<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その二百五十一(万葉の立山は剣岳か)

『 北アルプスの南の重鎮を穂高とすれば北の俊英は剣岳であろう。
 層々たる岩に鎧(よろ)われて、その豪宕(ごうとう)、峻烈、高邁の風格は
この両巨峰に相通じるものがある。

「万葉集」に載っている大伴家持の「立山(たちやま)の賦(ふ)並びに短歌」に
讃えられている立山(たちやま)は、今の立山ではなく剣岳であろうという見解を
私は持っている。
太刀(たち:剣)を立ちつらねたようなさまであるから「たちやま」と名づけられた。
家持の歌に和して大伴池主の作った歌の中の
「厳(こご)しかも巌(いわ)の神さび-」とかいう描写は剣岳以外には考えられない。』    
                 ( 深田久弥 日本百名山 剣岳2,998m)

「 朝日さし そがひに見ゆる   神(かむ)ながら み名に帯ばせる 
白雲の 千重(ちへ)に押し別け   天(あま)そそり 高き立山 
夏冬と 別(わ)くこともなく  白栲(しろたへ)に 雪は降り置きて 
いにしへゆ あり来にければ
  こごしかも 岩の神(かむ)さび   たまきはる 幾代経にけむ- - 」
                巻17-4003 (長歌の一部) 大伴池主

「 立山に 降り置ける雪の 常夏に
    消ずてわたるは 神(かむ)ながらとぞ 」 巻17-4004 同


( 朝日を受け、背をくっきりと見せて聳え、神の山という立派な御名を
もっておられる立山。
 白雲のいく重なりをも押し分けて天空に高くそそり立つこの山は、
冬夏といわず年中いつも真っ白に雪が降り積もって
長い間の年月を経てきたので
 険(けわ)しい岩石も神さびている
この神々しさはいったい幾代経てきたことであろうか- - )

( 立山に降り積もっている雪が夏でも消えないのは
 神の御心のままということなのだ  )

「そがひに見ゆる」: そがひは後ろ向きの意。
            東方の逆光の中にくっきりと浮き立つ山姿を背をみせているといった。
「み名に帯ばせる」:  立山に名に「太刀」を連想したゆえに帯ばせるとしたものか
「こごしかも」:  岩の険阻なさまを感動を込めていったもの

剣岳は日本アルプスの山々が登り尽くされる最後まで人を寄せ付けなかった霊峰で、
登ってはならない山とされていました。
明治40年当時、日本の登山は宗教による開山を目的としたもの以外はすべて
測量のためになされ、陸軍参謀本部陸地測量部の所轄でした。

ところが民間の山岳会が剣岳初登頂を試みようとしたのです。

『 「その山がなんの目的もない山岳会の人たちによって初登頂されたとなれば、
それこそ陸地測量部の恥でなくてなんであろうぞ。」
陸軍少将大久保徳明は最後の言葉を怒りをこめて言った。:(新田次郎 剣岳)』

かくして、陸地測量部に命をかけた登頂命令が下ります。
 命令を受けた測量官、柴崎芳太郎は周到な調査と用意を重ね、さらに優秀な案内人
宇治長次郎を得て、総勢4人で雪に覆われた急峻な岩ぶすまに果敢に挑みました。

「 彼は望遠鏡を出して覗いた。
それは鑢(やすり)で磨き上げられたような鋭い岩峰であった。
 立山連峰のどの山とも似ていなかった。
 剣岳だけが地質学的な成因を異にしたような山に思われた。
 浄土山も雄山も大汝(おおなんじ)山も別山もすべておだやかな表情をしていた。
 剣岳だけが一角で肩をいからし、近づく者を威嚇しているようであった。」
                                  (新田次郎  同より)

食料やテントなどの必需品のほか、100キロを越す測量機材を持ち、道なき道を
あえぎながら登るという苦闘の末、最後の難関の雪渓に取り付きます。
そして遂に1907年7月13日、測量部隊は人跡未踏と思われていた頂を極めました。

ところが、信じがたい光景に遭遇します。
頂上にはなんと! 修験者が使用していたと推定される槍の穂と錫杖(しゃくじょう)の
頭が置かれていたのです。
しかも錫杖はのちに唐時代の作と鑑定された古いものです。

いつ、誰がどのようにして登ったかは未だに不明とされていますが、兎も角大昔、
装備も何もない時代に宗教心に燃えた修験者が不退転の勇気と鋼のような意思を
もってこの山の頂上に到達していたのです。

その報告を受けた軍首脳は測量隊員に対して賞賛やねぎらいの言葉もなく、
「ご苦労であった」という一言のみ。
あとは何の沙汰もなく新聞発表も禁じたそうです。

「剣岳には登頂した。至上命令は果たしたのだ。
しかしその功績を上層部が認めて彼の測量官としての将来に光を当ててくれるか
どうかは、はなはだ疑問であった。
初登頂でなかったという理由で柴崎の業績は結果的には意味のないことであったと
考えているのかもしれない」 (新田次郎、同)

測量本来の目的よりも民間の登山家に先を越させまいと体面のみを重んじて
部下に命を懸けたさせた旧陸軍参謀本部の醜い体質を見るような思いがする一文です。

「昔は立山も剣も一様に立山と総称されていたのに違いない。
越中の平野から望むと立山は特にピラミッドにそびえた峰でもなければ左右に際立った
稜線をおろした姿でもなく、つまり一個の独立した山というより波濤(はとう)のように
連なったやまという感じである。
ことに富山あたりからではその前方に大日岳が大きく立ちはだかっていて
立山はその裏に頭を出しているだけなので、山に詳しい人でなければ立山を的確に
指摘することはできまい。」       
( 深田久弥 日本百名山 立山より )

「 六十七歳の 老のよろこびを 誰に告げむ
          剣岳の上に けふ岩を踏む 」    松村英一

[PR]

by uqrx74fd | 2010-01-24 10:21 | 自然

万葉集その二百五十(橘 曙覧:たちばなのあけみ)

「 たのしみは 朝おきいでて 昨日まで
   なかりし花の 咲ける見るとき 」  橘 曙覧


平成6年、天皇皇后両陛下が訪米された折、クリントン大統領はこの歌を歓迎式辞の
中で引用し、両国の新たなる親善によって「昨日までなかりし花」を築いてゆこうと
いう趣旨の挨拶をされました。
スピーチが終わるや否や「橘 曙覧? who ?」 の声が漏れ聞こえ、マスコミは大騒ぎ。
当時は日本人でさえ、その名を知る人は少なかったことでしょう。

橘 曙覧は幕末の1812年、現在の福井県の裕福な紙商人、正玄(しょうげん)家に生まれ
幼名を五三郎、のちに尚事(なおこと)と称しました。
父、五郎右衛門は奈良時代の左大臣橘諸兄の末裔で、その縁(ゆかり)により
正玄尚事(しょうげん なおこと)はのちに橘 曙覧と姓名を改めます。
曙覧(あけみ)とは橘の実が赤いという意味だそうです。

曙覧は父が早世したため、やむなく伯父と共に家業を継ぎましたが、商売に馴染めず、
28歳で異母弟に店を譲ります。
福井藩主、松平春嶽は早くから彼の才能を認め再三仕官を勧めましたが固辞し、
学問と歌の世界で生きることを選んで生涯清貧の生活を送りました。

「たのしみは 百日ひねれど 成らぬ歌の
     ふとおもしろく 出できぬるとき 」  橘 曙覧 

「 たのしみは 妻子(めこ)むつまじく うちつどひ
       頭ならべて 物をくふとき 」   同上


曙覧はこの歌のような生活を通じて、今まで伝統的和歌の世界では決して詠まれて
こなかった貧しさや、家族との団欒などを温かく詠い続け、さらに万葉集を深く学んで、
後世、万葉調歌人と言われるようになります。

橘 曙覧を世に知らしめたのは正岡子規です。
子規は雑誌「日本」や「歌よみに与ふる書」で
『 歌といえば、誰しも花や月などの風雅を詠うのに曙覧は自分の心を率直に歌い、
古今、新古今和歌集以来の昔から決まりきった旧弊のしきたりを一挙に打ち破って
新しい歌の世界を作り上げた源実朝以降のただ一人の歌人である。

その見識は高く、凡俗を超越し、万葉を学びながら万葉を脱し、歌人として彼を
賞賛するのに千万語をついやしても誉めすぎにはなるまい。
趣味を自然に求め、手段を写実に取った歌は前に万葉、後に橘 曙覧あるのみ』と
口を極めて称賛しています。

曙覧には万葉集を下敷きにした歌が多くあります。

「 寝よといふ 鐘はつくとも 一すずみ
    この小夜風に せではあられじ 」   橘曙覧


( 寝よという合図の鐘を寺でついていても、
  この爽やかな夜風では、ひと涼みをしないではいられないよ)

この歌は次の万葉歌を本歌取りしたものです。

「 皆人(みなひと)を 寝よとの鐘は 打つなれど
    君をし思へば 寝(い)ねかてぬかも」  笠郎女 万葉集 巻4-607(既出)


( もう亥の刻(午後十時)。皆さんお休みの時間ですよと、お寺では鐘を打っていますが、
 あなた様のことを想うと、眠ろうとしても益々目が冴えて眠れそうにもありませんわ)

註:「本歌取り」 先人の歌の語句を自身の歌に取り入れ、背後にある古歌(本歌)と
イメージを二重写しにして余情の効果を高める手法

「 春風に ころも吹かせて 玉しまや
      この川上に ひとり鮎つる )  橘 曙覧


本歌
「 松浦(まつら)なる 玉島川に 鮎釣ると
   立たせる子らが 家道(いえぢ)知らずも 」
                大伴旅人 万葉集 巻5-856 

( ここ松浦の玉島川で鮎を釣ろうと立っておられるお嬢さんの家へ行く道を知りたい!
  でも、教えていただけないのは残念なことです。)


曙覧の歌は福井県武生市付近を流れる吉野瀬川に出かけたときのものです。
吉野瀬川で魚を釣っている人を見て、かって大伴旅人が筑紫の玉島川で鮎釣る乙女の
輝くばかりの美しさを詠んだ歌にイメージを重ねたものと思われます。
万葉の頃、鮎の初釣りは女性に限られており、「春風に衣吹かせて」いた人も
また美しい女性であったことでしょう。 

「 赤裸(まはだか)の 男子(おのこ)むれゐて 鉱(あらがね)の
           まろがり砕く 鎚(つち)打ちふりて」   橘 曙覧


真っ裸の鉱夫たちが群がって鉱石の塊を鎚でうち砕いている情景で、
振り上げた鎚を握る筋肉が隆々と盛り上がっている様子さえ目の前に
見るような力強い表現です。

この歌は八首の連作からなり、鉱山から岩石を採って粉砕し、水中で選別したものを
火で溶かして銀を取り出し馬で運搬するまでの一連の作業を描写しています。

これまで労働を写生した歌は皆無でした。
この歌群は労働の苦しさではなく働く姿の美しさが見事に表現されている上、
平明な言葉で詠われており、近代和歌に極めて近いものと高い評価がなされております。

名を求めず、利欲にも走らず、ただひたすら歌を愛し、心のおもむくままに詠った曙覧。
貧しくともその中に楽しみを見出し、決して「苦しみは」とは詠わなかった清廉の歌人はまた、
真の友人を生涯大切した人でもありました。

「 たのしみは とぼしきままに 人集め
       酒飲め 物を食へといふとき 」 橘 曙覧

「たのしみは 心をおかぬ友どちと
         笑ひかたりて 腹をよるとき 」 橘 曙覧

[PR]

by uqrx74fd | 2010-01-17 19:50 | 生活

万葉集その二百四十九(氷魚:ひを)

氷魚とは鮎の稚魚で琵琶湖など特定の湖に棲むものをいいます。
通常の鮎は初春に海から川を遡上して、上流で川藻を食べながら体長21~30㎝位に
成長したのち、秋には川の下流で産卵し、その稚魚が海に戻りますが、琵琶湖に棲む鮎は
海に下らず生涯湖で暮らします。
その為、体長が6cm位にしかならないので特に子鮎とよばれ、その稚魚が
氷魚(ひを:ひうを)。  氷のように半透明のためその名があります。

氷魚は晩秋から冬になると、増水した湖水とともに瀬田川や宇治川へ大量に押し流され
人々は下流の近江の田上川(たながみがわ)や宇治で網代を用意して捕りました。
網代とは網の代用という意味で、竹や木などを編んで連ねた魚を獲る装置です。

なお、氷魚を他の川に放流すると一般の鮎と同じ大きさに成長するそうです。

奈良時代、朝廷文化が華やかなりし頃、宴席で舎人親王(天武天皇の子)が

「 おおーい 皆のもの! 歌を詠め。
上手く詠んだものには賞金10万円と景品をつかわす。 但し、条件がある。 
「 意味が全く分らない面白歌を作ること。意味が分かる歌は失格 」
と呼びかけました。

早速、「ハアーイ! 出来ました 出来ました」という声

 「 わが背子が  犢鼻(たふさき)にする 円石(つぶれいし)の
    吉野の山に 氷魚ぞ 懸有(さがれる) 」 
          巻16-3839 安部朝臣子祖父( あへのあそみ こおほじ)


( 亭主が褌にしている丸石 その丸石の吉野の山に
 氷魚がぶら下がっているわい )

犢鼻(たふさき):犢鼻褌の略でいわゆる三尺ふんどし 
円石(つぶれいし) :角の取れた丸い小石

親王いわく「 さっぱり意味が分らんが面白い歌だのう。しかもよく考えて作っている。
よし、合格!褒美をとらす 」 一同どっと拍手。

この歌の面白味はどこにあるのでしょうか?
東 光治氏は次のように解説されています。 ( 万葉動物考 ) 

『 非常に矛盾したことを幾重にも繰り返している点重視すべきである。
  ①  犢鼻(たふさき) と 円石(つぶれいし)
     「 平たくて薄いふんどし」を「重くて丸い石」といい、
  ②  「大きい吉野山」を「小さな丸い石」と言っている。さらに
  ③  「川の氷魚」が「山にぶらさがっている」 おり、しかも
   琵琶湖にしかいない魚が吉野にいる。
   これがあるがためこの歌は一層価値付けられる。奇想の連発。

と極めて好意的なのです。
また、他の専門家も一様に高(好?)評価を与えておられます。

◎ 正岡子規
「理屈に合わぬ無茶苦茶なことをわざと詠んだ。
馬鹿げたことだが、その馬鹿さ加減が面白い」  

◎ 土居文明
「日本文学で滑稽というものは、なかなかうまく発達しなかったように
見えるが、とにかくここに、その一つをみることができる 」

◎ 大岡 信
「この歌のナンセンスぶりは相当なもの。だが、細心の準備はしてあるらしい。
わけの分らない歌だが要所要所はいかにも歌らしい調子を持たせ、全体としては
短歌形式をきちんと踏んでいて訳が分らないままに何となく納得させらてしまう」

◎ 伊藤博
「女と男のむやむやとした叫びとだけ分るように布石し、女と男の関係が
何かきわどいものが感じられないわけではないというところに
くだけて酒などを飲む男たちを満足させる面があったと思う 。
なかなかしたたかな歌 」と粋な解説。

万葉集巻十六にはこのような風変わりな面白い歌が数多く集められています。
中には理解し難いものもありますが、1300年前に「言葉遊び」というものが
既にあり、それがのちの俳諧や川柳などに繋がっていると考えると、この歌も
大いに意義があるのでしょう。

「 月清み 瀬々の網代に寄る氷魚は
     玉藻にさゆる氷なりけり 」 源 経信(つねのぶ)  金葉集


( 川に仕掛けた網代を冬の月がてらしている。
 きらりと光りながら氷魚が寄ってきたと思いきや、それは川藻に冴え々々と
 光っている氷であったことよ )

半透明の氷魚、清らかな川の流れに浮かぶ藻、そして藻に付着した氷。
それぞれが月の光に照らされてきらきら光っている。
月までも冴え冴えとして・・・・。  美しくも幻想的な一首です。

「 あられせば 網代の氷魚を 煮て出さん 」 芭蕉 

(  霰が降りそうなこの寒い日によく訪ねて来てくれた。
   さぁさぁ、網代で獲った氷魚を煮てご馳走いたしましょう) 

元禄8年、奥の細道の旅を終えた芭蕉は大津、膳所(ぜぜ)の義仲寺の草庵で
越年しました。
その折、弟子たちが訪れ大いに喜んだ芭蕉の一句です。
[PR]

by uqrx74fd | 2010-01-10 17:53 | 動物

万葉集その二百四十八(松と門松)


「 かくて 明け行く空のけしき 昨日に変わりたりとは見えねど
  引き替へ めずらしき心ちぞする。
  大路のさま 松立てわたして 花やかにうれしげなるこそ 又あはれなれ」
                               (徒然草:十九段)

( あわただしかった大晦日、
明けゆく空の景色は昨日とは変わっていないはずなのに、
さすが京の都の新年。
門松が立てつらなり、華やかにうれしげであることよ )

古代の人達は松や杉など常緑の木に神々が降臨すると信じていました。
「門松」は新年に神様に来ていただくための目印で、「松の内」は
「 もろもろの 神も遊ばん 松の内  (露月) 」とあるように
新しい生命力を寿ぎ、神様と共に大いに飲み食いする期間とされています。
(元旦から15日まで、現在では7日までのところが多い)

門松を立てる習慣は、平安から鎌倉時代にかけてとされていますが、万葉人も常緑の
古色蒼然とした松に不変の生命力と威厳を感じ、神の憑代(よりしろ:神が留まる)として
畏敬の念を抱いておりました。

「 茂岡に 神(かむ)さび立ちて 栄えたる
    千代松の木の 年の知らなく 」
                  巻6-990 紀 鹿人 (きのかひと)


( ここ茂岡(奈良県桜井市)に、立派な松が神々しく立ち茂っております。
  この木は一千年もの年を経た木なのでしょうか?
  私には想像もつかないような長い歳月です。)

大伴坂上郎女の実弟、大伴稲公(いねきみ)宅で催された宴席での歌で、
邸宅の立派な松を誉めると共に主人の繁栄を讃えています。

「茂る(茂岡)、神さび、栄え、千代松、無限(年の知らなく)」と、
これ以上めでたい言葉を取り揃えることができないと思われるような祝い歌です。


   「常磐なる 松の緑も春来れば
       いまひとしほの色まさりけり 」 古今和歌集  源 むねゆき


( 永久不変の松の緑でも春が来ると 一段と鮮やかな色に見えることだなぁ。
  まるで染液に今一度浸したような美しさであることよ。 )

いつもと変わらないはずの松の緑も、新年を迎えて何となく華やかに見える。
それは作者の春を迎える喜びの心でもありましょう。

    
『 東京では門松が取払われたこのごろだが、銀座あたりを通ると
職人が門松をはずしたあとの穴に、門松のてっぺんだけチョンと切ったのを
さしているのを見かける。
あれは古くはトブサ(鳥総)といって神様と別れを惜しんで、松の先だけは
そこに残しておくという一つのおまじないらしい。

一体古い習慣というものは地方にゆくほどそのまま保存され、
都会では姿を消していってしまうのが定石とされているのに、
地方ではあまりみられなくなったトブサに限って、東京の真ん中に
残っているというのもおもしろいではないか 』
           ( 金田一春彦 ことばの歳時記より要約 新潮文庫 )

「 新年春来れば 門に松こそ立てりけれ
      松は祝ひのものなれば 君が命ぞ長からむ 」 
                               ( 梁塵秘抄 )

[PR]

by uqrx74fd | 2010-01-04 15:13 | 植物