<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

万葉集その三百三十(かずらかげ=ヒカゲノカズラ)

( 日本歴史図録  柏書房より )
b0162728_9234698.jpg

万葉集で詠われる「かずらかげ」や「日蔭草」は今日「ヒカゲノカズラ」とよばれる
常緑多年生のシダ植物です。
山の斜面や崖など日蔭を好み、針金状の茎は細長く地上を這い2mにも達します。
神話の天照大神が天の岩戸に隠れられた時、アメノウズメノミコトが舞に用いた
「たすき」は天の香具山の「ヒカゲノカズラ」であったそうです。
その緑色に輝く不変の生命力は古くから神聖なものとされ、大嘗祭、新嘗祭には
冠の笄(こうがい)の左右に垂らし、現在でも様々な神事に使われています。

「 見まく欲(ほ)り 思ひしなへに かづらかげ
       かぐはし君を 相見つるかも 」 
                   巻18-4120 大伴家持


( お逢いしたいと思っていたら、ちょうどその折しも、蘰(かづら)をつけた
 素晴らしいお姿のあなたさまにお逢いすることができ光栄です。 )

この歌に題詞があり
「 京に向ふ時に貴人を見、また美人に相(あ)ひて飲宴(うたげ)する日のため
  憶(おもひ)を述べ、儲けて作る歌二首 」 とあり、そのうちの一。

749年5月の初め、越中国守であった作者は都へ領内政治全般の報告と戸籍台帳を
太政官に提出する準備をすすめていました。
その役目を果たす人を「大帳使」といい、年1回、8月末が期限です。
題詞の「貴人」は高貴な人の意で、ここでは左大臣橘諸兄を意識しているようです。
作者は貴人が蘰の冠りものを付けて天皇が臨席される朝礼に出席し、
その後、宴を催されることを想定し、またその席に美女が侍ることも念頭において
上記の歌をあらかじめ準備しておいたものと思われます。

「 あかねさす 朝日の里の 日影草
    豊のあかりの かざしなるべし 」 
                     新古今和歌集 大中臣輔親(すけちか)


( 朝日の里に生える日影草の鬘(かずら)は、きっと 豊明節会の時の人々の頭上を飾る
  翳(かざし)として光を添えることでしょう )


大嘗祭の一環である豊明節会にヒカゲノカズラを詠って慶祝の意を込めたもので、
宮中の重要な催事に欠かせない祭具となっていることを示している一首です。

「 あしひきの 山かづらかげ ましばにも
    得がたきかげを 置きや枯らさむ 」 
                      巻14-3573 作者未詳

(  山の中に生えているヒカゲノカズラ
  これは、滅多に得られないもの。
  むざむざ捨て置いて枯らすようなことは決してすまいぞ。 )

あしひきの:  山に掛かる枕詞 険しい崖を暗示している
ましばにも: 「得難き」に掛かり、否定の表現「めったに-ない」となる

この歌は譬喩歌に分類されており、
「山かずらかげ」に「女」、「置きや枯らさむ」には、「自分のものにしないままに
放っておくこと」を譬え、得難い女を何とか妻にしたいという男の執心を詠っています。

「かずらかげ」は春に茎のところから土筆(つくし)に似た穂を出して胞子嚢(ほうしのう)を付け、
その中から石松子(せきしょうし)とよばれる胞子を出します。
その胞子は成熟個体になるまで6~10年かかるといわれる得難いものです。
丸薬の衣、皮膚疾患用の散布薬、レンズなどの研磨材、花火の閃光材などに
使われていますが、この歌の「かずらかげ」も神事に用いられたり、貴重な薬用で
あるが故に「得難いもの」すなわち「高貴の女性」の譬えとしたものと思われます。

「 宮人の かづらにすなる 日かげ草
        遠つ神代も かけて偲ばむ 」 加藤千蔭

[PR]

by uqrx74fd | 2011-07-31 09:39 | 植物

万葉集その三百二十九(伊香保)

(榛名富士)
b0162728_8214567.jpg

『 「今日は榛名から相馬が嶽に上って、それから二ツ嶽に上って屏風岩の下まで来ると
   迎えの者に会ったんだ。」
  「 そんなにお歩き遊ばしたの?」
  「 しかし相馬が嶽のながめはよかったよ。浪さんに見せたいくらいだ。
    一方は茫々たる平原さ、利根がはるかに流れてね。
    一方はいわゆる山また山さ、その上から富士がちょっぽりのぞいているなんぞは
    すこぶる妙だ。
    歌でも詠めたら、ひとつ人麻呂と腕っ比べしてやるところだった。
    あはははは。 」 』
                         ( 徳富蘆花:不如帰:ホトトギス 岩波文庫 より )

 「夏の夕やみに ほのかに匂ふ月見草」のような楚々たる美女、浪と
 その夫、川島武雄との会話です。
 明治末、この悲恋小説で伊香保は一躍全国に知られるようになり、
 新婚旅行のメッカになったといわれています。

伊香保は「巖穂(いかほ)」で大きな山が国の中央に聳え立ち、いかつく、大きく
秀でているの意で、古くから神が鎮座する秀峰として崇められてきました。

「 伊香保風 吹く日吹かぬ日 ありと云へど
    我が恋のみし 時なかりけり 」
              巻14-3422 作者未詳(東歌)


( 伊香保の峰から吹き降ろす風、この風は吹いたり、吹かなかったりする日が
 あるが、私の恋の風は、休みなく毎日吹き続け、やむ時がありません。)

東歌にしては方言もなく非常にわかり易い歌。
上州名物の空っ風は、今も昔も健在です。

「伊香保嶺(ね)に 雷(かみ)な鳴りそね 我が上(へ)には
  故(ゆゑ)はなけども 子らによりてぞ 」
           巻14-3421 作者未詳(東歌)


( 伊香保の嶺 雷なんぞ鳴らないでくれよ。
 俺は何ともないが、あの子は恐がるだろうからな。
 こうも雷が鳴ってばかりでは、デートもおちおち出来やしないよ。)

伊香保嶺は現在榛名山とよばれている山々です。
作者は女に逢いに出かけているのでしょうか。
その昔、雷は「鳴神」と呼ばれ農耕の水をもたらすものとして崇められていました。
その神様を「恋の邪魔になるから鳴るな」と注文を付けているのです。
自然崇拝から脱皮しつつある民衆の感情が窺われる一首です。

この歌の解釈に奇説があります。
真夏の太陽が照りつける中、二人の男女が母親の監視の目を盗んで交会に
及ぼうとする場面だというのです。

以下は根岸謙之助氏(上武大学教授)による生々しい描写です。

『 男は手をさしのべて、女を寝床にさそう。
女は男のなすがままに身を委ねて、草の上に仰臥する。
そして男の愛を受け入れるべく、思いきり四股を伸ばし、眼をつぶる。
すでに半裸体になった男は、身をかがめて、もどかしげな手つきで、
女の下裳の紐を解きにかかる。
その時である。
突如として大地をゆさぶるような大音響がおこった。
続いて二度三度。
それはたたなずく伊香保の山々にこだまして、ゴロン、ゴロンという
連鎖音が二人の耳朶を撃つ。
びっくりした女は、むき出しになっていた下半身を反射的に両手でおさえ、
ついでに下裳の裾を合わせようと身もだえた。
女へのつもる思いを、この一刻(ひととき)に遂げようと満身の血をわきたてて
いた男は、いっぺんに気勢を殺がれ激怒して思わず叫ぶ。
「 雷公 鳴るな!!」 』  
                       ( 上州万葉の世界:煥乎堂より)

さらに「雷は女の臍(へそ)を取るのでこれはまさに絶好の餌食」とも。
想像力豊かな方ですねぇ。


「 伊香保ろの 沿ひの榛原(はりはら) 我が衣(きぬ)に
   着(つ)きよらしも ひたへと思へば 」 
                     巻14-3434 作者未詳(東歌)


       ひたへ: 一重の方言:裏がない着物

( 伊香保の山の麓の榛原。
  この原のハンの木の実で染めた俺の着物はぴったりしてよい具合だ。
  一重で裏地もなく、涼しいし。)

「この榛原の女はおれにぴったりだなぁ。裏心もなく純粋一途で。」と
一人悦に入っている男です。

伊香保は火山灰地が多く、土地は痩せて崩れやすいため、丈夫なハンノキが
多く植えられ、治山工事の植栽木とされていたそうです。
ハンで染めた衣は触媒によって栗色や鼠かかった黒色になります。


「 高山の頂(いただき)に立つ 幾岩山(いくいわやま)
    烏帽子(えぼし)鬢櫛(びんぐし) 名のあはれなり 」 窪田空穂


 「榛名山」は単一の山の名称ではなく、掃部(かもん)ヶ岳(1449m:最高峰)、
  臥牛(がぎゅう)山、鬢櫛(びんぐし)山、烏帽子岳、榛名富士、相馬山、水沢岳、
  二つ岳など榛名湖を囲む一帯の山々の総称とされています。
    
    

      「 初蝉や 榛名修験の 水行場 」 水谷爽風
[PR]

by uqrx74fd | 2011-07-24 08:30 | 万葉の旅

万葉集その三百二十八(夏美=菜摘の里)

(菜摘の川:後方は菜摘の里)
b0162728_7554633.jpg

(宮滝で泳ぐ)
b0162728_7562045.jpg


『 気が付いてみると、いつの間にか私たちの行く手には高い峰が眉近く聳えていた。
  空の領分は一層狭くちぢめられて、吉野川の流れも、人家も、道も 
  ついもう そこで行き止まりそうな渓谷であるが、人里というものは狭間(はざま)が
  あれば何処までも伸びて行くものと見えて、その三方を峰のあらしで囲まれた、
  袋の奥のような凹地(くぼち)の、せせこましい川べりの斜面に段を築き、草屋根を構え、
  畑を作っているところが菜摘の里であるという。
  なるほど、水の流れ、山のたたずまい、さも落人の栖(す)みそうな地相である。』

             ( 谷崎潤一郎 吉野葛 岩波文庫より )

古代、吉野離宮が営まれていた宮滝から国栖(くず)に向かう途中に夏美(現在では菜摘)と
よばれる里があります。
目が覚めるような瑞々しい新緑や錦織りなす紅葉が美しい処で、山々の間を流れる
吉野川は、湾曲して瀬や淀みをつくり、巨岩にうち当たって飛び散る波の飛沫(しぶき)は
いかにも涼やかです。
この山紫水明の地に多くの人たちが訪れ、数々の歌や物語が生まれました。

「 吉野なる菜摘の川の川淀に
    鴨ぞ鳴くなる 山かげにして 」
             巻3-375 湯原王 (天智天皇の孫)

( ここ吉野の菜摘の川。
 その川淀で鴨の鳴く声が聞こえる。
 ちょうど山の陰のあたりで )

古代の人たちは吉野川が宮滝の奥あたりを流れる場所を菜摘の川とよんでいました。

静寂そのものの山の中でひときわ高く鳴く鴨の声がこだまの様に響く。

「よしのる つみのはの はよどに
 もぞ る やまげにして 」  と

同音の「な」と「か」を重ねた軽快なリズムは細やかな技巧の冴えを見せ、
結句「山かげにして」は余韻のある情感を醸し出しています。
菜摘の里の幽寂な情景を見事に詠った秀作です。

「山高み 白木綿花(しらゆふばな)に 落ちたぎつ
  菜摘の川門(かわと) 見れど飽かぬかも 」 
             巻9-1736 式部の大倭(おほやまと)


(山が高いので、岩場に砕け散る川波はまるで白い木綿で作った花のよう。
その菜摘の浅瀬(川門)の清流は見ても見ても見飽きないことだ。)

作者は式部省の官人。
宮滝に流れ込んだ川は岩にあたって逆巻く激流に。
やがて浅瀬に達し、さざ波を立てながら流れすぎてゆきます。
湯原王の静に対する動の歌で、爽やかな涼感が漂ってくる一首です。

菜摘の里は源義経が秘蔵していたという「初音の鼓」を家宝とする大谷家の
所在地としても知られています。
この家は壬申の乱の折、天武天皇に従った村国男依(むらくにおより)の末裔という
伝承もあるそうです。

「義経記」によると吉野に入った判官が静御前に今生の別れを告げるに際し、
 秘蔵の紫檀の胴に羊の皮で張った鼓を静に与えて、
「 初音は平清盛の祖父の正盛、父、忠盛、そして清盛と3代にわたり伝えられたが、
  清盛死後は誰に伝えられたのであろうか。
  屋島の合戦の時、わざと海にいれられたか取り落とされたか、波に揺られて
  漂っていたのを、伊勢三郎が熊手に懸けて拾い上げた- 」ものだと語っています。

その由緒ある鼓が義経から静へわたり、その後どのような経緯で大谷家に渡ったのかを、
記した巻物があるそうですが判読不能とのことで委細は不明のようです。

菜摘はその美しい名前と幽玄を感じさせる周囲の風景からでしょうか、
お能「二人静」(ふたりしずか)の舞台にもなっています。
菜摘のほとりで神に供える若菜を摘む女の前に静御前の霊が現れ、
「 今みよしのの 川の名の  菜摘みの女と思ふなよ」 と謡い、
昔を偲びつつ二人して舞う美しい能です。

万葉当時の面影を今なお強く残し、ロマンあふれる菜摘の里。
谷崎潤一郎をはじめ古くは本居宣長、芭蕉も訪れ、それぞれ一文を書き残しています。

「 東のかたの谷の底はるかに夏美の里見ゆ。
  ゆきゆきてまた東北の谷に見くださるる里をとへば、国栖(くず)とぞいふ」

               ( 本居宣長 菅笠日記)

「 独(ひとり)よし野のおくにたどりてけるに、まこと山深く白雲峰に重り、
  烟雨(えんう))谷を埋(うづ)んで山賊(やまがつ:木こり)の家ところどころに小さく、
  西に木を伐る音 東にひびき、院々(寺院)の鐘の聲(音)は心の底にこたふ。」

         註: 烟雨(えんう):煙のようにそぼ降る霧雨
            心の底にこたふ:心の底にしみじみと響く
                       (芭蕉 野ざらし紀行)

菜摘という名は余程好まれたのでしょうか。
「若菜摘」「磯菜摘」という言葉が生まれ、また、娘の名前に「菜摘」「夏美」「菜津美」
「なつみ」と命名する人も多いようです。

「 遠き世の 御幸(みゆき)の道や 若菜摘む」  編木佐さら
[PR]

by uqrx74fd | 2011-07-17 08:07 | 万葉の旅

万葉集その三百二十七(豆色々)

( 豆の花)
b0162728_83962.jpg


『 マメというとインゲンマメやダイズをさすが、単に豆と表記されている場合には
  ダイズである場合が多い。
  ダイズは弥生時代後期に伝来したといわれる。
  木簡から確認されるマメ類は、大豆、白大豆、小豆、大角豆(ささげ)がある。
  ダイズは万葉時代に醤(ひしお)や味醤(みそ)、豉(くき)の原料にされたので
  利用度の高いことは現在と変わりはない。
      (筆者註: 豉(くき)とは今でも見られる大徳寺納豆など塩辛納豆の類)
  副食としての用途は、煎(いり)大豆、熬(いり)大豆、生大豆があり、加工品には
  大豆餅や小豆餅がある。
  煎大豆は、いわゆる煎り豆ではなく煮豆で、煮汁がなくなるまで煮つめることをいう。
  豆焦がしにあたるものは熬(い)り豆で、これから黄粉(きなこ)がつくられるので、
  熬り豆が大豆を乾煎したものであることが理解される。
  生大豆は、枝についたままのダイズ、つまり枝豆である。
  大角豆(ささげ)はアズキの代わりに赤飯に利用する地方もある。 』
                ( 広野 卓 食の万葉集 中公新書より)

 「 道の辺(へ)の 茨(うまら)の末(うれ)に 延(は)ほ豆の
         からまる君を 別(はか)れか行かむ 」 
          巻20の4352 丈部 鳥(はせつかべのとり) (既出)


  ( 道端のうまらの枝先に からまりつく豆の蔓(つる)。
    その蔓のように別れを悲しんですがりつくわが妻よ。
    そのような いとしいお前を残して旅立たなければならないのか。あぁー。)

上総の国(千葉南部一帯)の防人の歌です。
「君」は男性や主君をさすのが習いとされているので、主君の若君が近習である
作者を慕って離れないとする説(伊藤博)もあります。

大豆の原生種は野生のつる性の野豆とされ、「うまら」はノイバラ(野生のツルバラ)。
万葉集での豆はこの一首しかありません。
重要な食糧とされ、木簡にも多くみえるのに不思議なことです。


「 あしひきの 山行(ゆ)きしかば 山人の
   我れに得しめし 山苞(やまづと)ぞこれ 」
              巻20-4293 舎人親王(天武天皇の皇子)


( 人里離れた山を歩いていたところ、山の神人に出会いました。
 その方が私にお土産として下さったのが、この杖なのです。)

その昔、元正天皇が大和郡山市東方の山村に行幸され、都に戻った直後、
陪臣達に歌を奉れと仰せられて献じたもの。
山苞は山での土産の意ですがここでは「邪悪なるものを払う杖か」(伊藤博)と
されています。
苞(つと)はもともと食品などを包んだ藁の包すなわち藁苞(わらづと)をいい、
魚、貝類、山菜、木の実などを携帯しやすくした容器の意で、転じて土産を
意味する言葉として使われました。

藁には胞子状の納豆菌が棲息しているそうです。(1本のワラに1000万個)。
藁苞に煮豆を入れておき、高温多湿の状態にすると24時間で粘る糸を出して
納豆が生まれるといわれています。
古代の人は煮豆を藁苞に入れて持ち歩いているうちにネバネバとした豆に
変わったのに驚き、恐る恐る試食したところ、「これは美味い!」と
納豆作りをはじめたのでしょうか。

[ われつひに 六十九歳の翁にて
     機嫌よき日は 納豆など食(は)む 」   斎藤茂吉


「 枝豆を 煮てを月見し 古への
   人のせりけむ 思へばゆかしも 」    伊藤左千夫
 

枝豆は月に供えたり、月見の席に出されるので「月見豆」ともいわれます。
今ではビールの友に欠かせぬものですが、辻 嘉一氏は美味しい枝豆の茹で方を
下記のように伝授されています。 

『 総じて豆類は完熟すると実も皮も固くなりおいしくありません。
  そこで60パーセントくらいの未熟な時がいわゆる食べごろで
  一番おいしい頃であります。
  未熟の大豆を枝つきのまま塩茹でにするので枝豆と呼び、関西では
  田の畔に植えるのであぜ豆といいます。― 
  塩水を煮立たせた中へ大豆を入れ、蓋をしないで茹でると色よく茹であがります。
  しかし、本当の旨味は、水から塩加減の中でゆっくり軟らかく茹でて、
  蓋をしておき、冷えるのを待っていただくと、その味わいは素晴らしく、
  歯ざわりはむっちりして、味が深いものです。
  そのかわり褪色して茶っぽくなり、いくらでも食べられるので気をつけましょう。 』 
                 ( 味覚三昧 中公新書 より要約)

さぁさぁ これから晩酌をはじめるといたしましょうか。

「 枝豆に 藍色の猪口(ちょこ)好みけり 」 長谷川かな女
[PR]

by uqrx74fd | 2011-07-09 08:50 | 植物

万葉集その三百二十六(なのりそ=ホンダワラ)

「なのりそ」は「ホンダワラ」の古名で、九州から本州沿岸の海中に生育し、
高さ1~4m以上にもなる海藻です。
小枝の一部に楕円形の気泡を付け、それが浮き袋になって真っ直ぐに成長します。
栄養分が豊富で、特にタンパク質、アルギン酸、ヨード、鉄、カルシュウムなどを
多く含み古くから大切な食糧とされてきました。
また、新年に米俵の形に束ねて飾り物にするので「ホンダワラ」の名があります。

「あさりすと 磯にわが見し なのりそを
       いづれの島の 海人(あま)か刈りけむ 」
                   巻7-1167 作者未詳 


( これから採ろうと私が磯で見つけたナノリソなのに
 一体どこの島の海人が先に刈り採ってしまったのだろうか )

ホンダワラに掛けて女性のことを詠った一首のようです。
すなわち、男は美しい女を見かけて自分のものにしたいと目を付けていた。
ところが、それを誰かがさっさと手をつけてしまった。
地団太を踏んで悔しがっている男です。

あさりす:漁すと:魚介類を採ること

「なのりそ」という変わった名前は日本書紀の故事に由来します。
允恭天皇の時代のことです。
皇后の妹に衣通郎女(そとほしのいらつめ)という輝くばかりに美しい女性がいました。
天皇は后にと所望しますが、衣通姫は皇后の嫉妬を恐れて一旦は固辞します。
しかしながら、天皇の再三の願いと熱意には逆らえず、ついに受諾した姫は、
皇居から遠く離れた河内の茅渟(ちぬ)に宮を営みます。

喜々として足しげく通う天皇。
やはり、怖れていた皇后の嫉妬が- -。
そして、皇后は「しばしばの行幸は万民を苦しめることになる」と戒めます。
(なかなかうまい口実ですね)
「民」をもち出された天皇は、足も遠のかざるを得ず次に訪れたのは1年後。

その時、衣通姫は次のような歌を詠みました。

「 とこしへに 君も会(あ)へやも いさなとり
            海の浜藻の 寄る時時を 」


( 私は、いつまでも安心してあなた様にお会いできるわけではありません。
 海に浮かんだ藻が波の寄るに任せて、たまたま岸に寄りつくように
 ごく稀にしかお目に掛かれないので、切なくまた寂しいのです。)

歌を聞いた天皇は

 この歌を「な告(のり)そ)」 (他人に言ってはならない)。
「皇后が聞いたらきっと恨むに違いない」と言われました。 

そこで、その話を伝え聞いた人びとは「浜藻」のことを「な告(の)りそ藻」と
呼ぶようになったのです。

「な」は禁止を「そ」は強意を表します。
 いさな(勇名)=鯨(くじら): 「いさなとり」:海の枕詞

「 海(わた)の底 沖つ玉藻の なのりその花
   妹と我れと ここにしありと なのりその花 」
          巻7-1290 (旋頭歌)  柿本人麻呂歌集


( はるか海の彼方に靡く美しい藻 なのりその花
 あの子と俺とがここに一緒にいると人には「な告りそ」の花よ )

はるか沖の彼方に靡く海藻、ホンダワラの花は抱擁する男と女。
「他人に告げるな」と人目を忍ぶ仲です。
海藻がゆらゆら揺れる姿が抱擁のさまを連想させ美しくも艶麗。
「ほんだわら」は花が咲かないので枝につく気泡を花に譬えた一首です。

「 志賀の海人の 磯に刈り干す なのりその
   名は告(の)りてしを 何か逢ひかたき 」
                    巻12-3177 作者未詳


( 志賀の海人が磯で刈り干しているナノリソではないが
  名のってはいけないその名前を私に教えたのに。
 どうしてなかなか会うことが出来ないのだろうか。)

古代、名を尋ねることは求婚を、それに応えることは受諾を意味して
いました。
「絶対に言ってはならない大切な名前を教えたのに、途端にご無沙汰とは
どういうこと」と怒り狂う女は旅の一夜を共に過ごした遊女でしょうか。
宴席で面白おかしく歌った民謡のようなものかもしれません。

志賀;福岡県博多湾入口にある志賀島

『 名告りとは元来、求婚または戦闘の時の発声で、相手を圧服しようと
いう手段である。
  相手の魂を誘い出し、自分のものとして、服従させることである。』

             ( 山本健吉 基本季語500  講談社学術文庫)

「 渚には ほんだはらなど打ちあがり
      見てゐる時に 友ら集まる 」   大阪 泰

[PR]

by uqrx74fd | 2011-07-03 14:01 | 植物