<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

万葉集その二百六十(佐保路、佐保姫)

『 天平時代の建物だという転害門(てがいもん)から、まず歩き出して法蓮という
ちよっと古めかしい部落を過ぎ、僕は、さもいい気持そうに佐保路に向かい出した。

此処、佐保山のほとりはその昔、-ざっと千年もまえには大伴氏などが多く屋敷を
構え、柳の並木なども植えられて、その下を往来するハイカラな貴公子たちに
心ちのいい樹蔭(こかげ)をつくっていたこともあったそうだけれども、
- いまは見わたすかぎり茫々とした田圃で、その中を真っ白い道が
一直線に突っ切っているきり。 』  
                             ( 堀 辰雄 大和路信濃路 新潮文庫 )

「朝刈りの 草芳(かぐは)しき 佐保路かな 」 東 妙子

佐保路は東大寺、転害門(てがいもん)から西の法華寺に至る大路です。
昔はその路を左右にして、北には佐保山とそれに連なるなだらかな丘陵地、
南へは佐保川が清らかに流れていました。

山野には四季とりどりの花が咲き乱れ、川には千鳥や河鹿が棲む景勝の地で
万葉人はこの界隈を佐保の内とよんで、長屋王や大伴、藤原氏などの貴族が
大邸宅を構えて舟遊びなどを楽しんでいたことが次の歌からも伺われます。

     「佐保山の 清き川原(かはら)に 鳴く千鳥
           かはづと二つ 忘れかねつも 」 
            巻7-1123 作者未詳 (その21河鹿 既出)


今の佐保川の堤には桜が植えられていますが、万葉の昔は川原の青柳が風にそよぎ、
平城京につながる一条南大路には、柳の街路樹が立ち並ぶ心地よい散策地でした。

   「 我が背子が 見らむ佐保路の青柳を
        手折りてだにも 見むよしもがも 」
                  大伴坂上郎女 巻8-1432


( あの方がいつもご覧になっているに違いない佐保路の青柳。
その青柳をせめて一枝なりとも手折りたいのに- -。 残念ですわ)

作者は都から離れた田舎で田畑の世話をしていたようです。
柳は生命力が強いので手折って髪に挿して長命を願ったり、魔よけにしていました。


「 佐保山に たなびく霞 見るごとに
   妹を思ひ出(い)で 泣かぬ日はなし 」 巻3-473 大伴家持


( 佐保山にたなびいている霞、 その霞を見るごとにあの子を思い出し、
悲しみの涙がこみ上げてくる日々です。 ) 

作者15~16歳の頃、女児までなした最愛の妾を亡くしました。
悲嘆にくれた家持は、初恋の人に対する切々たる想いを十二首、弟の書持(ふみもち)も
それに和して一首詠います。
在りし日の思い出の数々、残された幼子のことなど。

たなびく霞に亡き人の面影を連想しているのでしょうか?
あるいは火葬されたときの煙を思い出しているのでしょうか。
それは「家持のみずから奏でる青春のレクイエムであった」
( 青木生子 日本文学の美と心 おうふう) ようです。

妾:「 当時の社会で公認されていた妻の一人。但し正妻ではない」)

「 千鳥鳴く 佐保の川門(かはと)の清き瀬を
      馬打ち渡し いつか通はむ 」 巻4-715 大伴家持


( 千鳥が鳴く佐保川の清らかなせせらぎ。
  その渡り場から、馬を急がせてあなたのところへ早く行きたいのですが、
でもその日が来るのはいつのことか)

「早く逢いたいが、よんどころない事情で今は会えない」と詠う相手は
婚約者、大伴坂上大嬢(おおいらつめ) と思われますが、当時、家持は多くの
女性との交遊に忙しかったようです。

「川門」:両岸が狭くなっている渡り場。

     「 春の初めの歌枕 霞たなびく吉野山 
     鶯 佐保姫 翁草 花を見捨てて帰る雁」( 梁塵秘抄 )


古代、春は東の方角から来るものとされていました。(五行説)
奈良の東側にたたずむ佐保山の神は春の女神とされ、平安時代に佐保姫と
よばれるようになります。

美しい響きをもつ「佐保姫」という言葉が初めて歌われたのは次の歌です。

「 佐保姫の 糸そめかくる青柳を
       吹きな 乱りそ春の山風 」     源 兼盛
 

( 山風さんよ、佐保姫が美しく織りなした青柳を吹き散らすなよ!) 

「 法華寺の里に玉苗余りけり」  大屋達治

『 久しぶりに奈良の法華寺におまいりした。
この寺の門から、尼僧達のお住居へ通じる道が私は好きである。

道といっても、白い砂利を敷きつめた上に、四角の切石を並べてあるだけで、
いかにも門跡寺院らしい気品と優しさにあふれている。- -

まぶしいばかりの白一色の庭と、遠くにかすむ佐保山の緑、それを背景に紫の衣を
召した門跡さんが立たれたとき、目ざめるように見えたことを思い出す。
昔の人々はそういう色彩の調和まで考えて造ったのであろう 』

( 白州正子 十一面観音巡礼 新潮社 )

そして、お堂には光明皇后をモデルにしたと伝えられる豊満な表情の十一面観音様。
 
「 佐保姫の もてなしあつし 独り旅」 正岡子規

  春の色とりどりの野山は佐保姫の厚いもてなし。
  冬枯れの野山が、梅や桜に彩られ、やがて新緑に染まってゆきます。

ご参考:「佐保路ガイド」

「佐保路」: 東大寺の転害門から西の法華寺に至る大路 
        佐保山の麓 佐保川の北岸に沿う。
        平城京の南一条門の大路で多門城址や多くの寺がある
「佐保川」: 春日山東方の石切峠に発し、奈良市北部を西南に流れ大和郡山市
        額田部の南で初瀬川と合流して大和川となる。
        全長19km 古くからの歌枕
「海龍王寺」: 光明皇后の本願で創建、唐から帰った玄昉(げんぼう)が住したという
「法華寺」:  光明皇后が父不比等の旧宅を寺としたもので大和国の総国分尼寺となり
         尼僧の修法道場として栄えた
「興福院(こんぶいん)」 : 閑静そのものの瀟洒な尼寺 
「不退寺」:  在原業平が平城天皇の萱(かや)の御所に自作の観音象を安置し
         精舎としたのが始まりで業平寺ともいわれる
「佐保陵(さほのみささぎ)」:
         法蓮の西一条南大路と佐保川とが交叉するところから
         すぐ北に、うしろに佐保の丘陵を負って聖武天皇と
         光明皇后との御陵(墓)がある。
         天平文化の最盛期をつくりだした信心あつい天皇と皇后、
         東の方角にその象徴である大仏殿の甍が聳え立つ。
[PR]

by uqrx74fd | 2010-03-28 20:03 | 万葉の旅

万葉集その二百五十九(時は今・春)

   『 時は春、  
   日は朝(あした)、
   朝は七時、
   片岡に露みちて、
   揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
   蝸牛(かたつむり)枝に這ひ、
   神、そらに知ろしめす。
   すべて世は事も無し。 』  

 
「 ロバート・ブラウニング 春の朝(あした)より: 上田敏訳」

『 私たちの中学時代の英語のリーダーには、この原詩が掲げられていて
  愛誦したものである。
  神の創りだした秩序を賛美し祝福している詩であろう。
  感情の高まりを抑えた静かな詩だが、春のよろこびはおのずから現れている。』

        ( 山本健吉 ことばの季節より : 文芸春秋社 )

 「 時は今 春になりぬと み雪降る
      遠山の辺(へ)に 霞たなびく 」 
         巻8-1439 中臣 武良自(むらじ)


( ようやく春になったのだなぁ。 
  いまだに雪が降り積もっている遠くの山のあたりにも
  霞がたなびいているよ。)
 
「春は霞と共にやって来る」と考えていた古(いにしえ)の人々。
「時は今」という言葉に待ちに待ったに春到来の喜びがあふれているようです。

   「 春なれや 名もなき山の 朝がすみ 」 芭蕉

  芭蕉大和路での詠。
  万葉の春の代表的な風物、霞は平安さらに江戸時代にまで受け継がれました。
  山の辺の道の途中に「たたなずく青垣」と詠われた山並みが一望できる
  小高い丘があります。
  早春の朝、その丘から眺める大和三山、三輪、二上山をはじめ、四方の山々は
  すべて霞にぼやけ、さながら水墨画のような世界です。芭蕉が見た大和は

   「春はあけぼの、やうやう白くなりゆく山際少し明りて
     紫たちたる雲の細くたなびきたる 」 (枕草子 第一段) 


    のような風景だったのでしょうか 。

「 ならさか の いし の ほとけ の おとがひ に
   こさめ ながるる はる は き に けり 」  会津八一


奈良坂は奈良市の北にあり、木津、京都にいたる道。
石仏のおとがい(下あご)に春雨がしたたっており、
その細い雨足に春到来を感じとった一首です。

  「 青柳の 糸の細(くは)しさ 春風に
       乱れぬ い間(ま)に 見せむ子もがも 」 
              巻10-1851 作者未詳


( 青々と芽ぶいている柳の枝はまるで糸のよう。
  春風にゆらゆら揺れて、美しいなぁ。
  見せてあげる誰かさんがいればよいのに・・・)

万葉集唯一の「春風」という言葉です。
しだれ柳の瑞々しく、しなやかな新芽。
春風に吹かれて簾(すだれ)のようにそよぐ柳。
軽やかなウキウキとした気分を誘う歌です。

歌中の「い間」の「い」は接頭語で「風で枝の美しさが損なわれない間に」と
いった意味でしょうか。

「 春の野に 心延(の)べむと 思ふどち
    来(こ)し今日(けふ)の日は 暮れずもあらぬか 」
                   巻10-1882 作者未詳


( 親しい仲間同士で、伸び伸び一日過ごそうと春の野にやってきました。
 今日は何時までも日が暮れないで欲しいものだなぁ )

心を許したもの同士の会話は何時まで経っても尽きることがありません。
時よ止まれ!
 
「 沈丁花 春の月夜と なりにけり 」 高浜虚子
[PR]

by uqrx74fd | 2010-03-21 20:42 | 自然

万葉集その二百五十八(鶚:みさご)

「 みさご飛ぶ 潮ひびかせて 立つ巌 」 上村占魚

鶚(みさご)は大きな魚を主食としているところから「空飛ぶ漁師」とよばれています。
タカ目タカ科の鳥で精悍な顔立ちをしており、頭部と腹側が白で背中は暗褐色。
翼を広げると1.7mにもなり、優雅な姿で飛翔していますが獲物を見つけるや否や
その行動は驚くほどに敏捷です。

万葉集で詠われているミサゴは6首あり、すべて恋歌の序詞に使われています。
夫婦仲が良いので古代の人たちにとっては身近な存在だったのでしょう。

 「 みさごは 関々と鳴きて 河の州にあり
      みめよき女は 君子のよきつれあひ 」    
               (井伏鱒二詩集 みさご)

                             註・ 関々として:のどかに 
ミサゴの雌鳥は「貞淑な婦人」。
その心は「常に連れそって遊ぶが、雌は隔たって相狎(あいなれ)ず」だそうです。

   「 みさご居る 沖つ荒磯(ありそ)に 寄する波
          ゆくへも知らず 我(あ)が恋ふらくは 」  
                        巻11-2739 作者未詳


( みさごが棲んでいる沖の荒磯に寄せる波は、行方定めぬ旅枕。
 私の恋もこの波と同じでどこへ漂ってゆくのやら。)

荒涼たる磯を眺めながら自らの恋の行方に心細さと不安を感じている作者。
寄せる波、返す波の真っ只中に漂っている気分がよく出ている一首です。

   「 みさご居る 州に居る舟の 漕ぎ出(で)なば
         うら恋(ごひ)しけむ 後(のち)は相寝(あひぬ)とも 」
                       巻12-3203 作者未詳


( みさごが棲んでいる州に舟が停泊していますが、やがて漕ぎ出てゆくことでしょう。
 貴方さまも、やがて出航されることを想像すると、なんとも切ない思いです。
 いずれまた、床を共にするようなことがありましょうが- - )

共寝しながら女が男にささやいている情景が想像されるような一首です。
女は遊女かもしれません。旅の男の一夜の契りなのでしょうか。
「港で歌われた民謡の一つ(土屋文明)」とも。

「うら恋しけむ」:何となく恋しかろうの意で「うら」は「心」

さて、「空飛ぶ漁師」ミサゴ漁法の観察です。

まずは、巣から20㎞の範囲内を飛翔しながら魚群を探します。
ミサゴの眼力は人間の5倍。海面50m上空から偵察するので魚は全く気付きません。
魚の群れを見つけると、その上で滞空(ホバリング)しながら狙いをつけます。
狙いが定まるや、たちまちロックオン。そのまま時速60㎞の速度で急降下。
足は顔の真ん中の位置にくる前傾姿勢のまま水中に進入し、あっという間に
魚を捕まえます。その間何と100分の5秒だそうです。

驚くべきことに、足指の外側が自在に反転できるのです。
その上、爪が大きく、掴む力も強いので大きな魚を獲ることが可能です。
ただし、悪天候の日は海中が濁って見えないので港や川の小さな魚で我慢?します。

ミサゴは海岸の岩の上に枯れ枝を積んで皿型の巣を作り、獲った魚は巣に運んで
岩陰に貯えておきますが、その間塩水をかぶり「なれ寿司」のようになるそうです。

これがなかなか美味いらしく、漁師や好事家が掠めとって賞味をしているようですが、
うっかり下からではなく上から取るとたちまち気付き、その後は魚を運ぶのをやめて
巣を他に移します。

この保存食が「握りずし」の始まりという説がありますが、どうやらこれは作り話。
ただし「みさご寿司」という屋号の寿司屋が多いのはこれに因んだものと
いわれております。

  「磯山や さくらのかげの 美さご鮓 」 暁台
[PR]

by uqrx74fd | 2010-03-14 20:45 | 動物

万葉集その二百五十七(天平のマリリン・モンロー)

天平時代の歌人、高橋虫麻呂は朝廷の上司である藤原宇合(うまかい)に随行して
常陸国をはじめ東国を巡り、各地の色々な伝説を詠んでいます。

その中に驚く無かれ、風俗物語、しかも主役の女性はマリリン・モンローを
髣髴させるような肉感豊かな美女を登場させているのです。
その娘の名は珠名(たまな)、まずは歌、続いて意訳文をお読み下さい。

 ( 枕詞は〔括弧〕でくくっていますので読み飛ばし下さい。
   意訳は歌と行を合わせています)

『 〔しなが鳥〕安房に継ぎたる  
  〔梓弓〕 周淮(すゑ)の珠名(たまな)は
  胸別(むなわ)けの 広き我妹(わぎも) 

  腰細(こしぼそ)の  すがる娘子(をとめ)の   (※すがる:ジガ蜂)
  その姿(かほ)の  瑞正(きらきら)しきに
  花のごと 笑みて立てれば
  〔玉鉾の〕道ゆく人は
  おのが行く 道は行(ゆ)かずて
  召(よ)ばなくに  門(かど)に至りぬ

  〔さし並ぶ〕 隣の君は
   あらかじめ  己妻(おのづま) 離(か)れて
   乞はなくに 鍵さへ奉(まつ)る

   人皆の かく惑(まと)へれば 
   容艶(うちしな)ひ  寄りてぞ妹は
   たはれてありける 」          巻9-1738 高橋虫麻呂

「 かな門(と)にし 人の来立(きた)てば  夜中にも
         身はたな知らず 出(い)でてそ 逢ひける 」
                巻9-1739  同

(意訳文)

「 安房の国の隣の土地、上総の周淮(すえ:木更津市)というところに
  珠名(たまな)という名の娘がいました。

  その子のバストは豊満で、
  腰は蜂のようにきゅっとくびれています。

  おまけに容姿は輝くばかりに美しく
  花さながらの微笑を浮かべて立っているので
  道行く男たちはついつい振り返り
  方向転換して
  娘の家の門口まで勝手についてきてしまう始末です。

  さらに大変なのは隣のご主人
  糟糠の妻を前もって離別し
  珠名が頼みもしていないのに、家や蔵の鍵まで差し出してしまいました。

  男という男はみんなこのように娘の色香に惑わされているので
  珠名は益々いい気になってしなを作り、
  男たちにしなだれかかって淫欲のかぎりをつくしているのです。( 巻9-1738 )

  男が家の門にきて珠名を呼ぶと、夜中であろうと夢中になって
  なりふりかまわずに出ていっては男と会っていることです。 ( 巻9-1739 )


性的魅力十分な美女がウインクをするように微笑む。
吸い寄せられるように靡く男たち。
宝の詰まった蔵の鍵を差し出す男。
夜な夜な誘われ、嬉々として家を飛び出す娘。
まるで絵巻物を見るような生々しい描写です。

専門家の方々はこの歌をどのように受け取っておられるのでしょうか?
以下は要約の列記です。(敬称略)

伊藤博: 「躰の魅力を売り物にする極めて特異な女性像を描く。
      類のない東国の女性を人々に紹介する虫麻呂の得意満面の
      表情が見えてくるような歌」

犬養孝: 「まさに、この女性は悪女。
       頽廃の美の極致、人間の弱さを描いている」

中西進: 「美貌と豊満な肉体をもつ女の悲しさ、それによって誤またれる
       男と女の愚かしさ、人間の性(さが)がこの歌の主題である」

北山茂夫: 「女人をひたむきに好色風に描いた。
        ロマンティックな色合いさえある。
       都の歌の愛好家は彼の作品からローカル的な新鮮さを満喫して
       喜びを深くしたと思われる」

久松潜一: 「現実にありそうな女性。
        自己判断によって行動することができない弱い女の陥って行く運命。
       歌の感じから裕福な家の娘であるように思える。」

武田祐吉: 「新鮮な叙述。娼婦型の一娘子を取り扱ったもので、当時の世相の
        一面を描いている珍しい作品。文学作品の形を与えた 」

大岡 信: 「生々(せいせい)として淫奔な美女ぶりをうたった詩は、
        日本の詩歌の歴史において、もちろん画期的なものであり、
        その後もまず類例をみない。
        万葉集最盛期の長歌は厳かで人間離れしているところがあり
        詩歌は神と人間の中間にあった。
        ところが天平時代になると歌は人間的になり、生活感覚が
        匂いたってくるところがある。」

清川 妙 「描写は華やかで官能的。鮮度は抜群。モダンな悪女タイプ。
       “胸別けの広き我妹 腰細のすがる娘子”この描写は私の目を疑わせた。
        万葉集にこんないきいきした現代感覚の描写があるのか。
        このことばは今だって立派に通用するではないか。
        私は感激した。 」

このような歌が1300年前に詠まれ、残されているとは!
まさに万葉集は我国文学の宝庫です。
  
 「 早乙女を みてのめりこむ 村の久米 」

    「田植にうちこむ乙女のヒップの躍動振りをみて、村の久米仙が
     泥田の中へのめりこむ、
     世に久米仙の種はつきまじ - -」 
                        ( 興津 要 :微笑酔談 ペップ出版社 )
[PR]

by uqrx74fd | 2010-03-07 20:22 | 生活

万葉集その二百五十六(ふふむ)

    「 来て見れば 雪消(ゆきげ)の川べの しろがねの
            柳(やなぎ)ふふめり 蕗の薹(ふきのとう)も咲けり 」   斉藤茂吉


「ふふむ」とは元々口に何かを入れ、その口が膨らんだ様子をさす言葉
だったそうです。
転じて、「内にじっと秘めている」という意となり、花や若葉がまだ開かないで
蕾(つぼ)んでいる状態、成熟していない年頃の女性、あるいは処女をさすとき
などに使われています。

      「 我が背子が 古き垣内(かきつ)の 桜花
       いまだふふめり 一目見に来ね 」  巻18-4077 大伴家持


( 懐かしいあなたさまが、昔住んでいた屋敷の桜の花はまだ蕾のままです。
  まもなく咲く頃でしょう。 どうか一目見にお出でなさいませ )

749年、越中国守の作者のもとにかっての部下であり、歌友でもある大伴池主から
「 近くの越前加賀国まで公用で参りましたが残念ながら越中には立ち寄れません。
桜の花が満開だというのに貴方様が居られないので寂しくて仕方がありません」
との書簡と歌が届けられました。
そこで家持は、恋人のやり取りのような女仕立ての歌を返し、懐かしさと、
会えない寂しさが入り混じった切なる気持を伝えたものです。

     「 妹が手を 取りて引き攀(よ)ぢ ふさ手折(たを)り
           我がかざすべく 花咲けるかも 」 
                       巻9-1683 柿本人麻呂歌集


( あの子の手をとって引き寄せるように、たくさんの花を手元に引き寄せて、
  手折り、鬘(かずら)にしてかざす。 
  そんなお誂え向きの花が咲き誇っていることだなぁ )

その昔、舎人皇子(とねりのみこ:天武天皇の子)の邸宅で酒宴があり、作者は
酒趣を盛り上げるつもりで男女の恋の駆け引きの二首を献じました。
この歌は「どんな女も俺様に靡いてくるぞ。お前も俺と一夜どうだ」と傍らの女性に
自慢し、誘った男の一首。
女は答えます。
    「 春山は 散り過ぎぬとも 三輪山は
         いまだふふめり 君待ちかてに 」
                巻9-1684 柿本人麻呂歌集


( 春の山々の桜は散ってしまいましたが、三輪山の桜はまだ蕾のままです。 
  ただひたすら貴方様のお出でをお待ちしているのでしょうね。 )

「春山」はすでに靡いて関係をもった女性を暗示し、
「三輪山」は立ち入り禁止の神山、男がまだ触れていない女性を譬えています。
口説かれた女は
「 あら、あちらの三輪山さんは巫女のように、まだ“うぶ”でいらっしゃいますね。
  あなたさまに相応しいのは三輪山さんでしょう。
 私は貴方に似合いの女ではありませんわ。
 どうぞあちらさんを口説いて下さいな」  とやり返したものと思われます。

    「応仁の 乱のさなかの 三月の
    桜のつぼみ みたいだ あなた 」   坪内稔典(としのり)


( 京の都が焼け野原になった応仁の乱。
 その戦乱の最中にもきっと桜の蕾はふくらんでいた。
 その桜みたいなあなた )

『 五つの「の」を乗り継いで荒れ果てた都の花の蕾にたどり着き、
  そこから一気に春風になぶられる少女の可憐な姿に転じる
 現代歌人によるの恋の短歌 』
               ( 長谷川 櫂 :四季のうた 中公新書)

3月に入り、桜の開花が待たれる今日この頃です。
佐野藤右衛門氏 (16代目植藤造園主。桜守) によると
「 今年咲く花の花芽は前年の盆ごろにできている。
  前の夏の気候の影響が大きく、暑い年は早目に葉を落としてエネルギーを蓄える。
  冬の間の蕾は固いが、二月頃から徐々に変化し、少し暖かいとポッと膨らんで
  次第に尖っていた先が丸くなったときは、ものすごい力を溜め込んでいる。
  そしていよいよ膨らみ、次にパカっと口を開く。
  それを“桜の笑いかけ”という」 そうです。
                ( 「桜のいのち、庭のこころ」要約 草思社)

「 梢梢(こずえこずえ) うすくれなゐを漲(みなぎ)らせ
      咲かむとしつつ 花いまだ咲かず 」   尾上柴舟

[PR]

by uqrx74fd | 2010-03-01 12:11 | 心象