<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その四百四十三 ( 韮 ニラ)

( ニラの花  佐倉市 )
b0162728_1551193.jpg

( 同上 )
b0162728_1552865.jpg

( 同上 )
b0162728_1553916.jpg

( 同上 )
b0162728_1555064.jpg

(同上  万葉植物園  奈良市 )
b0162728_156145.jpg

( 芽出ししたばかりのニラ  同上 )
b0162728_1562030.jpg

「ニラ」は古代「ミラ」「ククミラ」とよばれた中国原産のユリ科の多年草です。
独特の匂いがあり、ニンニク、ネギ、ヒル、ラッキョウ、ネギとともに
「五葷(ごくん)」、つまり、「匂いの強い五種の野菜」の一つとされています。
  (葷は薫と同系の文字)

葉、茎はベーターカロチン、ビタミン類、カルシュウム、リン、鉄分など多く含み、
栄養価が極めて高い菜として通年栽培されていますが旬は
「韮茹でて あらたに春と 思ひけり 」 八十島祥子
とあるように早春が一番美味しいようです。

夏になると緑の葉の間から細長い花茎を出し、てっぺんに白い星形の6弁の
小花を沢山咲かせます。
横からみると白い毬のように見えて美しい。

万葉集では摘み取り作業の様子を伝えてくれる貴重な歌が1首残されています。

「 伎波都久(きはつく)の 岡の茎韮(くくみら) 我れ摘めど
   籠(こ)に満(み)たなふ 背なと摘まさね 」
                    巻14-3444 作者未詳(東歌)


( 伎波都久(きわつく)の 岡の茎韮(くくみら)、
  この韮を私はせっせと摘むんだけれど、ちっとも籠に
  いっぱいにならないわ。
  それじゃ、あんたのいい人と一緒にお摘みなさいな )

伎波都久(きはつく)は常陸の国(茨城)とする説もありますが、詳細は不明。
「ククミラ」の「クク」は「茎」、「茎が立った韮」の意です。

この歌の最後、「背なと摘まさね」は別の人間が囃し言葉として
唱和したらしく、茶摘み歌、草刈り歌などの原型をなす民謡と思われます。

春の野で楽しげに詠っている乙女たちが彷彿され、そこには、
収穫が多いことを願う気持ちも込められているのでしょう。

 
「 わが生(あ)れし 村に来りて 柔らかき 
     韮を食(は)むとき 思ほゆるかも 」 斎藤茂吉


古代の人たちは韮が強壮、強精、風邪予防、下痢、吐血に効果があることを
よく知っており、茹でたり、塩漬けにしたり、魚や貝の鱠(なます)の和え物にして
食べていたようです。
和え物は現在の分葱のヌタのようなものだったのでしょうか?

「 韮雑炊 煮ゆるを看(みと)る 如くをり 」   殿村菟絲子 

土鍋で看取るようにゆっくりと炊く。
ほどなくクツグツと音を立てはじめたところで韮を一杯入れ、さらに
弱火で炊き上げる。
お腹の調子が悪い時や二日酔いに最適の韮粥です。

「 韮 剪(き)つて 酒借りに行く 隣かな 」  正岡子規

子規は韮を好んだようですが、煎り卵を和え物にしたのでしょうか。
餃子、ニラレバ、ニラ卵、焼きそば、春巻きなど中華料理に多く使われている
ニラですが中國では餃子の具として使われることは少なく、ニラを使う場合は
「韮菜餃子」と称して区別されているそうです。

余談ながら、室町時代、「葱(ねぎ)」は「一文字(ひともじ)」,
「韮(にら)」は「二文字(ふたもじ)」とよばれていました。
「葱」は昔「き」とよばれたので一文字 「にら」は2字なので二文字(ふたもじ)。
宮中の女房言葉、一種の隠語です。

女房言葉には「おかか」(鰹の削り節)のように頭に「お」が付く場合と
「おめもじ」(お目にかかる)のように後ろに「もじ」が付く場合があり、
現在でも多く使われています。

 「韮の花 ひとかたまりや 月の下」  山口青邨
[PR]

by uqrx74fd | 2013-09-28 15:06 | 植物

万葉集その四百四十二( 秋の七草 2.)

( 萩 谷中 宋林寺 )
b0162728_10393123.jpg

( 尾花  正歴寺への道で 奈良市 )
b0162728_10394510.jpg

( 葛  佐倉市 )
b0162728_10395974.jpg

( 撫子 富士見高原 長野県 )
b0162728_10401240.jpg

( 女郎花(おみなえし) 向島百花園 )
b0162728_10402365.jpg

( 藤袴  奈良万葉植物園 )
b0162728_1040343.jpg

( 桔梗  白毫寺 奈良市 )
b0162728_10404823.jpg

( ハタザオキキョウ 小石川植物園 )
b0162728_10405840.jpg

今から約1280年前、筑前の国守、山上憶良が地方視察に出掛けた折のことです。
大宰府の喧騒から遠く離れ、広々とした野原に出ると、秋の花々が一面に咲き乱れ、
大勢の子供たちが花摘みをしながら駆け回っていました。
子煩悩な憶良は「お-おぃ、こちらへおいで」と気さくに声をかけ、

「 みんな! ここに咲いている花の名前を知っているかい。
  これは萩、そして尾花、葛、なでしこ
 それからこちらは をみなえし、藤袴、朝顔(=桔梗)というんだよ」

と相好をくずしながら教えたのです。

「 秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
       かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 」    巻8-1537 山上憶良(既出)

「 萩の花 尾花葛花 なでしこの花
   をみなへし また藤袴 朝顔の花 」    巻8-1538 山上憶良(既出)


憶良が子供達に教えた花の名はその後、秋を代表する草花として現在に至るまで
変わることなく受け継がれています。
万葉集で詠われている七種のうち萩は141首、尾花34、葛20、なでしこ26、
をみなえし15、藤袴1、朝顔(桔梗)5首、と萩が他を圧倒していますが、地味な
尾花が堂々の2位。
風に靡く穂、飛び散る花穂(かすい)、白露に濡れるさまなどに美を見出した
万葉人のセンスには驚きを感じます。
藤袴は憶良の歌に「藤袴」と2文字見えるのみ。
七草のうち唯一中國渡来の植物なので当時はまだ一般に知られていなかったの
かも知れません。

それでは、これらの花がどのように詠われたのか1首づつ挙げて参りましょう。

「 草枕 旅ゆく人も 行(ゆ)き触れば
         ひほひぬべくも  咲ける萩かも 」
                        巻8-1532 笠 金村


( 旅行く人が 行きずりに触れでもしたら、着物に色が染まってしまうばかりに
 咲き乱れている萩の花よ )

「 伊香山(いかごやま) 野辺に咲きたる 萩みれば
           君が家なる 尾花し思ほゆ 」     巻8-1533 笠 金村


( 伊香山、この山の野辺に咲いている萩を見ると、あなたさまのお屋敷の
 尾花が思いだされます )

この2首は聖武天皇の時代、宮廷歌人であった作者が越前敦賀の国守として赴任する
石上乙麻呂に従って旅をした折の歌です。
伊香山は琵琶湖の北端、木之本町にある山とされ、秋風が爽やかに吹き抜けてゆく中、
萩や尾花が咲き乱れている野を楽しげに歩いている様子が目に浮かびます。

2首目の「君が家なる 尾花し思ほゆ」の「君」は作者が乙麻呂に話しかけたもので
望郷の念も感じられる一首です。

「 ま葛延(は)ふ 小野の浅茅を 心ゆも
          人引かめやも 我が なけなくに 」 
                    巻11-2835 作者未詳


( 葛が延(は)い廻っている小野の浅茅。
  まさかその浅茅を他人が本気で引き抜くなんてあるまいな。
  この私というものがいるというのに )

この歌は花に寄せた恋歌で、「ま葛延ふ」は女のまわりをうろつく仇男
「浅茅」を自分の恋人に譬え、他人に恋人を横取りされる不安をかき消そうと
詠ったようです。

「小野」は人里の野
「浅茅」は丈の低い茅で若穂を摘んで食用にした。 ここでは恋人の譬え
「心ゆも」は「まさか」~とは思わなかったとの否定の意を含む言葉
「我が なけなくに」は「自分というものがいるというのに」

葛はあらゆるものに絡みついて延びて行くので、仇男の比喩としては迫力があり面白い。

「 朝ごとに 我が見るやどの なでしこの
           花にも君は ありこせぬかも」
                巻8-1616 笠 女郎(かさの いらつめ)


( 朝ごとに私が見る庭の撫子の花 
 あなた様がこの花であって下さったらよいのに)

作者が大伴家持に贈った歌で、
「貴方様が撫子なら毎日見ることができるのに」と思うに任せぬ嘆きを詠ったもの。
「ありこせぬかも」は「~であってくれないものか」と願望を表します。

家持は殊の外、撫子を好み11首もの歌を残しています。
そのことを知っていた作者は撫子を家持とみなして気を引いたものと思われますが
残念ながら空振り。
次々と出したラブレターは29首、ようやく返された歌はたったの2首。
それもそっけないものでした。
恋に破れた郎女は泣く泣く故郷、吉備へ帰って行ったのです。

「 をみなへし 秋萩交る 蘆城(あしき)の野
        今日(けふ)を始めて 万代(よろづよ)に見む 」
                      巻8-1530 作者未詳


( をみなえしと萩が入り交じって咲いている蘆城の野よ。
 今日を始めとしていついつまでも見ましょう )

大宰府に着任した官人を歓迎する野遊びの折の歌です。
蘆城野は福岡県筑紫野市阿志岐(あしき)にある宿場で、大宰府から約4㎞。
官人たちが好んで集宴を催した場所だったようです。
澄み渡る秋空の下、女郎花、萩のほか、色とりどりの草花に囲まれての酒宴は
さぞ楽しかったことでしょう。

「 やどりせし 人のかたみか 藤袴
         わすれがたき香(か)に にほひつつ 」 紀貫之 古今和歌集


( 一夜過ごして行った人が残してくれた形見でしょうか。この藤袴は。
 忘れられない香を何度も匂わせていることです )

万葉時代、憶良以外に詠われなかった藤袴は香が好まれた平安時代に
男の袴との取り合わせで艶めかしく登場します。
七草の中で唯一渡来した藤袴は「蘭草」「香草」の漢名にある通り、
香りが漂う植物で、乾燥させて香料にしていました。

共に一夜一過ごした枕元に藤袴の花が生けてあったのか、それとも脱いだ男の袴に
香が焚き込められていたのか。
「にほひつつ」に余韻が残る歌で、作者が女性の立場になって詠ったものです。

「 朝顔は 朝露負ひて 咲くといへど
         夕影にこそ 咲きまさりけれ 」 
                     巻10-2104 作者未詳(既出)


( 朝顔は朝露を浴びて咲くというけれど、夕方のかすかな光の中でこそ
 ひときわ咲きにほふものでありました )

朝顔は現在の何の花にあたるのか?
当初は朝顔、木槿(むくげ)、桔梗説に分かれていました。
平安時代に中国から渡来した朝顔と木槿は夕方に萎む一日花であることから
この歌にふさわしくないとして除外され、最後に残ったのが桔梗。
歌の「夕べには一段と美しい」という表現が決め手となったのです。

さらに、我国最初の漢和辞典「新撰字鏡」(901年頃:僧 昌住著) の
「 桔梗は阿佐加保(アサカホ) または 
岡止々支(オカトトキ=桔梗の別名)という」の記述が
それを裏付けることになったようです。

   「 きりきりしゃんとして咲く桔梗哉」 一茶

紫や白の上品な色。
凛とした立ち姿。
そこはかとなく漂う色気。
着物姿の女性を思わせる花です。

「 七草は 今や咲かむと 色ばめど
      菊は蕾を いまだ結ばず 」 伊藤左千夫


               ご参照 万葉集遊楽 その二十五 ( 秋の七草 )
[PR]

by uqrx74fd | 2013-09-20 10:42 | 植物

万葉集その四百四十一 (露草)

( 露草 山の辺の道 )
b0162728_1647067.jpg

( 露草 向島百花園 )
b0162728_16471349.jpg

( オオボウシバナ(ツユクサ科) 小石川植物園 2013,7,21 撮影 )
b0162728_1647265.jpg

( 同上 )
b0162728_16473850.jpg

( 同上 )
b0162728_164751100.jpg

( 左、露草  右 オオボウシバナ )
b0162728_1648444.jpg

( アカバナツユクサ  小石川植物園 )
b0162728_16481451.jpg

ツユクサは山野、道端、畑地など、いたるところに自生しているツユクサ科の1年草で、
6月から9月にかけて夜明けと共に蛤のような形をした瑠璃色鮮やかな小花を咲かせます。

太陽が上るとともに萎んでしまう1日草なので、その姿が儚い朝露を連想させる、
あるいは露をおびて咲くのでその名があると云われていますが、
「色に出た露の精」(徳富蘆花)という美しい賛辞を贈られている心惹かれる花です。

古くは染料に用いられ、臼で搗(つ)いて染めたので「ツキクサ」とよばれていましたが、
万葉集では月草という表記が多いため、
「夜の暗いうちから月の光を浴びて咲くので月草という」(新井白石)という
ロマンティックな解釈もなされています。(通説ではない)

ツキクサで染めた着物は色が不安定で褪せやすかったため、古代の人は
洗濯の度に摺りつけを繰り返さなければなりませんでした。
そのようなことから万葉集での9首はすべて移ろいやすい男心と女心、
消え入るばかりの恋心の比喩として詠われています。

「 月草に 衣色どり 摺(す)らめども
    うつろふ色と 言ふが苦しさ 」 
                     巻7-1339 作者未詳


( 露草の花で着物を美しく染め、恋人に見せたいと思うのですが、
世間の人はあの人のことを「移ろいやすい人」だと言っています。
そのような噂を聞くのは辛いことです )

この歌は「草に寄す」という項目に分類されているので、月草に事寄せた恋の歌です。
即ち「衣色どり摺る」は「結婚したいと願う女の気持ち」、
「うつろふ色」は「移り気が多い男」を比喩しています。

女がある男を好きになった。 そしてその男から求婚された。
しかし世間の人々は「あの男は浮気者で女を次から次へと追いかけている」と噂している。
どうしょうかと悩んでいる乙女。


「 朝露に 咲きすさびたる 月草の
     日くたつなへに   消(け)ぬべく思ほゆ 」 
                           巻10-2281 作者未詳


( 朝露を浴びて咲きほこる露草は日が傾くとともに萎んでゆきます。
  私の心もその花と同じ。
  日が暮れるにつれて消え入るばかりに萎えてゆきます )

「咲きすさびたる」  「すさぶ」は思いのままに振る舞うので、ここでは
  ほしいままに咲き誇っている 
「日くたつ なへに」の「くたつ」は最盛期を過ぎ衰える 
「なへに」 ~するにつれて
太陽が西に落ちてゆく様子。

「今日は必ず行くよ」と約束してくれたあの人
胸をはずませて待っていたのに、いつまで経っても男は来ない。
寂しさと共に想いが募るばかりの可憐な女性です。


「 百(もも)に千(ち)に 人は言ふとも 月草の
         うつろふ心 我れ持ためやも 」 
                   巻12-3059 作者未詳


( あれやこれやと人は噂を言いふらしても、露草のような移り気な心を
 私は持つものですか )

「百千(ももち)」 は数が多いことで、あれやこれやと噂を立てられ
交際相手から「お前さん評判が良くないよ、浮気しているのではないのか」
と問い詰められ 「そんなことあるものですか」と答えたもの。
男女どちらの歌ともとれます。

「 露草の 瑠璃いちめんの 昼寝覚 」 木村燕城

化学が進歩した現在、褪せやすい露草の染料など、とうに無くなってしまったと
思いきや、逆にその性質を利用して友禅などの高級染物の下絵描きに用いられています。
園芸品種に改良された「オオボウシバナ」です、(露草は帽子花ともよばれている)
滋賀県草津市周辺で僅かに栽培されているのみですが、夏の土用のころに花を集めて
手で絞って濃い藍色の汁を採り、和紙にしみこませて藍紙を作ります。
染色の図柄の下絵を描くときにそれを水溶きして使用しますが、その色素は
染め付けたあと水洗いすると完全に消え、今日なおこれに代わる染料はないと
いわれる貴重な花なのです。

小石川植物園の一角に絶滅の恐れがある植物を育てながら保存している
コーナがあります。
ある夏の日、幸運にも満開の「オオボウシバナ」を見つけました。
初めてみる花でしたが、普通の露草よりはるかに大きく、色も鮮やかです。

「 露草や 月影待ちて 明けわたり」  呂暁
              
                    ※ ここでの月影は月の光
[PR]

by uqrx74fd | 2013-09-13 16:49 | 植物

万葉集その四百四十 ( 生駒山:暗峠 )

( 生駒山の古道 大小の石が転がっている )
b0162728_822544.jpg

( 同上  狭くて滑りやすい山道 )
b0162728_8222396.jpg

( 暗峠:くらがりとうげ  奈良県と大阪府の県境 )
b0162728_8224052.jpg

( 生駒山に続く狭い道 )
b0162728_8225685.jpg

( 生駒山中腹から奈良方面を望む )
b0162728_823977.jpg

 ( 柘榴の花 )
b0162728_8232925.jpg

( 合歓の花 )
b0162728_8234488.jpg

( のうぜんかずら  白壁と石組みが美しい )
b0162728_824057.jpg


「 棟寄せて くらがり峠 小鳥来る 」  犬童冴子

50年ぶりに生駒山へ。
猛烈な暑さなので下りのみのハイキングです。
まずは近鉄生駒駅に隣接する年代物のケーブルカ-に乗り山頂を目指します。
ところが、なんと!途中で乗り換え。
接続が悪く待つこと30分、山頂に到着するまで50分も掛かってしまいました。

降り立って、「さ-て、大和、難波は何処」と見渡せど、周りはテレビ局の
電波塔や観測台が隙間なく林立している上、厳重な鉄網で囲われており、
展望は全くきかない状態。

中心部は遊園地。
酷暑の影響か閑散としています。
遊ぶ施設が少なかった時代、子供たちで賑わっていたものでしたが、
今は夜の納涼祭で大人が多いとか。

標高642m、360度俯瞰できた昔の素晴らしい眺めを懐かしみながら
早々と南側から奈良方面に通じる山道を下りはじめることにしました。

大小さまざまな岩があちらこちに転がっています。
急坂を滑らないように気を付けながら歩くこと約40分。
突然、道が途切れ、目の前は信貴生駒スカイライン。
古代の道が開発のためズタズタに寸断されていることを実感します。

利用客が少ないのか、車もほとんど見当たりません。
危険が少なさそうな脇道を歩き続けること約2㎞。
急な下り道が続き爪先が痛くなってきました。
逆に登るとなると「大変だなぁ」と実感することしきりです。

再び山道に入り、てくてく歩くこと約2㎞のところで広い道に出ました。
「暗峠(くらがりとうげ)」です。
生駒山の鞍部にあたり、標高は455m。
峠の頂上には、奈良県生駒市と大阪府東大阪市の境を示す標識が立ち、
50mほど続く石畳に昔の面影が残されています。
周囲はお休み処のほか数軒の民家。
近くに棚田が広がっているので農業を営んでおられるのでしょう。

1914年、近鉄奈良線の生駒トンネル(3494m)が貫通するまで奈良、大阪間の
幹線道路として賑わい、
「商品を仕入れにゆく人々は徹夜でこの峠を越えた」(犬養孝 万葉の旅上)
と云われるところです。
重厚な石畳は江戸時代、郡山藩が参勤交代をスムースにするために設けたと
伝えられていますが、平城京と難波を結ぶ最短距離の道として利用されていた頃は
今よりもずっと道幅も狭く、むき出しのごつごつとした岩が多く転がって
いたことでしょう。

「 妹に逢はず あらばすべなみ 岩根踏む
     生駒の山を 越えてぞ我が来る 」 
                       巻15-3590 作者未詳


( あの子に逢わないでいると どうにもやるせなくて 
 岩を踏みしめるような険しい生駒の山を越え 大和へ急いでいる )

遣新羅使を命じられた若者が出発前の僅かな休暇の間に夜を徹して
山越えをした時の歌です。
「岩根踏む」に険阻な道を想像させますが、一心不乱の男には辛さよりも
恋人に逢える喜びの方が勝っていたのでしょう。
「もう一息であの子を抱けるぞ」という思いが伝わってくる1首です。

「 妹がりと 馬に鞍置きて 生駒山
   打ち越え来れば 紅葉散りつつ 」 巻10―2201 作者未詳


( いとしいあの子の許へと馬に鞍を置いて 生駒山を急ぎ越えてくると
 紅葉がしきりに散っていることよ ) 

こちらは悠々と馬上の旅。
紅葉を楽しむ余裕があり、旅情も漂っています。
作者は高貴な人物なのでしょうか。

「妹がり」の「がり」は「~のもとへ」
なお、万葉で「もみじ」の原文表記はほとんど「黄葉」(もみち)。
その中で「紅葉」と表記されている唯一の歌です。

「 菊の香に くらがり登る 節句かな 」 芭蕉

1694年9月9日、芭蕉は伊賀上野を立ち大阪へ向かいました。
奈良で一泊した翌日、暗峠を越えたところで、ほのかな菊の香りが。
「おぉ、そういえば今日が重陽の節句であった」
と詠んだ土地への挨拶句です。

大阪に到着した芭蕉はほどなく体調を壊し、10月に花屋仁左衛門宅で
人生の終焉を迎えました。
暗峠越えが最後の旅になるとは、夢想だにしなかったことでしょう。

「 旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる 」 芭蕉

しばし古を偲んだ後、再び坂道を下りはじめました。
美しい棚田や遠くの山並みを楽しみながら歩くこと4㎞。
柘榴、合歓、凌霄花(ノウゼンカズラ)などの花々も美しい。

町が近づくにつれ民家が急に多くなります。
生駒山麓の高台の落ち着いた家並みを通り、町中を通って南生駒駅へ。
ざっと3時間の山下りでした。

「 音もなく のうぜんかづら こぼるる日 」 吉川思津子
[PR]

by uqrx74fd | 2013-09-07 08:24 | 万葉の旅