<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その二百八十六(天皇のよばひ)

b0162728_19572165.jpg

             ( こもりくの初瀬  長谷寺からの眺望 筆者 )

「よばひ」は「夜這い」すなわち「夜、恋人のもとへ忍んで行く」あるいは
「寝とりたい相手の寝所へ忍び入る」という良からぬ連想をさせる言葉として
用いられています。
しかしながら、その原義は「相手を呼び続ける」という意の「呼ばふ」が「呼ばひ」に
変化したものです。
万葉仮名では「よばひ」に「結婚」という字が当てられている例があり、
「呼び続ける」意の中に「求婚する」という気持が含まれていることが窺われます。

「 こもりくの 泊瀬(はつせ)の国に さよばひに(左結婚丹) 我(わ)が来(きた)れば
  たな曇り 雪は降り来(く)  さ曇り 雨は降り来(く)
  野つ鳥 雉(きぎし)は響(とよ)む   家つ鳥 鶏(かけ)も鳴く
  さ夜は明け この夜は明けぬ   入りてかつ寝む この戸開かせ 」
                         巻13-3310  作者未詳


( 山々の奥深いこの初瀬の国に 妻どいにやってくると
 急に曇って雪が降ってくるし さらに雨も降ってきた。
 野の鳥、雉は鳴き騒ぎ  家の鳥、鶏も鳴き立てる。
 夜は白みはじめ とうとう夜が明けてしまった。
 だけど中に入って寝るだけは寝よう。 さぁ、戸を開けてくだされ )


初瀬(奈良桜井市)は古来特別な聖地とされ、国とよばれていました。
遠方から妻問いに来た男が途中悪天気に遭遇し、雪を避け、雨がやむのを
待っているうちに空が白みはじめたのです。
妻問いは月が出ている夜に訪れ、明け方の暗いうちに帰るというのが当時の暗黙のルール。
男はそのルールに反して強引に迫っています。
女は家の中から応えます。

「 こもりくの 泊瀬小国(はつせをぐに) よばひせす 我が天皇(すめろき)よ
  奥床に母は寐寝(いね)たり 外床(とどこ)に父は寐寝(いね)たり
  起き立たば 母知りぬべし  出(い)でて行(ゆ)かば 父知りぬべし
  ぬばたまの 夜は明けゆきぬ 
  ここだくも 思ふごとならぬ 隠(こも)り妻かも 」
               巻13-3312 作者未詳


( 山深いこの初瀬の国に 妻どいされる 天皇(すめろぎ)よ
 母さんは奥の床に寝ていますし 父さんは入口の床に寝ています
 体を起こしたら 母さんが気づいてしまうでしょう
 出ていったら 父さんが気づくでしょう
 そのように躊躇う(ためらう)うちに夜が明けてきました
 なんとまぁ こんなにも思うにまかせぬ隠り妻であること。この私は )

天皇(すめろき)は初瀬に縁が深い雄略天皇でしょうか。

「 戸を開けてくれ」との要求に「思うにまかせぬ籠り妻の嘆きに事寄せつつ
  やんわりと求婚を断った」(伊藤博)のです。
 ただし一旦は断るというのが当時の作法。
本気でないことが次の歌から分かります。

「 川の瀬の 石踏み渡り ぬばたまの
   黒馬来る夜は 常にあらぬかも 」 巻13-3313 作者未詳


( 黒馬に乗り、川の瀬の石を踏み渡ってお出でになる夜は
  毎晩あって欲しいものですわ)

どうやらこの一連の歌群は歌劇のセリフであったらしく、お祭りや宴会の席で
歌われたのでしょう。
それにしても「よばひする わが天皇よ」という表現。
大らかな万葉人です。

『 古代初瀬の谷の農村生活のいぶきを、また女の吐息すらもさながらに聞く思いである。
 - 大和中央平野部国中(くんなか)からひっこんで、三方を山に囲まれた渓谷は
文化からも隔絶され、異色ある古風な相聞歌が多く残され、この歌では求婚者が
「よばひせす 我が天皇(すめろき)よ」となって古代の英雄君主“はつせのすめろき”に
転化する過程を語っていておもしろい。
よきやすらぎの別天地「こもりくの初瀬」は国中の人々や伊勢東国往還の旅の人には
エキゾチシズムの心情をそそられたらしく「こもりく」の枕詞には、そのたたえ心が
宿されているようである。』 
                         (犬養孝 万葉の旅上(要約抜粋) 平凡社)

「 君にちかふ 阿蘇のけむりの絶ゆるとも
         万葉集の歌 ほろぶとも 」 吉井勇


ご参考: 2007、1、1 掲載文

万葉集その九十一(王者の求婚)    
       
新春第1回目の万葉集は「天皇のプロポーズ」の歌です。

「 籠(こ)もよ み籠(こ)持ち 掘串(ふくし)もよ み掘串(ぶくし)持ち
  この岡に 菜摘ます子 家(いへ)告(の)らせ 名(な)告(の)らさね
  そらみつ 大和の国は おしなべて 我れこそ居(を)れ
  しきなべて 我れこそ居れ  我れこそは 告らめ 家をも名をも」
                      巻1-1 雄略天皇


早春の晴れた日の昼下がり 初瀬の丘(奈良県桜井市)の上で 数人の乙女たちが
竹籠と竹箆(へら)を持って若菜を摘んでいます。
おりしも大和の国の青年領主(当時まだ天皇という呼称はなかった)雄略が通りかかります。
周りを見渡すと、乙女たちの中でも際立って美しく高貴な女性が目に飛び込んできました。
雄略はたちまち一目惚れしてしまいます。

( おぉーい 娘さんよ! 立派な竹籠と竹べらを持って若菜を摘んでおられる娘さん!
 あなたはどこのお家のかたですか? お名前はなんとおっしゃるの? )

当時女性に名前を聞くことは求婚を意味します。
乙女は顔を赤らめ、胸を波うたせながら恥じらい、顔をふせて答えません。
女性が名前を教える事は求婚に対する承諾を意味します。
また、初めは拒絶することが当時のたしなみとされていました。

青年は重ねて声をかけます。

( 娘さん あなたが答えてくれないなら私の方から名告りましょう。
 私はこの大和の国一円を治めている領主の雄略というものです。
 さぁ、私の身分も名前も名告ったよ。今度はあなたが答える番ですよ。)

陽光がそそぐ丘の上、草は萌え、美しい花々が一面に咲き乱れています。
小鳥が天空を駆け巡り、楽しい囀りの声。
風は爽やかに吹き渡り、乙女たちは髪を靡かせながら舞うような姿で菜を摘み
籠の中に投げ入れています。
まさにオペラにでもしたい場面(佐々木信綱)です。

この歌はもともとは民謡風の歌謡でしたが、のちに天皇の歌として語り継がれ
宮廷でも舞踏を伴って演奏されたものではないかと推定されています。
「我れこそはヤマトの王である」と高らかに宣言し、子孫の繁栄と
五穀豊穣を予祝したいかにも万葉集冒頭にふさわしい歌といえましょう。
                                                    以上
[PR]

by uqrx74fd | 2010-09-26 19:57 | 心象

万葉集その二百八十五(平城遷都)

b0162728_20505047.jpg

  ( 上記写真は復元された大極殿 右上は朱雀門 :筆者撮影)

「 あをによし 奈良の都は 咲く花の
   にほふがごとく 今盛りなり 」 巻3-328 小野 老(おゆ) (既出)


奈良の都といえば大極殿、朱雀門に代表されるような瓦葺の大屋根、丹塗りの柱に
白壁といった豪壮かつ美しい建物や幅74mにもおよぶ朱雀大路を中心に
碁盤目のように整然と区画された街が思い起こされます。

そこには皇族貴族の豪邸、大寺院が甍を並べ、それを取り巻く周辺には
官人から庶民にいたるまでの大小さまざまな家々。
柳が植えられた街中は東西の市で賑わい、美しく着飾った人々が行き交う。
平城京跡に立つと今にもそのさんざめきが聞こえてきそうです。

708年、即位早々の元明天皇は突如遷都の詔を発しました。
姉、持統天皇が造営した藤原京を廃し、唐の長安を範とした新都を造営するというのです。
都の場所は奈良盆地の北端の地、平城。
東、北、西、の三方はそれぞれ春日山、奈良山、生駒山が聳え立って都の鎮めとなし、
南は平野が開け、東に川が流れる理想的な地です。
さらに瀬戸内海に面した難波に繋がる木津川、大和川の水運を利用できるのも
都選定の大きな要素となったようです。

2年間の準備期間を経た710年、天皇は遷都を決行します。
藤原京をあとにした行列が長屋原(天理市)にさしかかったとき、女帝の御輿が
にわかに停止しました。

「 飛ぶ鳥 明日香の里を置きて去(い)なば
     君があたりは 見えずかもあらむ 」  巻1-78 元明天皇 


( 飛ぶ鳥の明日香の里よ。
  この里をあとにして行ってしまったなら、あなたのいらっしゃるあたりは
  もう目にすることが出来なくなってしまうのではないだろうか。)

長屋原は藤原京と平城京の中間の地。
女帝はこの場所で50年間過ごした明日香古京と決別し平城京の領域に進むのです。
御輿のすだれをあげて遥か南方を望むと畝傍山が見え、その左に低く真弓の
山並みが続いています。
真弓の丘の一角には即位する事なく逝った最愛の夫、草壁皇子が眠っているのです。

二人の間に生まれた文武天皇も早世し、自らの慌しい即位。
亡き天武、持統天皇とも過ごした故郷を振り返る女帝の胸には万感の思いが
去来したことでしょう。

女帝は当初この遷都に気乗りしなかったようです。
そのことは、708年に発せられた詔にある、
「 宮を新しく作る者は労が多く、宮に居住する者は楽をするのだから
今急いで都を遷(うつ)す必要がない。
しかし、私は臣下のものの考えに沿う」という言葉からも伺えます。

天皇は何故自らの意に反した遷都を決意されたのでしょうか?
人口の急増で藤原京が手狭となり、それに伴う下水道処理能力が限界に達したこと、
あるいは、相次ぐ後継者の死による天皇の政治基盤の弱体化など、さまざまな
理由が挙げられていますが、最大の要因は隆盛する唐の影響があったものと思われます。

702年、33年ぶりに第7次遣唐使が派遣されました。
2年後に帰国した遣唐使長官、粟田真人から報告を受けた女帝や政府高官は
唐の繁栄振りと長安城の威容に比べて藤原京はあまりにも貧弱で都城としての
要件に欠け、このままでは国家権力の維持が危ういと感じたようです。

粟田真人も「対外的にも天皇の権威を誇示し、国家統一を象徴する都の造営を
急がなければ外国使節が来日したときに国威が損なわれる」と強調したことでしょう。
当時の朝廷の実力者であった右大臣藤原不比等は、古くからの豪族が多く住む
藤原京からの遷都は自身の権力確立の絶好の機会と諸手をあげて賛成した
ものと推察されます。

註: 上記歌の「飛ぶ鳥」は明日香の枕詞。686年朱鳥を献ぜられた天武天皇はこれを
    瑞兆として元号を朱鳥(あかみどり)に改元し、宮号に飛鳥を冠せられたことに由来。

「 大君の命(みこと)畏(かしこ)み  にきびにし家を置き
  こもりくの泊瀬(はつせ)の川に 舟浮けて
  我が行く川の 川隈(かはくま)の  八十隈(やそくま)おちず
  万(よろず)たび かへり見しつつ 玉鉾(たまほこ)の  道行き暮らし 
  あをによし 奈良の都の佐保川に い行き至りて- - 
                             巻1-79 作者未詳


  或本 藤原の京(みやこ)より寧楽(なら)の宮に遷る時の歌

( 我が大君の仰せを恐れ多くも謹んでお受けし、馴れ親しんだ我家を
  あとにいたしました。
  山深い初瀬の川に 舟を浮かべて出発し、 
  行く川の多くの曲がり角ごとに  
  幾度も幾度も故郷を振り返り
  漕ぎ進んでいるうちに日も暮れてまいりました。
  そして、青丹が映える奈良の都の佐保川にたどり着いたのです。)

「にきびにし」:馴れ親しんだ  「川隈」(かはくま):川の曲がり角
「こもりく」、「玉鉾」、「あをによし」はいずれも枕詞

遷都には泊瀬川と佐保川の水運が利用され、人々は旧都明日香や藤原京から
多数の建物を解体し平城京に運びました。
そのことは、平城京跡から出土された柱の根元に穴があり、それが筏を組むために
縄を通した痕であったことからも裏付けられています。

また、宮の建物の中心であり、元旦の朝賀や天皇の即位、国家的儀式が行われる
大極殿造営に必要な資材は瓦をはじめ、再利用できるものはすべて藤原京から
移築されました。
勿論、資材はこれだけでは足りず、近隣から木材をはじめさまざまな物資が陸路や
水運を利用して運ばれ、新都に使われた瓦は実に500万枚と推定されています。

藤原京大極殿の解体は遷都当日に着手し、平城宮新殿の完成は5年後の
715年頃であったようです。
遷都が実行されたというと、そのときには新しい都が出来上がっていたと
思われがちですが、実はそうではなく大寺院などの移築、新築などを含めると
729年頃まで20年近くも工事が続けられ、その間都は槌音が絶えなかった
ことでしょう。

完成した平城京の中心である平城宮は京の北中央にあり、約1km四方の正方形に
東の張り出し部分を加えた形になっており、現在の奈良市中心部や東大寺、
興福寺、春日神社はその張り出し部分にあたります。

宮城の中心部分に大極殿二棟、その関連の建物群、天皇の居住所である内裏、
さらにその周辺には多くの役所の建物が立ち並んでいました。
平城宮は築地塀で囲まれ、各所に出入りする門があり、大路に面する中央に朱雀門、
ここから南へ真っ直ぐ伸びている道が朱雀大路で京の入口羅生門まで続いています。

朱雀大路の幅員(はばひろ)は74m(含側溝)。街路樹として柳や槐(えんじゅ)が植えられ、
その東西南北に水路が張り巡らされていました。
大路を中心に東を左京、西を右京と大きく分けられ、碁盤目状に整然と区画された
堂々たる計画都市です。

当時の日本の総人口は約600万人。そのうち約10万人がこの都に居住していたと
推定されており、官庁の勤務者は8000人~10,000人。
平城京全体の広さは20,64平方キロ (東西約4,3km南北約4,8㎞)。
ちなみに範とされた長安は83,16平方キロ(東西9,9㎞ 南北8,4km)の広さで
総人口4120万人のうち約120万人が都に居住していたとされます。

平城京は長安の4分の一の規模ながら一人あたりの人口比では三倍近くも
広かったのです。
かくして古代最大規模の都は大仏完成とともに天平文化の華を咲かせて繁栄を極め、
1300年後の今日までその面影を伝えてくれています。

「 奈良七重 七堂伽藍 八重ざくら 」  芭蕉

この句は下記の歌を踏んだものです。

 「 いにしへの 奈良の都の八重桜 
          けふ九重に にほひぬるかな 」 

                  伊勢 大輔(いせのたいふ) 古今和歌集 

[PR]

by uqrx74fd | 2010-09-19 08:00 | 生活

万葉集その二百八十四(むろの木=ネズ)

「むろの木」はヒノキ科ビャクシン属の針葉樹で「実が多くつく」すなわち「実群(みむろ)」の
意からその名があるといわれています。
葉は硬質。鋭く尖っており触ると痛いので、昔の人は鼠の通り穴に置いてその出没を
防いだことから「ネズミサシ」、「ネズ」の別名があり、漢方ではその実を
杜松子(としょうじつ)といい利尿、リュウマチに薬効があるそうです。

「 我妹子(わぎもこ)が 見し鞆の浦の むろの木は
      常世(とこよ)にあれど 見し人ぞなき 」 巻3-446 大伴旅人


( 旅の途中、愛する人とともに見た鞆の浦のむろの木は今も変らず聳え立っている。
 それなのに、あの人はもうこの世にいないのだ。)

「 鞆の浦の 磯のむろの木 見むごとに
        相見し妹は 忘らえめやも 」 巻3-447 大伴旅人


( 鞆の浦の海辺の岩の上に生えているむろの木。 
この木をこれから先も見ることがあれば、その都度、共に見たあの人のことが
思い出され、決して忘れることはないだろうよ )

727年の暮、大伴旅人は妻、郎女を伴って大宰府に赴任する途中、鞆の浦に
寄航しました。
そこには霊木とされる「むろ」の巨木があり、二人は旅の安全と長寿を願って
敬虔な祈りを捧げます。

ところが長旅がたたったのでしょうか。
任地に赴任して幾許(いくばく)も無いうちに最愛の妻が逝ってしまったのです。
茫然自失し悲嘆に暮れる作者は既に63歳。
心の痛手を紛らわすため、酒と歌の日々を重ねます。

それから3年後。
大納言に昇進した旅人は都に戻る途中、再び鞆の浦の港で「むろの木」を仰ぎみました。
「 常世を思わせるような幾百星霜をも経た常盤の緑をたたえた巨木は3年前と
少しも変わっていない。
それなのに一緒に祈った妻はもういない。あの祈りは効果がなかったのか。 」

恨みの一言も言いたかったでしょう。
切々たる哀愁、追慕の念、寂寥感が私達の胸に迫ってまいります。

『 大木になった磯のむろの木を見上げながら、生々たる大自然の悠久に対比する
人間のあわれさに、しみじみと亡き人への慕情を訴える旅人の心の波は、
きらきら光る海にかこまれた、鮮明な鞆の海景のなかの、そこの磯鼻、
ここの浜辺にも、感じとることができるのだ。

時はすぎてゆき、逝ってしまった愛する人の二度と帰らぬ歎きは、
鞆の浦の旅人にはかぎらないのだ。
旅人は、みずからがその翌年7月25日、67歳をもって世を去ることは、
夢にも思わなかったところであろう。』 
(犬養孝 万葉12ヶ月 新潮文庫より)

「 しかし旅人の抒情は青年のようにみずみずしい。
万葉の限りもない魅力 」(伊藤博) の歌々です。

旅人が詠った磯の巨木は中世末期にはすでに跡形もなくなっていたらしく、
豊臣勝俊は「九州の道の記」で
「今は あとかたも はべらねば さだかにしる人も さぶらはず 」と述べています。

然しながら、福山市金江町の丘に、幹の太さ4,5m、推定樹齢1700年の
むろの大樹(天然記念物)があり、当時の面影を伝えてくれています。

「 みさごゐる 磯辺に立てる むろの木の
   枝もとををに 雪ぞつもれる 」    源実朝


鞆の浦に行った事がない実朝が「むろの木」を詠ったのは、万葉集を
よく学んでいたからかと思われます。
夫婦仲が良い「みさご」を枕詞に用いているのは大伴旅人夫妻を偲びながら
詠んだものでしょうか。

鞆の沼名前(ぬなくま)神社の境内に我国プレハブの元祖、組立式の能舞台があります。
桃山時代、豊臣秀吉が将兵の退屈を慰めるために戦場へ持ち運び、茶の湯や
能を楽しんだ名残とされていますが、その舞台で、大伴旅人の万葉歌を
題材にした「鞆のむろの木」(帆足正規作)が折に触れて演じられているそうです。

「 この丘に来て はしなくも 香ににほふ
        むろの若木を 見出でつるかも 」  若山喜志子

[PR]

by uqrx74fd | 2010-09-12 08:50 | 植物

万葉集その二百八十三(粟は五穀の王)

「 山畑の 粟(あわ)の稔りの 早きかな 」   高濱虚子

「あわ」の原種は「エノコログサ」とされ、夏になると茎の先につく花穂が子犬の尾に
似ているのでその名があります。
原産地はインド北部から中央アジア。
ユーラシア大陸で栽培化されたものが中国に伝播したのが紀元前2700年頃で、
我国へは縄文時代に朝鮮を経て入り、稲が伝来するまで主食とされていました。

715年元正天皇は「粟は長年の間人々の生活を支える中心であり、色々な穀物の中でも
最もすぐれたものである。
納税に粟を納めたいというものがおればこれをゆるせ」と命じています。(続日本紀)

我国最初の漢和辞典「倭名類聚鈔(わみょうるいじゅしょう):平安時代」にも
五穀として「粟、黍(キビ)豆、麦、稲」があげられ、粟は五穀の筆頭とされていました。


「 ちはやぶる 神の社(やしろ)し なかりせば
   春日の野辺に 粟蒔かましを 」    巻3-404 娘子(をとめ)


 ( あの怖い神の社さえなかったら、春日の野辺に粟をまきましょうに。
  そして、その野辺であなたとお逢いしたいものですが、残念ですね。 )

「ちはやぶる」は荒々しい、恐ろしいの意で神の枕詞
「粟まく」は「粟をまく」と「逢はまく」を掛けています。

この歌は、遊女と思われる娘子が佐伯赤麻呂という人物から共寝を誘われ、
「貴方様には怖い奥さん(神の社)がいらっしゃるのでお断りよ」と答えた
宴席での戯れのようです。

神の社は春日大社で藤原氏の氏神、そこには春日野という広大な神域があり、
粟畑に適した野が展開していたのでしょう。

「 春日野に 粟蒔けりせば 鹿(しし)待ちに
   継(つ)ぎて行(ゆ)かましを 社(やしろ)し恨めし 」 
                            巻3-405 佐伯赤麻呂

( 貴女が春日野に粟を蒔いたなら、それを食べに来る鹿を狙いに毎日でも
行きたいと思うが- -。
  それにしても、そこに恐ろしい神の社があるとは恨めしいことよ。)

鹿は娘子をさします。
娘が「貴方の奥さんが怖い」と言ったのでそれを逆用して
「あなたこそ愛人がいるのでしょう。もしあなたに会う気があるのなら
俺はいつでも逢いにいきますよ」と中年男の旺盛な求愛。

「 我が祭る 神にはあらず ますらをに
   憑(つ)きたる神ぞ よく祭るべし 」    巻3-406 娘子


( 社と申しましても私の祭る神のことではないのですよ。赤麻呂さん。
 立派な「ますらお」であるあなたに寄りついた神様のことです。
 せいぜい奥様を大切にお守りなさいませ。 )

見事にふられた赤麻呂です。

「 山中を 行く道の辺の 粟畑
         黄色になりて 夏ふけにけり 」   佐藤佐太郎


粟は痩せた土地や寒冷地でも良く育ち、澱粉、蛋白質、ビタミンB1,B2を含み、
しかも、保存性がよいので明治40年頃までは20万ヘクタール以上の栽培面積を
誇っていましたが、稲作技術の向上により米の生産量が増えると急速に減少し、
現在では九州と東北地方の一部でわずかに生産されているのみです。


粟には「うるち種」と「もち種」があり、「うるち種」は、飯に混ぜて炊いたり、
粟おこしに、「もち種」は、だんご、粟餅、粟饅頭、水飴、泡盛(酒)などに
使い分けられています。

『 神田連雀町の「竹むら」へ行くと戦前の東京の汁粉屋のおもかげが
まだいくらか名残をとどめていて、私にはそれがうれしく、なつかしい。
椅子席の他に入れ込み座敷があり、ここへ座って酒後に粟ぜんざいを
口にするにはなかなかよい。
酒後の甘味は躰(からだ)に毒だというが、酒のみにはこの甘味が
たまらないのだ。』
                 
 ( 池波正太郎 散歩のとき何か食べたくなって 新潮文庫 )

「 粟稗(あわひえ)に まずしくもなし 草の庵 」 芭蕉
[PR]

by uqrx74fd | 2010-09-04 19:41 | 植物