万葉集その六百三十一 「 美(うま)し 東北 」

( 東大寺大仏  創建時 金色に輝く東北産の金で覆われていた )
b0162728_1930434.jpg

( 安達太良山  福島県 )
b0162728_1930233.jpg

( 多賀城跡 奈良時代最北の国府 宮城県 )
b0162728_1930344.jpg

( 陸奥の国の範囲  10世紀には東北全域に及ぶ  多賀城跡で)
                    
b0162728_19294395.jpg

(  裏磐梯 五色沼  福島県 )
b0162728_19292575.jpg

(  裏磐梯  福島県 )
b0162728_192951.jpg

(  三春滝桜    福島県 )
b0162728_19284585.jpg

(  復興を祈って旗のぼり  三春 )
b0162728_19282080.jpg

(  護国神社 仙台 )
b0162728_1928021.jpg

( 仙台七夕 )
b0162728_19274415.jpg

( 田沢湖  秋田 )
b0162728_19272827.jpg

( 奥入瀬川   青森 )
b0162728_1927122.jpg

(  ねぶた    同上 )
b0162728_19265266.jpg

万葉集その六百三十一「美(うま)し東北」 

「大震災の発生が東北でよかった」
無神経かつ心無き発言で被災者の方々を傷つけ、多くの国民から顰蹙(ひんしゅく)を
買って即刻罷免になった某大臣。

「東北でよかった」(東北に住んでよかった)
と即座に切返し、美しい四季の風景や特産品の写真と共に
暖かい言葉で支え、勇気づけた19万人超のツイッタ-の投稿。

まさに言葉は心の鏡。
一度口から発せられたものは二度と戻りません。
一言の重みをつくづく感じさせられた出来事でした。

今から1300年前の万葉時代、常陸(茨城)下野(栃木)から北方を
陸奥(みちのく)の国とよんでいました。
今の福島県、山形県内陸部、宮城県一円の地域にあたり、万葉歌に見える
北限に近い場所とされています。

東北に関する歌は多く残されていますが、その中から数々の挿話と共に
語り継がれてきた3首を取り上げてみたいと思います。

まずは、大仏建立に関するものです。
743年聖武天皇は盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)造営の詔を発しました。

当時の世相は藤原氏と天皇親政派の間の権力闘争、加えて農村にうち続く疫病と飢饉。
戦乱や相次ぐ遷都による労力の負担による村の荒廃と村人の逃亡、
など混沌としていました。

天皇は社会のあらゆる面で対立が激化する国内の混乱を、
世にも稀なる巨大な大仏を建立することによって抗争するエネルギーを吸収し
人心の統一をはかろうとしたのです。

ところが、大仏が完成に近づいた頃、一大問題が発生しました。
像に塗るべき金(きん)が入手出来ません。

海外からの輸入もやむなしと検討していた矢先の749年、
なんという幸運! 陸奥の国から金が産出したとの報告があり、
陸奥国守、百済王敬福(くだらの こにしき きょうふく)が
管内の小田郡から産した黄金を献上。

今まで国内で産出しなかった金が採掘できたのは百済系渡来人の技術が
発揮されたものと思われ、その知識や技術を持つ人材を陸奥に派遣していた
用意周到な人事が功を奏したものと思われます。 

天皇は狂喜され、産金は神仏が大仏の造立を祝って表出してくれたものと受け止め、
そのことを寿ぐ長大な詔を発せられました。

その詔の中で大伴家は累代天皇によく尽くしたと称えられ、
感激した大伴家持が感謝の意を捧げて下記の歌を詠みます。

「 天皇(すめろき)の 御代(みよ)栄えむと 東(あずま)なる
   陸奥山(みちのくやま)に金(くがね)花咲く 」
                            巻18-4097 大伴家持 

( 天皇の御代が栄えるしるしと、東の国の陸奥山に黄金の花が咲きました。)

今日、巨大な大仏を仰ぎ見る時、古の東北の人々が苦労を重ねて金を探し求め
天皇に献じた有難さをしみじみと思い浮かべます。
奈良の大仏は永遠に東北と共にあり、その慈悲ある目ざなしで
復興早からんことを見守り続けられることでしょう。
なお、金産出場所は現在の宮城県遠田郡とされ「黄金山産金遺跡」として
遺されています。

「 安積香山(あさかやま) 影さへ見ゆる 山の井の
     浅き心を 我が思はなくに 」 
                          巻16-3807  前采女(さきのうねめ)

( 安積山の姿さえくっきりと映し出している清らかな山の井、
 あの水は浅いですが、私はあのような浅はかな気持ちで、
 あなた様をお慕いしているのではありません。
 本気であなたさまを想っているのですよ )

「安積香山」 :福島県郡山市日和田の郊外にある小さな丘

「影さへ見ゆる」: 山の影までくっきりと映っている清らかな浅い水

「山の井」 : 人工の井戸ではなく、山から自然に湧き出た水を堰き止めて
         飲料水にしているところ

「浅き心を」: 浅くは

「我が思はなくに」: 私はあなたを想ってはいないのに
             浅く思っていない→ 深く想っている

「 安積香山(あさかやま) 影さへ見ゆる 山の井の 」までが
「浅き心を 我が思はなくに 」を引き出すための序詞です。

この歌の前に註があり

「 云い伝えによると、葛城王(後の左大臣 橘諸兄とみられる)が若き頃 
 陸奥国に派遣された時、国司の接待が極めていい加減だったので
 王は怒りの表情を顔に浮かべ飲食の饗応もまったく楽しげではなかった。

 その宴席に、以前天皇に近侍していた采女がいた。
 立ち居振る舞い風流(みやび)やかな美女である。
 客人のご機嫌ななめと見て取ると、おもむろ立ち上がり、
 左手に酒杯、右手に水瓶を持って、王の膝をたたきながら拍子をとり、
 この歌を詠んだ。
 すると王の気持ちはすっかり和らぎ、始終楽しく飲んで過ごした。」

この歌は元々安積香山近くに住んでいた男女の間で交わされていた恋歌で、
一種の民謡であったと推定されていますが、古今和歌集の仮名序で高く称賛され、

「 難波津に 咲くやこの花 冬ごもり
                   今や春べと さくやこの花 」

の歌と共に、貴族の子女の手習いの材料とされて一躍有名になったものです。

この歌が評価されたのは、
自然の風景をとりいれ人を和ませる機知と風流、適度の色気、
調べよく覚えやすい、ことなどでしょうか。
賢明な葛城王も酒席での野暮を即座に悟ったようです。

「 安達太良の嶺(ね)に伏す鹿猪(しし)の ありつつも
   我(あ)れは至らむ 寝処(ねど)な去りそね 」 
                           巻14-3428 作者未詳

( 安達太良山の鹿や猪はいつも決まった寝床に帰って休むと言います。
 私もお前のところへ通い続けるから、
 いつでも共寝できるように待っていてくれよね。 )

この歌の解釈には色々な説がありますが、
佐々木幸綱氏は「二人の間に何かトラブルでもあって、
女が“もう通ってこないで!”などとすねてしまった。
そんな場面を思い浮かべればこの歌の意味が理解しやすい」
と解説されています。(万葉集東歌)

もともとは山野で働く人達の作業歌だったのでしょうか。

「 格子戸に 山百合かをる  智恵子の間 」 金子智代 

         ( 智恵子の生家、長沼家は二本松市の旧奥州街道に面した酒造家)

安達太良山が不朽の名になったのは、高村光太郎の「知恵子抄」。

「 あれが 阿多多羅山 (あたたらやま)
  あの光るのが 阿武隈川 (あぶくまがわ)
  かうやって 言葉すくなに座ってゐると
  うっとり ねむるやうな頭の中に
  ただ遠い世の  松風ばかりが 
  薄みどりに吹き渡ります 」

                   高村光太郎 智恵子抄 (樹下の二人より)

「 智恵子は東京に空が無いといふ。
 阿多多羅山の山の上に 毎日出てゐる青い空が 
 智恵子の ほんとの空だといふ」 
                     ( 智恵子抄 あどけない話より)

人々は「智恵子のほんとの空」を見たくて車窓から安達太良山を眺め、
    山に登ります。
    安達太良山の頂上は、つんと突起しており「乳首山」ともよばれていますが、
    二本松方面からみた山容はいくつもの山が連なった連峰で、
    どの頂が安達太良山の頂上か分りにくく、万葉人が見た安達太良山は
    恐らく連峰全体をさしているのでしょう。

   「 安達太良は 北の雄嶺ぞ 帰る雁 」   篠田 悌二郎




         万葉集630 「 美(うま)し 東北 」 完


         次回の更新は 5月9日(火)の予定。
          ( 通常より早くなります )
[PR]

by uqrx74fd | 2017-05-02 19:33 | 万葉の旅

<< 万葉集その六百三十二 (つつじ...    万葉集その六百三十 (曲水の宴) >>