万葉集その六百十八 (三日月)

( 月齢1.8日の三日月   学友M.I さん提供 )
b0162728_17484548.jpg

(  少し太った?三日月と星     )
b0162728_17483348.jpg

( 夕焼けと月 )
b0162728_17481794.jpg

( 若草山焼きと朧月  奈良 )
b0162728_1748612.jpg

( 月の船  上田勝也画伯  奈良万葉文化館収蔵 )
b0162728_17475337.jpg

( 月の船   藤代清二展で  )
b0162728_17474088.jpg

天空の太陽、月、地球が一直線に並んだ時を「朔(さく:新月)」といい、
太陽光を反射して光る月面は地球から見えなくなります。

それから3日後、夕方太陽が沈んだ直後、西の空に月の西部分だけが
細く輝いて現れ、古代の人達はそれを「三日月」、「初月」、あるいは
美女の描く細い眉への連想から「眉月」とよびました。

朔(さく)から7日目は上弦の月、15日目は望月(満月)、23日目、下弦の月、
そして30日目に再び朔。
その公転周期は平均して29日12時間44分2,9秒とされています。

夜ごとに満ち欠けしながら形を変え、それを周期的に繰り返す月は、
人間に時を測る術を教えて大陰暦が生まれ、農耕の時節を教える重要な指針として
人々の生活に不可欠なものとなったのです。

月は太陽と共に重要な神とされ、日本神話では太陽神、天照大神の弟であり、
月読命(つくよみのみこと)とよばれています。

万葉集で登場する月は141首。
そのうち三日月は8首、それ以外に白真弓、月の船、月人壮士(おとこ)と
表現されているものもあります。

「 山の端(は)を 追ふ三日月の はつはつに
   妹をぞ見つる 恋しきまでに 」 
                      巻11-2461  作者未詳

( 山の端に向かって今にも隠れようとしている三日月のように、
     ほんのちらっとだけあの子を見ただけなのに、
     こんなに恋しくなってしまうとはなぁ。)

  「はつはつに」 : ほんのわずかに



「 三日月の さやにも見えず 雲隠(がく)り
   見まくぞ欲しき うたて このころ 」 
                        巻11-2464  作者未詳

( 三日月がはっきりと見えないままに 隠れてしまうように
あの子の姿を心ゆくまで見ることが出来ないので、逢いたくてたまらない。
この頃、妙に胸がうずいて。 )

「うたて」: なんだか不思議に

「 天の原 振り放(さ)け見れば 白真弓
        張りて懸けたり 夜道はよけむ 」 
                   巻3-289 間人宿 大浦(はしひとの すくね おほうら)

( 天つ空を遠く振り仰いで見ると、引き絞った白真弓のような月がかかっている。
 この分だと夜道はさぞ歩きやすいであろう )

題詞に初月(みかづき)の歌とあり、三日月を弓に見立てたもの。

古代人は満ちては欠け、欠けては満ちる月を命の再生の象徴とみなし、
月の光には夜の世界を跋扈する悪魔や悪霊を追い払う呪力があると信じていました。

天空から明るい光を照らしてくれる三日月は危険な夜道を急ぐ人にとって、
弓で魔物を射てくれる頼もしい守護神であったことでしょう。

なお、白真弓は木の皮を削って白くした立派な(真)弓という意味ですが、
真弓=檀(まゆみ)、梓弓、槻(つき=けやき)弓など材料の木を表すこともあります。

「張りて懸けたり 」 : 弓の弦を引いて空に架けて


 「 天(あめ)の海に 雲の波立ち 月の舟
          星の林に 漕ぎ隠るみゆ 」    
                             巻 7-1068 柿本人麻呂歌集

天を海に、雲をその海に立つ波にたとえ、月の船がそこを滑って銀河が輝く
 星の中に漕ぎ隠れて行くさまを詠んだ名歌。

 天土(あめつち)は古代の人たちにとって信仰心の表現や恋心の誓いに
 詠われることが多かったのですが、この歌は純然たる天体の光景に
想像力の翼を広げた叙景歌です。

「 天の海に 月の舟浮け 桂楫(かつらかじ)
                   懸けて漕ぐ見ゆ 月人壮士 」  
                                 巻10-2223 作者未詳

( 天の海に月の船を浮かべ、月の若者が桂で作った楫をとりつけて
  漕いでいるよ。)


「奈良県立万葉文化館」に人麻呂歌集(7-1068)にちなんだ素晴らしい絵が
展示されています。
上田勝也画伯(1944生 東京芸大大学院終了 日展会員)の作品です。

そこには 星が輝く天空の中、雲の間に人間の背丈よりやや大きい
三日月が浮かび、 眼のさめるような貴公子が手に勺を持ち、
ゆったりと月にもたれて座っている。

 上田画伯は

「 この歌に最初に出会った時、すぐ情景が目に浮かび
   イメージがどんどん膨らんでいきました。
   当時の天空へのロマンが1200年余も後の私を現代の感覚と少しも変わらぬ
   時代を超えた新鮮さで幻想の世界へ誘ってくれました。」 

述べられています。

それにしても、万葉人の豊かな想像力、そして美しい世界よ。

      「 三日月に 必ず近き 星一つ 」  素堂

                    星は金星でしょうか。



              万葉集618 (三日月)   完


              次回の更新は2月10日の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2017-02-02 17:50 | 自然

<< 万葉集その六百十九 (眉美人)    万葉集その六百十七 ( 落葉道... >>