<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その二百三十四(芋:うも)

 「 雨止みて 里芋の葉に溜まる露
    碧き大空 映して光る 」      糟谷 ふくゑ


稲作栽培以前、古代の人々が主食としていた里芋の原産地はインドやインドシナ半島
などの熱帯アジア地方といわれ、我国に伝わったのは縄文時代と推定されています。

自然薯(じねんじょ)などのように山で採れるのではなく、家の菜園で栽培されたので
「山芋」に対して「里芋」と呼ばれ、「じゃがいも」や「サツマイモ」が伝わる
江戸時代まで「芋」と言えば里芋をさしていました。

このような大切な食物にも拘らず、万葉集に詠われているのは次の一首のみです。

「 蓮葉(はちすば)は かくこそあるもの 意吉麻呂(おきまろ)が

       家にあるものは 芋(うも)の葉にあらし 」

           巻16-3826 長忌寸(ながのいみき)意吉麻呂 


( これが本物の蓮の葉なのですなぁ。なんと豪華なことよ! それに比べて
  わが家にあるのは似ているようでもやっぱり里芋の葉ですわい。)

作者は愉快な歌、戯れ歌を即興的に詠むのを得意としていました。

宴席で大皿の代わりに蓮の大きな葉に盛られた豪華なご馳走を褒める気持も込めて
大げさに驚いてみせ、我家の小さな芋の葉を卑下してみせたものですが、
蓮と里芋の葉の形が似ているところにこの歌の面白みがあります。

古代、蓮の花は高貴な美女の象徴とされていました。
宴席には主人の妻妃などが接待に出ていたかもしれません。

もしそうだとすれば「イモ」は「妹」を連想させ「素晴らしい女性ばかりですね。
それに比べて我が家の妹(イモ)は野暮ったくて何とも見栄えがしないことです」と
落胆したふりをして満場をどっと沸かせたのでしょう。

奈良時代の貴族達の華やかな歓楽の一幕です。

里芋の葉は蝋質を分泌するため水滴ができ、その風情はよく詠まれています。

「 芋の葉に こぼるる玉の こぼれこぼれ
       小芋は白く 凝( こ) りつつあらむ 」 長塚 節


『 新秋の里芋畑に芋の葉に置いた露がころころとこぼれる。
地中ではその玉がしみ透って小芋が白い玉に育ちつつあるだろう。
早朝の爽やかな空気に季節の推移を敏感に感じ取っている。
小芋の成長を思う気持だから「こぼれ こぼれ」という幼い措辞がふさわしい。』

                ( 山本健吉 句歌歳時記 秋 新潮社 )

里芋は、親芋に子芋、さらに孫芋とたくさんの芋がつくことから子孫繁栄の象徴とされ、
お正月や様々な行事の食材として欠かせない存在です。

今年の仲秋の名月は10月3日。
別名「芋名月」とよばれるように、月に芋を供えたり、食したりして稔りの秋の収穫に
感謝いたします。
恒例の「芋煮会」も各地で賑やかに行われていることでしょう。

芋といえば蛇笏一代の名句を忘れるわけにはいきません。

「 芋の露 連山影を 正しうす 」    飯田蛇笏

里芋の葉に露が宿り、その一粒一粒に山々が影を宿している。
芋の葉や露は小さくても、景観は雄大。

たった十七字で、これだけの世界を表現できる作者の力量と
日本語の素晴らしさに驚嘆させられる一句です。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-09-27 07:57 | 植物

万葉集その二百三十三(愛犬)

 「 花吹雪 犬をつないで 外出かな 」   杉田久女

犬はあらゆる動物の中で最も古い家畜の一つとされ、今から2万年も前から先祖である
狼かそれに似た動物を長年にわたって飼い馴らし、交配を重ねて生み出されたものと
考えられています。

我国では縄文時代の遺跡から人間と同じ場所に埋葬された犬の骨が出土しており、
古くから人々の良き伴侶として生活していたようです。

当時、主として飼われたものは
「今日の秋田犬であって、アイヌ犬と同系の北方系統の犬 (東 光治:万葉動物考)」と
推定されており、飼い主に忠実な性質から狩猟、警備、労役、軍用、愛玩用に飼育され、
大和朝廷では「犬養部」という専門の部署まで設けるほどの力の入れようでした。

万葉集では次の旋頭歌(577、577基調歌)のほか長歌二首に詠われています。

「 垣越しに 犬呼び越して 鳥猟(とがり)する君

    青山の 茂き山辺(やまへ)に 馬休め君 」 
                     巻7-1289 柿本人麻呂歌集


ある貴人が山の中で鷹狩をしていた最中のことです。
従っていた犬が突然、鬱蒼とした木々に囲まれた一軒家の垣の中に飛び込みました。
「おーい 、おーい、戻って来い」と慌てて犬を呼び返す男。
その声を聞きつけて、妙齢の美女?が家の中から顔を出し、

「 あら、そこの旦那さん、いらっしゃいませ。
素敵なお休み処があるのに、まだ狩をお続けになるつもりですか。

お馬も疲れた顔をしていますよ。そんなに急がないで少しお休みなさいませ。
折角あなた様の犬がここまで案内してきたのですから。
さぁ、さぁ、よ-く冷えたビールを一杯如何!」 といったところでしょうか。

ユーモラスな民謡風の趣があり、
「 主人の気持を察して入り込んできた犬をことさら呼び返すこともありますまい
という揶揄が一首総体に込められているように思う(伊藤博)」そうで、賢い犬ですねぇ。
「片足あげて 木戸押す犬に 秋の雨」(杉田久女)のような光景も思い浮かぶ一首です。

狼を先祖とする犬は古くから霊的な動物とされ、郷土玩具の犬張子が幼児を守る
魔よけとされたり、犬の出産が軽い事から、犬の絵や字を書いて安産を祈ったりする
習慣は今もなお残り、文芸の世界では江戸時代の曲亭馬琴著「南総里見八犬伝」が
映画や歌舞伎、演劇、テレビドラマ、アニメ、さらにゲームにまで登場しております。

「 石井辺の 秋海棠に犬ころが

         遊べるよしも  画にやかくべき 」  伊藤左千夫


番外編:「愛犬に贈る言葉」

初めての出会いはボクの太鼓腹の上。
昼寝をしている間に、キミはちょこんと座っていました。

ふと目を開けると、そのクリクリとした眼で、不思議そうにボクを見つめていたね。
「よっちゃん」が初めてのボーナスでプレゼントしてくれたのです。

「ベンジャミン」と名付けられたキミは、終生「よっちゃん」を「おとうさん」
「ボク」を「相棒」と思っていたようだなぁ。
「買い主」と「飼い主」の違いがわかっていたのかしらん。

新しい家族を迎えて楽しい生活がはじまりました。

毎日毎日散歩をしたり、庭を自由に駆け回り、
薔薇の棘に耳をひっかけキャンキャン泣いたこともあったっけ。
それに雷や花火を恐がって音が聞こえるといつも机の下に潜り込んでいたなぁ。

お得意は後足で立って歩くことと、ボクの顔をくまなくなめまわし、
最後に耳の穴で仕上げる大サービス。

それに鰹節が大好きなキミは使い残しの硬いやつをよくガリガリ噛んでは
「猫ならぬ犬に鰹節かぁ」とよく冷やかされたよねぇ。

母さんが買い物に行くと庭石の上にじっと座ったまま動かずに
帰りを待ち続けていたキミは、まるで「ハチ公」の銅像。

ところが可愛いお嬢ちゃんに「ベンちゃん」とよばれると弱いんだなぁ。
これはご主人似かぁ。

そうして18年、あっという間に過ぎました。
人間の年でいえば90歳。

いよいよ今の際になって、もう足腰が立たないのに、
息も絶え絶えになりながら2階への階段を必死の思いで登り、
ボクに挨拶をしにきてくれたキミ。
その健気さに思わず涙がでたよ。

そして、お母さんの腕に抱かれて、さようならと言って目をとじました。

ベンちゃん、ありがとう。
素晴らしい生き様だったねぇ。
キミに出会えてボクたち家族はみんな幸せだったよ。
                 ( ベンジャミン:ビーグル犬 雄 2008.2.28没 )
 
「 かろやかに 駆けぬけゆきて ふりかへり

       われに見入れる 犬のひとみよ」   北原白秋

[PR]

by uqrx74fd | 2009-09-21 09:49 | 動物

万葉集その二百三十二(美女と僧侶)

昔々、大和の国で修行していた僧が悟りを開いて仙人になりました。

ある日、空中を飛行していて、ふと下界を眺めると、なんとまぁ、
川の中でうら若き乙女が白い太腿(ふともも)も顕(あらわ)に
衣を洗っているではありませんか。

「どれどれと」近寄って覗き込んだとたんに、たちまち神通力が消えうせ、
真っさかさまに墜落。 ご存知、久米仙人です。

万葉集にも、どうやらこの仙人の先祖らしき人物が登場します。
この方も女性がらみ。やはり血は争えないものですね。

「 み薦(こも)刈る 信濃の真弓 我が引かば

     貴人(うまひと)さびて いなと言はむかも 」 
                            巻2―96 久米禅師


(もし私が信濃産の弓の弦(つる)を引くように、あなたの手を取って引き寄せたら、
 あなたは高貴な淑女のごとく 「まぁ、いやらしい! いやねぇ。」と
 おっしゃるでしょうか? )

「み薦刈る」は信濃の枕詞。
「薦(こも)」は沼地に生える草の一種で信濃に多く繁茂していたようです。

この歌の詞書に
「法師が石川郎女という女性と結婚した時にお互いに交わした歌」とあります。

「弓引く」には「寝ませんか?」という意味が込められており、
「貴人ならぬ貴女ゆえ、まさか、いやとはおっしゃるまいでしょうね」と、
いささか強引なお誘いです。

女はこの言葉を結婚の申込みと感じ、歓喜したことでしょう。
だが、一度はもったいをつけるというのが当時の嗜み。

そこで、「弓を引く(寝る)気もないのに弦を張る(寝よう)という人は
おりませんでしょうけど、心配なことがあるのですよ」といい、

「 梓弓 引かばまにまに 寄らめども

      後の心を 知りかてぬかも 」   巻2-98 石川郎女


( 梓弓を引くように本気で手を引張ってくださったら、
お誘いのままに寄り従いましょうが、行く末のあなたの心が分りかねるのです )

嬉しいけど本気? 後々心変わりしない?と男に尋ねます。

「 梓弓 弦緒(つらを)取りはけ 引く人は
         後の心を 知る人ぞ引く 」   巻2-99 久米禅師


( 梓弓に弦を取り付けて引く人とは、これからの先々の事を十分弁えている
人のことをいうのですよ。
ご安心なさい。心変わりなどするものですか!
さぁ。これで納得でしょう。 抱いていいですね。- - 合体???)

記紀によると、久米氏は神武天皇に従って遠征し、歌舞、久米歌で軍隊の士気を
鼓舞した名門とされています。
歴代天皇の遊宴でも用いられ、現在も宮内庁楽師にその歌舞が伝えられているそうです。

石川郎女も、のちの藤原朝で複数の男性と多彩な戯歌をかわしたなまめかしい
風姿を連想させる女性(伊藤博)で、お互いにお似合いのカップルだったことでしょう。

さて、舞台は平安時代に移ります。

その昔、大和の石上(いそのかみ)神社に参詣した小野小町は
そこに僧、遍照がいる事を知り「心みむ」と戯れの歌を云い遣りました。

「 岩(いは)の上に 旅寝をすれば いと寒し

        苔の衣を 我にかさなむ 」    小野小町  後撰集


( 石上(いそのかみ)ならぬ岩の上に旅寝をすれば肌寒くてなりません。
 あなたの苔の衣を貸して下さいな )

石上:奈良県天理市の石上神社 「岩のうえに」と「石上」に掛けた洒落
苔の衣:僧衣 苔は石(いわ)に生えるものとした洒落

それに対して打てば響くような遍照の返事です。

「 世をそむく 苔の衣はただ一重

     かさねばうとし いざふたり寝む 」 遍照 後撰集


( 残念ながら、法衣はたった一重しかないので、お貸しすると
  私めの寒さを凌ぐことが出来ません。
 かといって貸さないと冷淡だといわれましょう。
 ならば、二人で肌を寄せて寝ましょうよ )

「かさねばうとし」: 「貸さねば疎し」

『 小町の「心みむ」とは遍照の道心を試したというのではなく、
出家後も風流心を失っていないかと戯れに共寝を誘って試したということで
小町にとっても得心のゆく遍照の返しだったに違いない。

これをもって二人の間に何かあったと思うのは間違いで六歌仙の一員として
互いに気の置けぬ友達であったのだろう 』 
               (白州正子 夢に生きる女 小野小町 )


歌仙同士の手練の贈答。大和物語などに説話化されているお話です。

「 遍照は 乙女になんの 用がある 」  (川柳 柳多留)

 この川柳は下記の「百人一首」を冷やかしたもの。

「 天つ風 雲の通ひ路 吹き閉(と)ぢよ
          をとめの姿 しばしとどめむ 」  僧正 遍照

ご参考:

小野小町:   生没年未詳 仁明朝(833~850)~文徳朝(850~858)
          のころ後宮に仕えていたといわれ、仁明天皇の更衣であったとも。

遍照:(816~890)
         桓武天皇の孫  良岺(よしみね)宗貞  号 花山僧正 
         寵遇をうけた仁明天皇崩御と同時に35歳で出家
         素性法師は在俗時にもうけた息子。
[PR]

by uqrx74fd | 2009-09-12 07:35 | 生活

万葉集その二百三十一(たわやめ)

「たわやめ」は 「弾力がありしなやかな」 という意味の 「撓(たわ)む」 に
「め」(女)がついたものとされています。

漢字では「手弱女」という「当て字」で書かれることが多いので、何となく
「弱々しい、なよなよとした女」という印象がありますが、古代では多様な意味を
持つ言葉でした。

 「 - - 膝折り伏して たわやめの 襲(おすひ)取りかけ 

        かくだにも 我れは祈(こ)ひなむ 君に逢はじかも」 
   
                  巻3-379 (長歌の一部)  大伴坂上郎女


(- 膝を折り曲げて神前にひれ伏し、たわやめである私は襲(おすひ)を肩に掛け、
  懸命にお祈りいたしましょう。

  このようにしてまでお願いしておりますのに、
  我が君にはお逢いできないものでしょうか )

詞書に「大伴坂上郎女 神を祭る歌」とあり、作者は
『 祭祀を統括すべき刀自(とじ、作者註;戸主) として祖神を招きよせ、
一族の繁栄を祈ったもので
「襲(おすひ)」とは、神を招きよせる為の祭祀用の浄衣」(伊藤博)
とされています。

この歌での「君」は祖神、「たわやめ」は神女を暗示しています。

「 ますらをも かく恋ひけるを たわやめの

     恋ふる心に たぐひあらめやも 」 

           巻4-582 大伴坂上大嬢(おほいらつめ)


( 剛毅な丈夫(もののふ)だって恋で悩むでしょう。
 まして、か弱い女の恋する苦しさは、とても殿方とは比較にならないほど
 苦しいものですわ )

作者から大伴家持への歌です。
当時二人は婚約中でしたが、家持は15歳で大嬢10歳。
いくらなんでも「10歳程度の少女に歌えるようなものではなく母、坂上郎女の代作か」
(伊藤博)ともされている一首です。

この歌の「たわやめ」の原文表記は「幼婦」となっており、「おさな妻」
を示唆しているものとされています。

母の代作に頼らなければならない相手に家持は物足りなさを感じたのでしょうか?
この歌を受け取った直後から、華々しい女性遍歴がはじまります。

「 逢はむ日の 形見にせよと たわや女の

       思ひ乱れて 縫へる衣ぞ 」 

巻15-3753 狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)


( 再び逢える日までの形見にして欲しいと、か弱い女の身であるこの私が
  あれやこれやと思い乱れながら縫った衣です。
  どうか私と思って身につけて下さい。)

740年中臣宅守という官人が勅勘の身となり越前の国府、武生に配流されました。
何の罪か定かではありませんが、政治事件による失脚とも。

宅守は女儒(下級女官)であった作者を娶ったばかりです。
新婚早々に遠く別れて住むことになった二人。
その情熱的な歌のやり取りは63首に及び万葉相聞の圧巻です。

一針一針ごとに、再開の日と旅の安全を祈りながらその想いを縫いこめた衣。
涙ながらに別れてゆく二人は、牽牛織姫の物語を髣髴させるようです。

ここでの「たわやめ」は時の権力の前では無力ながら、強い意思を持って
運命に立ち向かおうとする大和撫子のような女性を感じます。

「たわやめ」は「手弱女」のほかに「男女男」と書く「嬲」さらに、「女男女」の
「嫐」という当て字があり、どちらも「たわやめ」と訓むそうです。

然しながら「嬲」、「嫐」とも本来は「なぶる」と訓み、
「愚弄する、もてあそぶ、男が女にうるさくつきまとう」という意味の
会意文字とされています。

註.会意文字: 漢字を結合し、それらの意味を合わせて書き表す方法

余談ながら、「女女」と「女」が二つ付く字は「ぜん」と読み
「がやがややかましく言い争う、かしましい」、
「男男」は「せん」で「ふたご」という意味だそうです。

古代の言葉とはいえ不公平な扱いですね。

「 ますらをは 千よろずあれど手弱女の

       向脛(むかはぎ)にあへば なべて倒れつ 」  与謝野鉄幹

[PR]

by uqrx74fd | 2009-09-07 09:04 | 心象