<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その三百六十四(川の音)

( 橘寺付近の流れ 奈良:明日香)
b0162728_99742.jpg

( 北鎌倉 明月院脇の小川 )
b0162728_994377.jpg

( 同上 梅の花筏 )
b0162728_910630.jpg

( 春日山原始林 佐保川の源流 奈良)
b0162728_9103824.jpg

( 吉野山:宮滝の源流)
b0162728_910577.jpg


春の訪れは木々の芽吹きや水の流れからはじまります。
「雪が解けて川となって山を下り谷を走る水」は川底の石や土砂を撫で、
時には水際の草木に触れつつバイオリンのような音を奏でながら流れてゆく。
強く、弱く、早く、ゆっくり。
時には淀みで一服し、風に吹かれてはらはらと舞い落ちてくる花びらや枯れ葉を
巻き込みながら再び楽しい旅を続けてゆきます。

私たちは日頃小川の流れに耳を傾けることがどれだけあるでしょうか。
小鳥の鳴き声、海の引き潮、そして川のせせらぎの音。
それらは、すべて疲れた体や心を癒してくれるアルファ波なのです。

「 ふるさとの川よ
  ふるさとの川よ
  よい音をたててながれてゐるだろう 」
                     ( 八木重吉 ふるさとの川 )


古代の人たちも心の安らぎを求めて野や山を歩き廻り、川音に耳を澄ませていました。

「 いにしへも かく聞きつつか 偲(しの)ひけむ
   この布留川(ふるかは)の 清き瀬の音を 」 
                           巻7-1111 作者未詳


( 今から遠い昔も このように耳を傾けながら賞(め)でたことであろうか。
 この布留川の清らかな瀬の音を )

布留川の所在は奈良県天理市布留。
川の名が「古い川」に通じることを意識して「いにしへも」と詠まれたものと思われます。
「うさぎ追いしあの山 小鮒つりしあの川」を思い出させるような一首です。

「 はねかづら 今する妹を うら若み
    いざ率川(いざかは)の 音のさやけさ 」
                       巻7-1112 作者未詳


( はねかずらを着けたばかりのあの子。
  なんと初々しく清らかなのだろう。
  まるで、率川(いざかは)の流れや川音のようだ。
  「 いざ、デートしましょう」と誘ってみたいなぁ。)

率川(いざかは)は奈良、春日山に発し、猿沢の池の南を西流して佐保川に注ぐ小川で
川の名前「いざ」に「さぁ」という誘いを掛けたリズミカルで明るい一首です。

「はねがづら」(羽蔓)は、羽毛で作った髪飾り。
女性が成年になると付けたものといわれ、現在でも和装の若い女性に見受られます。

「 見まく欲(ほ)り 来(こ)しくも しるく 吉野川
    音のさやけさ 見るに ともしく 」 
                       巻9-1724 島足(しまたり)


( 見たい、見たいと熱望していた吉野川にようやくやって来た。
  素晴らしい! それに瀬音のなんと爽やかで清々しいこと。
  見れば見るほど魅力を感じることだ。 )

朝廷に仕える官人たち4人が吉野遊覧の旅に出かけた折、景勝が望める場所での
酒宴の歌と思われます。
「しるく」は「その甲斐あって」
「ともし」は「羨し」でここでは「心ひかれる」

古代の人たちが川の音を「さやけし」と表現したのは水源の山に神が宿ることを
意識したものと考えられています。
過去から現在まで絶えることない無限の永続性と神秘性を宿した生命の水。
それを天からの賜りものと感じ、万葉人は最高の言葉で褒め称えたのです。


「 森のかげに水がながれてゐた
  そのそばに しゃがんでゐると
  こくんとおとがきこえることもある
  音がすると
  なにかそっと咲(ひら)くようなきがする 」
                           (八木重吉 秋の水 )

[PR]

by uqrx74fd | 2012-03-24 09:21 | 自然

万葉集その三百六十三(祈りと供花)

「 山寺の 扉(と)に雲遊ぶ 彼岸かな 」 飯田蛇笏

彼岸とはもともと梵語(ぼんご)「波羅蜜多(はらみった)」の訳で、「悟りの境地に至る」
こととされていますが、この季節は太陽が真西に沈むので西方浄土と関係づけて
彼岸会の仏事が行われるようになったといわれています。

春分の日を「お中日」とした前後3日ずつの7日間をいい、今年は3月17日から23日まで。
7日間とされている理由は、中日は先祖に感謝し、残る6日は悟りの境地に
達するのに必要な徳目である六波羅蜜(ろくはらみつ)、すなわち

1、布施(分け与えること) 2、持戒(戒律を守る)、 3、忍辱(にんにく:慈悲)、
4、精進(努力)、 5、禅定(心を安定させる)、
6、智慧 (物事をありのままに観察し根源的なものを把握する)
を1日一つづつ修めるためとされています。

わが国最初のの公式な彼岸会は
『 806年、朝廷が崇道天皇のために諸国の国分寺の僧に命じて
「七日金剛般若経」を読ませたと』(日本後記) の記述によりますが、
記録に残らない法会はそれ以前に行われており、万葉集にも仏前唱歌や
供花に関する歌が残されています。

738年、11月の中頃、光明皇后の祖父にあたる藤原鎌足の70周忌の法会が
皇后宮で行われました。
僧侶の読経が終わった後でしょうか、唐や高麗などの異国の音楽を終日供養したあと、
琴の伴奏で十数人の人たちが仏前で唱歌を捧げ、故人の冥福を祈ります。

「 時雨の雨 間(ま)なくな降りそ 紅(くれなゐ)に
    にほへる山の 散らまく惜しも 」 
                           巻8-1594 作者未詳(既出)


( 時雨の雨よ そんなに絶え間なく降らないでおくれ。
 紅色に美しく照り映えている山の紅葉が散ってゆくのは
 なんとも残念でたまりません )

声明のような節をつけて歌われたのでしょうか。
いまにも妙なる声が聞こえてきそうな気がいたします。

この歌は、もともと仏教とは関係なく、時雨に打たれて散る紅葉を惜しむ気持ちを
詠ったものですが、紅葉に亡き鎌足の華々しい人生、散るさまに諸行無常の気持ちを
こめて献じたものであることが後書きで知ることが出来ます。

鎌足を祀る談山神社が紅葉の名所であることもにも思い重ねて古代王朝の雅やかな
法要の一端を偲ばせてくれる一首です。

「 梅の花 しだり柳に 折り交え
     花に供へば 君に逢はむかも 」 
                      巻10-1904 作者未詳


( 手折ったしだれ柳に梅を交じえて、お花として供えたならば、あの方に
 お逢いすることができるでしょうか。)

愛する人に先立たれ、仏前にぬかずく女性。
様々な思い出が瞼に浮かんできたことでしょう。

万葉集で仏前の供花を詠ったのはこの一首のみですが、春の供花として、
梅、柳を手向けることが多かったことが窺えます。

柳が用いられたのは生命力が強く、春一番に芽吹くことから長寿や繁栄の象徴と
みなされ、さらにその頼もしい生命力に頼り、悪い妖気を払う守護神として
屋敷の周辺や水辺を取り巻くように植えられていたことによるものと思われます。

供花は浄土信仰が浸透する平安時代に一般的になり、有名な鳥羽僧正の鳥獣戯画にも
猿の姿をした僧が蛙の仏前に花を供える様子が描かれていますが、やがて生け花へと
進化してゆきました。

「 みちのくの 今年の桜 すべて供花(くげ) 」 高野ムツオ

以下は長谷川櫂氏の解説です。
『 作者は宮城県多賀城市の人。 昨年の大震災直後の句である。
やがて咲く桜は犠牲者への供花。
「みちのくの」とあるが日本全国の桜が供花のようだった。 』
                       (2012,3,11読売新聞 四季より)

震災後1年経過した後もいまだに傷が癒えることはありません。
本稿を亡くなられた方々に捧げ、心からの冥福をお祈りいたします。

「手に持ちて 線香売りぬ 彼岸道」 高濱虚子

わが国での香の起こりは聖徳太子の時代、595年に淡路島に香木「沈香」が
漂着した(日本書紀)ことに始まるとされています。
その後中国から各種の香木が渡来しますが、正倉院に納められている有名な
蘭奢待(らんじゃたい)もその一つです。
法会に欠かせない線香ですが現在のような形になったのは江戸時代以降だそうです。

また、蝋燭(蜂蜜から作る蜜蝋)も奈良時代に中国から渡来していました。

「 命婦より 牡丹餅たばす 彼岸かな 」  蕪村
彼岸の供え物といえば「ぼたもち」「おはぎ」ですが、彼岸の頃に咲く牡丹(春)、
萩(秋)に由来するといわれています。
「たばす」は「賜ばす」で戴く。
「命婦(みょうぶ)」は後宮の中級女官や中臈の女房の総称ですが、ここでは
牡丹餅をくれた女性を面白がって詠んでいるのでしょう。

「長谷寺に法鼓轟く彼岸かな 」  高濱虚子
[PR]

by uqrx74fd | 2012-03-17 20:31 | 生活

万葉集その三百六十二(梅と蘭)

( 下曽我梅林 2012.3.7日撮影)
b0162728_18611100.jpg

( 同上 )
b0162728_1862924.jpg

( 同上 )
b0162728_1865867.jpg

天平2年(730) 正月の13日、大宰府長官、大伴旅人の邸宅で「筑紫歌壇ここにあり」と
大いに名をあげた一大イベント、世にいう「梅花の宴」が催されました。
主客合わせて総勢32名、一人一首づつ詠み合うという、後の歌合せや俳諧連歌の先駆を
なす我国文藝史上画期的な歌会で、都で流行の漢詩に対し「やまと言葉」で詠われたことも特筆されます。

開宴に先立ち主人の大伴旅人は以下のような挨拶をしたと思われます。(序の記述)

「 折しも初春の佳き月で、気は清く澄んで快く、風はおだやかにそよいでいる。
  梅は佳人の鏡の前の白粉(おしろい)のように白い花を咲かせ、
  蘭は貴人の飾り袋のように良い香りを発している。

  そればかりか、夜明けの峰には雲がかかり、松はその雲の薄絹をまとって
  あたかも蓋(きぬがさ)をさしかけたようだ。

  夕方の山の頂には霧がかかり、鳥は霧の帳(とばり)に閉じ込められながら
  林に飛び交うている。

  庭には春生まれた蝶がひらひら舞い、空には秋来た雁が帰って行く。-(以下省略)

  さぁ、われらもこの園の梅を題としてやまと歌を作ることにしょう。 」

まずは主客の歌から。

「 正月(むつき)立ち 春の来(きた)らば かくしこそ
    梅を招(を)きつつ 楽しき終(を)へめ 」
             巻5-815 紀卿(きのまへつきみ)


( 正月になり春がやってきたなら、毎年このように梅の花を迎えて
  楽しみのかぎりを尽くそうではないか )

「日本暦日原典」(内田正男著)によると天平2年1月13日は陽暦の2月4日、
 つまりこの日は立春であったそうです。
 旅人はこの春立つ日を期して宴を開き、紀卿の歌もそれを踏まえて
 冒頭の挨拶としたのです。

「 梅の花 今咲けるごと 散り過ぎず
    我が家(へ)の園に ありこせぬかも 」 
                 巻5-816 小野大夫(をののまへつきみ)


( 梅の花よ 今咲いているように散り過ぎてゆくことなく、
 ずっと我らの園に咲き続いて欲しいものです )

最初の歌を受けて二番手が開宴を寿ぎ、後の歌人につないでゆきます。
「ありこせぬかも」は「あってほしいなぁ」の意。

さて、上記の序文「蘭は貴人の飾り袋のように良い香りを発している」の原文は
「 蘭は珮後(はいご)の香を薫(ゆく)らす」 と漢文調で書かれています。

「蘭:らん」は漢語。 
わが国では「らに」とよばれ、現在の「春蘭:シュンラン」とされています。

以下は 久保田淳著「野あるき花物語」(小学館)からの一部抜粋です。

『 春蘭は早春の山地に気品のある花を咲かせる東洋蘭の一つです。
  花は淡い黄緑色の咢(がく)に包まれた白くて紅紫の斑点のある唇状の花弁です。
  この花を摘んで塩漬けにして吸い物に入れたりします。
  食べるために摘んでしまうのはもったいないような気がするのですが- -。
  別名を「ほくろ」というのは、花弁の斑点を人の顔のほくろに
  見立てたのでしょうか。 』

「山にして 落葉かき分け 春蘭を
     子らと掘りつつ 楽しきろかも 」  香取秀真


春蘭は古くから我国にも自生していたようですが、当時は梅が大いに
もてはやされていた時代であったため貴族たちの興趣を惹かなかったのでしょうか。
あるいは、野にひっそりと咲いていたので目立たなかったのかもしれません。

このような美しい花がどうして詠われなかったのか不思議な気がいたしますが、
漢文に造詣が深かった大伴旅人のお蔭で蘭が万葉時代に知られていたことが窺える
貴重な一文です。

  「春蘭の 花に逢ひたる 山路かな 」     松本つや女
[PR]

by uqrx74fd | 2012-03-10 18:16 | 植物

万葉集その三百六十一( 猿 )

( 猿石  飛鳥にて )
b0162728_9213044.jpg

( ニホンザルの親子 上野動物園にて )
b0162728_9214517.jpg

( 猿田彦神社  東京:大塚 )
b0162728_9234170.jpg


猿は人類を除く霊長目の獣の総称とされ、単に猿という場合はニホンザルをさすことが
多いようです。
古くは「ましら」ともよばれ、万葉集巻2-91の歌で「いへもあらましを」の
原文表示に「家母有猿尾」とあり、「まし」に「猿」という字を当てていることからも
そのことが窺えます。
また、猿を「えて公」とよぶことがありますが「さる」は「去る」に通じると忌まれ
「得て」に言い換えたそうです。

「猿」という字は本来「手長猿」をさし、尾の短いニホンザルは「猴」と書くべきと
されていますが、古くから混用され今は専ら「猿」。

縄文時代には各地で多く棲息していたらしく、遺跡から骨や埴輪などが出土しており、
また、記紀をはじめ各地の風土記に多くの記述があるにもかかわらず、
不思議なことに万葉集にはたった一首、それも極めて特異な場面、酒飲みの歌に
登場するのです。
  
「 あな醜(みにく) 賢(さか)しらをすと 酒飲まぬ
    人をよく見ば 猿にかも似む 」      
                   巻3-344  大伴旅人


( ちっ、醜怪きわまるなあ、利口ぶってさ、
  わたくしお酒みたいなものいただきませんのよ、ホホホなんていうやつの顔を見ると、
  猿そっくりだぜ )            (杉本苑子訳)

讃酒十三首の中の一ですが、大酒飲みの作者は酒を飲まない人を猿に似ていると
けなしているのです。 
ここまで云われれば「けしからぬ」という反論が出てくるのは当然でしょう。

『 失礼な言い草ではないか。下戸の私は大いに気に食わない。
 酒吞みというものは独善的で、えて、かかるタワゴトを口走るものだが
 猿の赤っ面に似ているのは、そもそも酔っ払いか しらふか、どちらであろうか。』
                            (杉本苑子 私の万葉集 集英社文庫)

御尤も、御尤も。
旅人サンもさぞ苦笑いしていることでしょう。

正岡子規は旅人の歌をもじって

「 世の人は さかしらをすと 酒飲みぬ
     あれは柿くひて 猿にかも似る 」   正岡子規


  「さかしら」な人間をからかい、万葉人のようにもっと鷹揚になれと詠い

「 世の人は 四国猿とぞ笑ふなる
            四国の猿の 子猿ぞわれは 」 正岡子規


と世の人が田舎者扱いするのをと「笑はば笑え」と吹き飛ばしています。
子規も賢しこそうに振る舞い利口ぶる人間には我慢ならなかったのでしょう。

『 猿は動物園の人気者だが、神経は細やかで繊細である。
  猿を見て人は笑うが、猿は人を見ても笑わない。
  面白くないからだ。 」  
                  ( 樋口 覚著 短歌動物誌 文春文庫)

そう云われれば ??
子猿がじゃれて親を見ながら笑っている場面に遭遇したことはありますが、
猿から笑いかけてきたことは一度もありませんなぁ。

青森県下北半島は北緯41度。そこに棲むニホンザルは北限の奇跡といわれています。
同じ緯度前後に位置するニユーヨーク、マドリード、ナポリ、北京、イスタンブールに
野性の猿は存在しません。
そもそも猿は熱帯、亜熱帯地方に生息する動物で、下北のニホンザルはさぞ過酷な
冬を過ごしていることでしょう。
厳寒の森の中で木の皮を剥いで飢えをしのぎ、それでも食べ物がないときは海に出て
貝殻、海藻、さらには流れ着く野菜や果物なども拾っているそうです。

「 わびしらに ましらな鳴きそ あしひきの
    山のかひある 今日(けふ)にやあらなむ 」
                凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)


( 猿よ、そんなにもの悲しげに鳴くな。
 山の峡(かい)、すなわち甲斐ある今日の日ではないか )
 
907年宇多法皇大堰川(おおいがわ)行幸の折、「猿、山の峡に叫ぶ」という題で
詠われたもので、「わびしら」→「ましら」と同音「しら」を反復し
「峡」と「甲斐」、「峡(けふ)」に「今日」を二重に掛けた技巧の歌です。

「法皇がいらした甲斐のある日だから、ふだんはもの悲しげに鳴く猿も
今日ばかりは悲しげに鳴くな」と呼びかけたものですが、猿が悲しげに鳴くという
表現は漢詩文の常套句であったようです。

平安時代、猿の鳴き声は「カッ、カッ、カッ」、鎌倉、室町、戦国から江戸時代までは
「キャッ、キャッ、キャッ」とか「キィー」と聞き慣らされていたようですが
これは猿の悲鳴で、檻に閉じ込められたり、人から制裁を受けたりしたときに
引きつった顔で鳴く声だそうです。
それが猿の一般的な鳴き声とされたのは

『 猿回しなどの風習が定着し、野性の猿と疎遠になったため、庶民は日常的に
耳にする鳴き声を代表的なものと受け取っていた 』と考えられています。
                        ( 三戸幸久 人とサルの社会史 東海大出版会 )

下北半島で猿の生態を研究されている松岡史朗氏は

『 猿の鳴き声は30~40種類あり、心が落ち着いている時は、まろやかに
「クウ、クウ」と鳴き、これをニホンザルの代表的な声として推したい 』と
言われています。   ( クウとサルが鳴くとき 地人書館)

「膝立てて蚤(のみ)とる猿や岩の上」  涼菟

猿の毛づくろいを「グルーミング」といいますが、捕っているのは蚤(のみ)ではなく虱(しらみ)。
捕る方も心の安らぎを感じながら楽しんでいるようですが、3日もサボるとたちまち
虱だらけになるそうです。 (松岡史朗 同)

「 手を廻し 子猿背(せな)掻くに母の猿 
       その毛掻き分け 見てはやりつも」  太田水穂


出産、育児は母親のみで行い、父親の協力はなし。
近年の調査によると群れの中のボス猿は餌付けされた猿の世界の中のことで
野性の猿は協調の群れとなっており、ボスではなく、リーダという呼び名に
変えているそうです。

  「猿の温泉入浴もよく放映されますがこれも餌付けされた人間を
  怖がらない猿の生活の一環で、野生の猿にはその習慣がない。
  ニホンザルの顔と尻が特に赤くなるのは秋の発情期。
  興奮した時に発色し、赤の色は相手も興奮させるための性ホルモン。」
                                 ( 松岡史朗 同)

15年間も野生のサルに密着して生活をされた松岡氏。
今までの常識が大きく覆された貴重な記録です。

「 猿の子の目のくりくりを面白み
      日の入りがたを わがかへるなり 」 斎藤茂吉

[PR]

by uqrx74fd | 2012-03-04 09:35 | 動物