.jpg

(  オレンジ色の実  千葉 鋸南 )
b0162728_19412956.jpg

(   同上  )
b0162728_1941127.jpg

今年の5月中旬のことです。
春日大社神苑、万葉植物園を散策していると、薄緑色の真弓の花が
咲いているのを見つけました。
花びら1弁が米粒位の大きさで、よくよく気を付けて見ないと葉に紛れて、
見過ごしてしまいそう。
初めて見る可愛い花、小躍りしながらシャッタ-を切りました。

 「 若緑 まゆみの小花 愛らしき 」   筆者

真弓は日本全土の山地に自生しているニシキギ科の落葉低木で、
通常高さ3m位ですが、中には10m以上の大木に成長するものもあります。
初夏に薄白緑色の4弁の小花を咲かせた後、方形の実を結び秋には熟して
美しい深紅色になります。
葉も鮮やかに紅葉するのでヤマニシキギとも。

「まゆみ」を真弓と書くのは「真(まこと)の弓の木」の意で、
昔、この材で弓を作ったことに由来しますが、実が繭に似ているからとの
説もあります。
現在は「檀」(まゆみ)という字が当てられていますが、檀は紫檀、黒檀、白檀のように
すぐれた特性を持つ木に与えられている呼称だそうです。

真弓が古くから重要視されたのは、弓という武器の材料になるほか、
この樹皮から貴重な和紙が作られ、奉書紙や写経などに用いられたことにも
よります。
ただ、紙としてミツマタ、ガンピに比べて樹皮の繊維が短く、かつ弱いため
次第に衰退し、代わりに堅牢緻密な材質を利用して各種器具、版木、将棋駒、
こけし、櫛などに加工されるようになりました。

真弓の紅葉は「下葉より染めはじめ、次第に上に及び」しかも
長期にわたって美しさを持続するので、笑み割れた美しい実とともに
多くの人達に好まれ庭木や盆栽で愛でられています。

万葉集では14首詠われ、すべて恋の歌です。

「 白真弓(しらまゆみ) 斐太(ひだ)の細江の 菅鳥(すがとり)の
     妹に恋ふれか  寐(い)を寝(ね)かねつる 」
                               巻12-3092  作者未詳

( 斐太の細江に棲む菅鳥が、妻を求めて鳴くように、
  あの子に恋い焦がれているせいか、なかなか寝付かれないなぁ。 )

  斐太は所在不明。
  「寐(い)を寝(ね)かねつる」: 寝ることもできかねている

 一人悶々と過ごす夜、鳥の声を妻を求めて鳴くものと聞いています。

 白真弓は白木の真弓、 斐太に掛かる枕詞として用いられていますが、
 掛かり方は未詳。

 菅鳥はいかなる鳥か不明ですが、鴛鴦(おしどり)がこの歌に最も当てはまる
 ようです。( 飛騨鳥類研究家 川口孫次郎) 

「 陸奥(みちのく)の 安達太良真弓(あだたらまゆみ) はじき置きて
      反(せ)らしめきなば 弦(つら)はかめかも 」
                             巻14-3437   陸奥国の歌

( 陸奥の安達太良真弓、この真弓は弓弦(ゆづる)を弾(はじ)いたままにして
  反(そ)っくり返らせるようなことをしたら、もう二度と弦を張ることなど
  できませんよ、お前さん 。)

「はじきおきて」 弓の使用を終えてそのままにしておくこと
「反らしめ きなば」 弓身が曲がったままになり普通の形に戻らない状態

夫に浮気の気配を感じた妻は「安達太良真弓」を自分に、
「弦はく」に夫と元との関係に戻ることを譬えたようです。
「このまま他の女との関係を続けるなら、私にも覚悟がありますよ」
 と開き直る女。
 さてさて、男はどう答えたのでしょうか。
 残念ながら、返歌はありませんが、男は「 降参、降参 」と
 頭を下げたような気がします。

安達太良山(福島県)近辺は当時、弓の生産地として名高く、
都に貢物として送られていました。

「 陸奥(みちのく)の安達太良真弓 弦(つら)着(は)けて
       引かばか人の 我を言(こと)なさむ 」 
                            巻7-1329 作者未詳

( 真弓で作った弓に弦をつけて引張るように、あの女の気を引いたら
  世間の人はあれこれと噂を立てるだろうなぁ )

ここでの「弦をつけて引く」(弦を張って引く)は「女性の気を引いて誘う」
喩えとして用いられています。

何でもかんでも恋の材料にして詠う万葉人。
東北の訛りもあり、微笑ましい一首です。

「 村人の 明るさこそは 檀の実 」  高澤良一

檀の実は遠くから見ると赤い花のように見えますが、近づくと
パクッと割れた殻から赤い実(種)が頭を出しています。
その可愛げな様子が好まれ、紅葉の枝と共に生花の好材料とも
されているようです。

「 檀の実 持てば 嶺越しの 風の音 」 加藤楸邨



              万葉集604(真弓)完

              次回の更新は11月4日(金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2016-10-27 19:44 | 植物

<< 万葉集その六百五 (雲によせて)    万葉集その六百三 (さねかずら) >>