<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その三百八(雉:きぎす)


「 あしひきの 青山越えて 我が来れば
   雉子(きぎす)鳴くなり その山もとに 」 良寛


我国の国鳥である雉は鶉鶏(じゅんけい)目キジ科の野鳥で、草原、畑地、雑木林などに
棲んでいます。
昔から代表的な狩猟鳥の一つとされていますが、その脚には振動を敏感に感じ取る
感覚細胞があり地震予知能力があるそうです。
繁殖期の春になると雄は「ケーンケーン」と勇ましく、雌は「チョンチョン」と可憐に
鳴き、その声を愛でて「雉のほろろ」ともいわれます。

「 大原の野を焼く男 野を焼くと
    雉(きぎす)な焼きそ 野を焼く男 」  正岡子規


雉は野が火事になっても逃げずに卵を守り、鶴は羽を広げて子鳥を寒さから守るので
「焼け野の雉、夜の鶴」という諺を踏まえた一首です。
「な焼きそ」は「焼くな」の意で「な○○そ」は禁止を表します。

万葉時代の雉は身を隠すことが出来ず、すぐに所在を知られてしまう鳥、
妻恋の心根の優しい鳥として詠われました。

「 杉の野に さ躍(をど)る雉(きぎし) いちしろく
   音(ね)にしも泣かむ 隠(こも)り妻かも 」  
                   巻19-4148 大伴家持


( 杉林の野で 鳴きたてて騒いでいる雉よ。
 お前さんは、はっきりと人に知られてしまうほどに大きな声をあげて
 泣くような隠り妻だというのか )

隠り妻とは通っている夫がいることを秘して閉じこもっている妻。
繁殖期の雉の雄鳥は雌を求めて朝方に急激に激しく、鋭く鳴きます。
作者はその鳴き声から雉が躍り上るさまを想像し、
雄鳥を「隠り妻でもないのにと」と茶化しています。
都で待つ妻、坂上大嬢(おおいらつめ)を思い出しているのかもしれません。

   「 あしひきの 片山雉 立ち行かむ
       君に後れて うつしけめやも 」 巻12-3210 作者未詳


( 片山に棲む雉 、その雉があわてて飛び立つように慌しく旅立っていかれるあなた。
  残される私はどうして正気でいられましょうか。)

「うつしけめやも」 「うつしけ」は正気 「めやも」は反語
慌しく出立する夫は防人に指名されたのでしょうか。
寂しさと、不安一杯の妻の表情を見て「気を確かに持て」と云われて答えた
歌と思われます。
あるいは、人の気も知らないで見送り騒ぎを作り出す人びとへの反発を下地に詠んだ歌
(伊藤博) とも。

「 人去って雉子(きじ)鳴くこだま滝の前 」    飯田蛇笏
[PR]

by uqrx74fd | 2011-02-27 15:04 | 動物

万葉集その三百七(つぎね:ヒトリシズカ)

「 つぎねふ 山背道(やましろじ)を  人夫(ひとづま)の馬より行(ゆ)くに
  己夫(おのづま)し 徒歩(かち)より行けば  
  見るごとに 音(ね)のみし泣かゆ  そこ思ふに 心し痛し
  たらちねの 母が形見と 
  我が持てる まそみ鏡に 蜻蛉領巾(あきづひれ) 
  負い並(な)め持ちて   馬買へ 我が背 」        
                              巻13-3314 作者未詳

「 馬買はば 妹徒歩(かち)ならむ よしゑやし
   石は踏むとも 我はふたり行かむ 」   
                      巻13-3317 作者未詳

妻曰く
( つぎねふ山城道を、よその夫は馬で楽々行くのに
 私の夫は難儀しながらとぼとぼと歩いて行く。
 その姿を見るたびに可哀想で、声をあげて泣きたくなる。
 そのことを思うと心も痛んでならない。
 あなたさま、私が母の形見として大切にしている鏡と蜻蛉領巾(あきずひれ)を
 肩に背負って売りに行き、その金で馬を買ってくださいませ ) 13-3314
  
夫答えて曰く
( 私が馬を買っても二人は乗れないから、お前さんは歩かなければならないだろう。
 かまうものか、石を踏んで難儀しょうとも一緒に歩いて行こうよ ) 13-3317

犬養孝氏が「結婚式のスピーチに」と推奨されている微笑ましい夫婦の
いたわりあいの歌です。

道路が十分に整備されていなかった昔の山道。
旅する人は難儀なことだったでしょう。

「 一人静二人静も草の名や 」 一莖草

「つぎねふ」は山城にかかる枕詞で、「つぎね」は「ヒトリシズカ」または
「フタリシズカ」の古名、「ふ」は生えているという意。
和名抄の「つぎね: 豆木禰久佐(ツキネクサ)」に由来するとされています。

それに対して、原文表記が「次嶺経」(つぎねふ)となっているので
「いくつもの嶺を越えてゆく」意で山城道に掛るとする説もありますが
植物名説のほうが優勢のようです。

蜻蛉領巾(あきづひれ)はトンボの羽のように透き通った極上の領巾で
頸から肩に掛ける女性の装身具(ショールのようなもの)。

当時の馬は小さかったので一人しか乗れず、しかも高価なものでした。
「 馬の値段は現在の金額にして高いもので42~43万円、安いものでも25~26万。
鏡は25万~30万円 蜻蛉領巾は1万円前後」と推定されています。
( 山田良三 万葉歌の歴史を歩く 新泉社 )

この問答歌は、民謡的な要素を多分に持っているので、お祭りなどで
演じられた寸劇のセリフだったかもしれません。
見る人、聴く人に多くの共感を得て伝え続けられたものと思われます。

当時の山城は土木、治水、製鉄技術を持つ渡来人、秦氏などが多数移住しており、
鋤、鍬、刃物などの道具を作って生産活動に供していました。
その結果、水田が飛躍的に拡張されて人口が増加し、経済力は強大となり
『 人馬往来の頻繁な交易の道、万葉時代の商人の姿が彷彿とたち現れる」
(井村哲夫:万葉第132号) ような繁栄ぶりだったそうです。

さらに司馬遼太郎氏は
『 嵯峨野を歩いて古代の秦氏を考えないというのは、ローマの遺跡を歩いて
ローマ人たちを考えないのと同じくらいに鈍感なことかもしれない。』
                 (街道をゆく:嵯峨散歩 朝日文庫) とも述べておられます。

   「 見つけたり一人静と云える花 」  森脇襄治

「ヒトリシズカ」、「フタリシズカ」は共にセンリョウ科の多年草で
山野に多くみられます。
どちらも源義経の愛妾、静御前に因む名前です。

「 一人静 坂越し山越す 誰(た)が恋も 」 中村草田男 
[PR]

by uqrx74fd | 2011-02-21 20:00 | 植物

万葉集その三百六(鷹)


「 雲海や 鷹のまひたる 嶺ひとつ 」 水原秋櫻子

鷹はタカ科の鳥のうち比較的小形のものの総称で、大形種をワシ(鷲)とよんでいますが、
分類学的には両者の区別はないそうです。
鷹とよばれる鳥のうちオオタカ、ハイタカ、ハヤブサなどが良く知られており、とりわけオオタカは
鷹狩に用いるため、古くから大切にされてきました。
その体は暗褐色、嘴(くちばし)は強くて鋭く曲り、強靭かつ大きな釣爪をもち、その鋭い
目は驚異的な視力を誇り、何と750m先のネズミを見分けることが出来るそうです。

慣らすと人には従順な性格なので古代から世界各地で狩に使用され、マルコポーロの
東方見聞録によるとモンゴル地方で元のフビライが1万人余の鷹匠と5百羽の
オオタカや多数のハヤブサなどを動員して鷹狩を楽しんだと伝えられています。

我国でも鷹を背中に止まらせている鷹匠の埴輪が群馬県境町から出土(6世紀頃の作)
されており、古代から鷹狩が行われていたことが推察されています。
文献による公式の鷹狩の伝承は日本書紀に

『 仁徳天皇43年、依綱屯倉(よさみのみやけ)の阿弭古(あびこ)という人物が
「異(あや)しき鳥」を捕らえて献上し、今までに見たことがない鳥ですと言上した。
天皇は百済王族の渡来人酒君(さけのきみ)に尋ねたところ、
「百済に多くいる鳥です。
 馴らして使えば良く人に従い、早く飛んで諸々の鳥を捕獲します。
 百済ではこの鳥を倶知(クチ)といいます。」と答えた。

 そこで天皇は酒君に鳥を預けて調教させ鷹狩を行った。
 鷹の足に柔らかくした皮の紐と小鈴を取り付けて放したところ沢山の雉を捕らえた。」

とあり日本の鷹狩の技法は百済からの伝承とされています。

( - - 鷹はしも あまたあれども 矢形尾の 
  我(あ)が大黒に  白塗の 鈴取り付けて
  朝猟(あさがり)に 五百(いほ)つ鳥立て  夕猟に千鳥踏み立て
  追ふごとに 許すことなく 手放(たばな)れも をちもかやすき
  これをおきて またありがたし さ慣らへる 鷹はなけむと - - )
                           巻17-4011  大伴家持


(  鷹といえばたくさんいるけれども、中でも逸物の 矢形尾の我が大黒は
   白く光った鈴を取り付けて 朝の狩に多くの鳥を追いたて
   夕の狩にはさらに千鳥を追って踏み立て
   追うたびに獲物を取り逃がすことなく 
  手から放れるのも 手に舞い戻るのも思いのまま 
  まことに二つと得がたい大黒 これほど手馴れた鷹は ほかにあるまい )

「語句解釈」 鷹はしも: 鷹狩の鷹は多くいるけれども 「しも」は強意をあらわす
        矢形尾 : 矢の羽の形をした尾の鷹
        大黒 :  家持所有の蒼鷹(オオタカ:3歳の雌鷹)の名前
        白塗りの鈴 : 銀メッキした鈴
        五百つ鳥、千鳥 : 多くの鳥
        踏み立て :勢子や犬が草むらや藪に踏み込む
        をちもかやすき :「をち」は戻るの意で鷹が手元に戻ってくること

この歌に詞書があり、その大意は
「 747年、富山県射水郡の古江の村で姿かたちは立派で、雉を捕らえる技術も
  抜群の蒼鷹(オオタカ)を捕えた。
  大いに喜んで大黒と名付けて飼育を翁に任せていたところ、時節はずれの
  調教しょうと無断で鷹を持ち出し、しかも不注意で逃げられてしまった。
 そこで鳥網などを張って万が一の僥倖を頼んだが無駄だった。
 毎日、残念無念と悔やんでいたところ夢に中に1人の少女が現われ、
 逃げてしまったあの鷹を捕まえる事が出来るのもそんなに先ではないでしょうと
 告げたので、たちまち目が覚め、喜びこの歌を詠った」ということです。

まれに見る名鷹、時節は渡り鳥の季節で鷹狩には絶好の時、家持が
切歯扼腕している様子が目にみえるようです。
残念ながら夢のお告げは正夢とはならず、それから4年後、家持は再び白鷹を飼いました。
万葉集で鷹の歌は七首ありますが、すべて家持の作。
鷹狩に対する愛着と執心がことのほか強かったのでしょう。

「 鷹匠のいつくしみつつ厳しき目 」 山田凡二

箕浦芳浩氏 (織田宗家十三代鷹匠) は鷹の調教について次のように語っておられます。

『 鷹は必ず人間の拳の上で、ものすごくおとなしくしていなければいけないんです。
  1日に2時間も3時間も、拳の上に据えてじっとさせる「据え回し」という訓練をします。
  そうして拳の上が最も安心できる場所であり、拳から飛び立ったら獲物が獲れて、
  それが食べられるということを条件づけるわけです。
  鷹が飛び立つ瞬間は「人鷹一体」といって人と鷹とが一心同体にならなければいけない。
  鷹匠の魂が鷹に乗り移り、その欲が獲物をつかまえさせる、そういうところがあるんです。
  ですから獲物を押えた瞬間は、人も鷹も、最も気持のいい魅力的な空間を味わうわけです。」  
                        ( NHK、日めくり万葉集より:2009年11月16日放映 )

   「 鷹匠の放ちし鷹の日に光 」  田中王城

「リンリンリンリンリーン」涼やかな音が空中を渡っていきます。
鷹に鈴を付けるのは、飛んでいく位置を知るためですが松岡正剛氏は

『 鈴は精神をチャンネリングしマインドチエンジさせる道具で、
  今なお神社の巫女さんたちが鈴を振っているのと同じである。
  鈴を鳴らしながら大きく旋回し、空中を舞っている鷹の姿を見ながら人々は
  魂を高め、鎮めていたのである 』と述べておられます。
                            ( 花鳥風月の科学より大意 中公文庫)

悠々と天翔ける鷹、眼光鋭く威厳があるその姿は古来から尊重され、多くの神話や
伝説が生み出されました。
古代エジプト人は天空を翼、右目を太陽、左目を月とする神 ホルスの姿を鷹に
イメージし、ギリシャ神話では霊長キルコスを鷹とみなし、オーストラリアでは
火を最初におこしたのは鷹とする神話もあるそうです。
そしてゴーリーキーは19世紀末の帝政ロシアで圧制からの開放を
「鷹の歌」に託しています。

『 おお、勇ましい鷹よ!  お前は敵との戦いに血を流した。
  けれど やがて時がくれば、お前の流した血の一滴一滴は、
  生活の闇の中で火花のように明るく燃えさかり、多くの大胆な心臓に、
  自由と光明へのもの狂おしい渇望を燃えたたせるであろう。 』

     (ゴーリーキー短編集所収 鳥の歌より 上田進、横田瑞穂訳編 岩波文庫)

[ 鷹の目の枯野に居(すわ)るあらしかな ] 丈草

翼を逆立てるばかりの嵐の中で鷹匠の手に据えられ、鋭い眼光で獲物を狙っている鷹。
野生の鷹が枯れ木に止まっていると解釈した場合は、大きな広がりを持つ一句です。
[PR]

by uqrx74fd | 2011-02-14 20:34 | 動物

万葉集その三百五(探梅)

寒中梅(筑波山)
b0162728_20365621.jpg
b0162728_2038126.jpg

「 探梅や 枝の先なる 梅の花 」    高野素十

『 探梅とは、まだ冬のうちに、春を待ちかねて野山へ早咲きの梅を探しに行く
 ことである。
 冬枯れのなかに春の兆しを探る。その心馳せが肝腎である。
 果たして梅の花に出会えれば結構なことだが、出会えなくても文句はない。
 (素十の)句は、梅を探ね歩いてやっと見つけた枝先の一、二輪の花だけ詠んで、
 言外に春を待つ思いを滲ませている。
 俳人のこのゆかしさも、梅に劣らない。』
                               ( 長谷川櫂 季節の言葉 小学館)
「観梅」と「探梅」。
一見同じ意味の言葉のようですが、「観」と「探」に微妙な季節の相違を鋭く感じ取り
「探梅」を冬の季語に取り立てたのは芭蕉とされています。

万葉集での梅は冬春の季節区分がなされておりませんが、雪降る中、
花を探し求める歌もあり、探梅の心は十分に持ち合わせていたようです。

「 我がやどの 冬木の上に 降る雪を
   梅の花かと うち見つるかも 」 
              巻8-1645 巨勢宿奈麻呂(こせすくなまろ)


( 我が家の庭の冬枯れの木の上に降る雪
  その雪を梅の花かと つい見間違えてしまったことよ )

梅の木を眺めながら、蕾はもう膨らんできたかとじっと目をこらしているうちに
何時しか雪が白梅に見えてきて- 。

「 ふふめりと 言ひし梅が枝 今朝降りし
        沫雪にあひて 咲きぬらむかも 」 
                      巻8-1436 大伴宿禰村上


( あの方が梅の蕾がもう膨らんできたよと言ってきてくれましたが、
  今朝の泡雪でもう咲き出したことでしょうか )

「 雪に出会ってその白さを競い合うようにして梅の花が咲いていることであろう」
の意(伊藤博)で、万葉人は春雨は櫻、雪は梅の開花を促すものと考えていたようです。

「 霜雪も いまだ過ぎねば 思はぬに
   春日の里に 梅の花見つ 」 
             巻8-1434 大伴宿禰三林


( 霜も雪もまだ消えやらぬのに 思いもかけず春日の里で 梅の花を見たことよ )

梅を探して春日の里へ。
中国から大宰府に渡来した梅は一部奈良の都に移され、まず最初に春日の里に
植えられたようです。
漢詩文の渡来とともに異国の花に出会った万葉人。
その気品ある姿と香りは多くの人々を魅了し、120首近い歌が詠まれています。

『 紅梅は白梅より少し遅れて咲く。
  そして冬と春とのせめぎ合う二月の雪や霙(みぞれ)や雨に、その色をにじませ、
  晴天には白梅と花の輝きを競いあう。
  紅白両花が咲き匂う季節は、春への人の動きも忙(せわ)しい時期であるが、
  梅のあたりに佇(た)つ人も行く人も淑として穏やかだ。 』
                          (馬場あき子 花のうた紀行より 新書館)

「 二月(きさらぎ)に入りて二度目の雪降りぬ
    雪降るなかの白梅紅梅 」     宮 柊二
b0162728_2052869.jpg

[PR]

by uqrx74fd | 2011-02-07 20:43 | 植物