<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万葉集その五百五十六 (我が心の佐保)

( 佐保路散策マップ  画面をクリックすると拡大できます)
b0162728_6342140.jpg

( 佐保山〈後方〉 中間の家並みあたりに古代貴族の邸宅があった 二月堂で撮影)
b0162728_634799.jpg

( 東大寺転害門 〈国宝〉 ここから正倉院、東大寺まで5分)
b0162728_6335193.jpg

( 転害門内側から佐保路を見る 今は狭く住宅がびっしり )
b0162728_6333578.jpg

( 般若寺  石仏とコスモスが美しい )
b0162728_6331534.jpg

( 興福院:こんぶいん 閑静な尼寺)
b0162728_6325430.jpg

( 不退寺 在原業平ゆかりの寺院 )
b0162728_6323490.jpg

( 佐保川  近鉄新大宮駅から5分 )
b0162728_6321184.jpg

( 聖武天皇陵  後方 佐保山 )
b0162728_6315156.jpg

( 法華寺  光明皇后ゆかりの寺院 )
b0162728_6313012.jpg

(  奈良女子大 クラシックなたたずまいは絵になる )
b0162728_6311114.jpg

奈良県庁の屋上展望台から四方を見渡すと、東に春日山、西に平城京跡、
南、三輪山、北に京都方面が臨まれます。
佐保山は春日山、若草山から少し離れた東北に位置する標高わずか120m余の
丘陵といってもよい山で、細く長く続く麓に沿って佐保川が流れています。

この辺りは昔、「佐保の内」とよばれ、長屋王、大伴、藤原家など
貴族の大邸宅が立ち並ぶ高級住宅街。
中でも壬申の乱の功労者 大伴安麻呂は佐保大納言と称され、旅人、家持、
大伴坂上郎女等、大伴一族が活躍した場としても知られています。

美しい川のせせらぎ。
千鳥、河鹿が鳴き、川沿いは柳の並木道。
四季折々に船を浮かべての酒盛り。
この地を愛した万葉人は34首もの佐保を詠っており、一地名としては
住吉、吉野にならぶ歌枕です。
                ( 注:歌枕とは古歌に詠みこまれた諸国の名所)

「 わが門(かど)に 守(も)る田をみれば 佐保の内の
     秋萩すすき 思ほゆるかも 」  
                          巻10-2221 作者未詳


( 我が家の門の前で 番をしている田を見ていると
  佐保の里の内の秋萩や薄のさまが思い出される )

作者はこの地在住なのか都人なのかはっきりしませんが
平城京郊外の家の前の田で収穫に従事しながら、佐保の萩や薄が一面に咲いている
情景を思い出しているようです。
佐保の内に恋人がいるのかもしれません。

朝廷から田地を賜っていた官人の中には都から遠く離れた地を
割り当てられた人もいました。
田植えや収穫時なると休暇をとり、仮屋を建てて農作業。
朝廷の役人といえども家族共々畑仕事に従事していたのです。

「 佐保川に 騒ける千鳥 さ夜更けて
      汝(な)が声聞けば 寐寝(いね)かてなくに 」
                             巻7-1124 作者未詳


( 佐保川で鳴き騒いでいる千鳥よ。
  夜が更けてからお前の声を聞くと,寝ようにも寝られないよ )

佐保川のせせらぎの音、千鳥の鳴く声。
瞼に浮かぶは恋人の姿
長い長い秋の夜です。

「 佐保山を おほに見しかど 今見れば
      山なつかしも 風吹くなゆめ 」  
                      巻7-1333 作者未詳


( 佐保山よ、今までたいして気にもとめずに見ていたが 
  今改めてみると心惹かれる。
  風よ、吹かないでくれ、決して。)

「佐保山」を女性に譬えたもの。
今まで大して気にもとめなかったが、久しぶりに見ると驚くほど
美しくなっている。
「こんなに魅力ある女性だったのか ようーし、俺のものにするぞ。
 誰も邪魔するなよ 」
と意気込む男。

「おほに」  いい加減に
「 風吹くなゆめ 」「ゆめ」決して  風は邪魔立てする人の譬え。

尚、佐保山は後に「佐保姫」とよばれ春の訪れを知らせる女神とされました。
やさしいなで肩のような山容が女性を連想させるのでしょうか。

「 あおによし 奈良の 春日山ま近く 
    佐保路に沿いて 佳き環境に 恵まれつつ - -」 (奈良高校校歌)


と歌われている佐保路も今は両側に家がびっしり建ち並び、川は暗渠となって
見る影もありません。
僅かに聖武天皇陵脇と近鉄新大宮駅近くに流れている佐保川が昔の面影を
留めているのみですが川幅は狭く、柳並木は桜並木に変わっています。

以下は筆者のひとり言です。

『 佐保路は高校時代の通学路だったので思い出深いところです。
  当時、転害門は悪童の遊び場になっており、壁にボールを投げたり、
  柱の間をバトミントン、羽子板で遊んだりして荒れ放題になっていました。
  鳥や野良猫が棲みつき、信じられないことに国宝という看板も保護囲いもなく、
  大切な建物だという事を大人が教えなかったので子供達は知らなかったのです。

  旧宅から東大寺、正倉院まで5分。
  家の二階から東の方向を眺めると春日、御蓋、若草山がパノラマ状に展開し、
  恒例の若草山焼きは大人たちが酒盛りしながら見学していました。
  近くの竹藪でオニヤンマ、東大寺の横の小池では蛍がたくさん飛びかい、
  車で30分位の山で松茸がふんだんに採れるという夢のような環境でした。』 

現在の転害門は立派に修復されていますが、周囲は民家がびっしり立ち並び
 昔の面影は全くありません。

 もし、古を偲ぶとしたら、佐保路の出発点、転害門から京都方面に向かう
 なだらかな坂道(奈良坂)を上がり、コスモスと美しい石仏で知られる般若寺へ。
 この辺りが佐保丘陵の頂上で、ここから、すぐ先の林に囲まれた小道を下ってゆくと、
 平城京に向かうことができます。

 大伴旅人の邸宅が近かったとされる瀟洒な尼寺「興福院(こんぶいん)」、
 在原業平ゆかりの「不退寺」、仁徳天皇との愛の歌で有名な磐姫(いはのひめ)皇后の
 御陵、十一面観音像で有名な光明皇后の居宅「法華寺」など、往時の歴史の舞台を
 巡るのも楽しいことです。

   「佐保川の 白鷺けぶる 花の雨 」  犬童 冴子



ご参考:

「佐保路」:   東大寺の転害門から西の法華寺に至る大路 
         佐保山の麓 佐保川の北岸に沿う。
         平城京の南一条門の大路で聖武天皇、光明皇后稜や多くの寺がある。

「佐保川」:   春日山東方の石切峠に発し、奈良市北部を西南に流れ、大和郡山市
          額田部の南で初瀬川と合流して大和川となる。
          全長19km 古くからの歌枕

「佐保陵(さほのみささぎ)」:
              法蓮の西一条南大路と佐保川とが交叉するところから
              すぐ北に、うしろに佐保の丘陵を負って聖武天皇と
              光明皇后との御陵(墓)がある。
              天平文化の最盛期をつくりだした信心あつい天皇と皇后、
              東の方角にその象徴である大仏殿の甍が聳え立つ。

「海龍王寺」:     光明皇后の本願で創建、唐から帰った玄昉(げんぼう)が住したという

「法華寺」:    光明皇后が父不比等の旧宅を寺としたもので大和国の総国分尼寺となり
           尼僧の修法道場として栄えた

「興福院(こんぶいん)」 : 閑静そのものの瀟洒な尼寺 

「不退寺」:   在原業平が平城天皇の萱(かや)の御所に自作の観音象を安置し
          精舎としたのが始まりで業平寺ともいわれる
                                             以上
[PR]

by uqrx74fd | 2015-11-27 06:34 | 万葉の旅

万葉集その五百五十五 (尾花)

( 朱雀門前で靡く尾花   平城宮跡  奈良 ) 
b0162728_5551622.jpg

(  同上 )
b0162728_5545337.jpg

(  正歴寺への道の途中で   奈良 )
b0162728_5543731.jpg

(  石舞台公園  飛鳥  奈良 )
b0162728_5542016.jpg

(   同上  )
b0162728_5525870.jpg

(   同上 )
b0162728_552377.jpg

(   同上 )
b0162728_5521414.jpg

(  仙石原    箱根 )
b0162728_5515381.jpg

( 尾花に寄生するナンバンギセル  高松塚公園  飛鳥 )
b0162728_5513138.jpg

(  尾花に寄り掛かる萩  石舞台公園   飛鳥 )
b0162728_5511319.jpg

「 たけたかく 芒(すすき)はらりと 天の澄み 」 飯田蛇笏

万葉集で秋を彩る植物と云えば黄葉と秋の七草。
             (萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗)
中でも萩は圧倒的な人気を誇り141首も詠まれています。
ところが万葉人の中には次のように詠っている風流な御仁もいるのです。

「 人皆は 萩を秋と言ふ よし我れは
      尾花が末(すえ)を 秋とは言はむ 」 
                         巻10-2100 作者未詳(既出)


( 世の人々は 萩の花こそ秋を代表するものだという。
 なになに、俺様は尾花の穂先こそ秋の風情だと言おうではないか )

ススキの穂が波のように光りながら銀色にきらめく。
作者は日本人の心の風景とも云うべき芒が風に吹かれて靡くさまに
最高の秋らしい美観を見出しているのです。

この歌を年来の友人に紹介すると次のようなコメントをくれました。

「 実はボクも萩ではなく芒派です。
  夏の終わりごろ、まだ猛暑が続いていても芒が真新しい赤みがかった穂を
  出しているのを見かけると秋を感じます。
  写真の場合は順光で撮ることは少なく透過光による美しさを出すために
  ほとんどの場合、逆光で撮ります。 」

さすがカメラマン、穂が出たばかりの芒は赤いということも知っていました。
古代の人が「まそほ(蘇芳色)の芒」と呼んでいたものです。
因みに秋の七草で黄色は女郎花のみ。
あとはすべて紫がかった薄紅色。
万葉人の紫に対する憧れは大なるものがありました。
  
注: 紅葉は特定の木を指すものではなく、木々が色づいた様をいうので植物数は
   参考として取り扱われ136首。
   尾花35首 葛 20 撫子26 女郎花 15 藤袴1 桔梗(朝顔) 5首。

「 はだすすき 穂には咲き出ぬ 恋をぞ我がする
      玉かぎる ただ一目のみ 見し人ゆゑに 」
              巻10-2311  作者未詳 (旋頭歌)


( はだすすきがまだ穂には咲き出していないように
  私はそぶりには出さない秘めた恋をしています。
  玉がちらっと光るように ただ一目だけ見たあの人ゆえに )

「はだすすき」は「肌すすき」で穂が皮ごもりしている芒。
 8月~9月にかけて穂を出す芒は、葉鞘につかえてなかなか飛び出せません。
 やがて大きく膨らんで横から皮を破ってちぢれた花穂が恥じらうように顔を出します。

「 秋津野に 尾花刈り添へ 秋萩の
       花を葺(ふ)かさね 君が仮蘆(かりほ)に 」
                巻10-2292 作者未詳

( 秋津野の尾花を刈り添えて、秋萩の花をお葺きあそばせ。
  あなたさまの仮のお住まいに )

秋津野は持統天皇が好んだ吉野離宮があったところ。
吉野へ旅立つ男に仮の住まいに萩の花をのせて私を思い出して欲しいと
詠ったようです。
風雅な女性ですね。
男はお供の一人だったのでしょうか。
大人数で宿が足りず仮小屋に滞在した?

ここでは尾花が屋根葺きの材料に使われていたことを教えてくれています。

「 さを鹿の 入野のすすき 初尾花
    いづれの時か 妹が手まかむ 」
                           巻10-2277 作者未詳


( 雄鹿が分け入るという入野のすすきの初尾花
 その花のように初々しい子
 一体いつになったらあの子の手を枕にすることができるのだろうか)

相手はまだ少女。 
成人して結婚できる日を待ち焦がれている男。
入野は奥まった山の、実り豊かな野の共有林であることが多いそうです。

「 ほほけたる 尾花に風の 遊ぶ見ゆ
               尾花拒まず またあそぶらし 」    斎藤 史


「ほほけたる」 乱れほどけた

万葉人は芒の生態をよく観察し、穂が出ていないものを「はだすすき」
穂が旗のように靡くものを「はたすすき」、葉の細いものを「細野(しの)すすき」、
花のように見える「はなすすき」、屋根葺く材料を「草(かや)すすき」と区別していました。
「尾花」も花穂が動物の尻尾に似ているところから付けられたものです。

   「 しろがねの こがねの芒 鳴りわたる 」 平井照敏
[PR]

by uqrx74fd | 2015-11-21 05:55 | 植物

万葉集その五百五十四 (黄葉)

( 談山神社  奈良 )
b0162728_6352147.jpg

( 長谷寺    奈良)
b0162728_635655.jpg

( 浄瑠璃寺   京都)
b0162728_634491.jpg

(  同上 )
b0162728_6342820.jpg

( 大湯屋   二月堂参道の途中で   奈良 )
b0162728_634992.jpg

( 吉城園    奈良 )
b0162728_6334876.jpg

( 春日大社参道途中のお休み処    奈良 )
b0162728_6333040.jpg

( 東大寺指図堂  奈良 )
b0162728_633522.jpg

( 奈良公園  )
b0162728_6324311.jpg

(  同上 )
b0162728_6321872.jpg

(  同上 )
b0162728_6315999.jpg

( 正倉院近くの大仏池  奈良 )
b0162728_6314132.jpg

( 鹿は銀杏がお好き?  正倉院の前で   奈良 ) 
b0162728_631193.jpg

「黄葉」は「もみじ」、古くは清音で「もみち」と訓みならわしていました。
秋が深まりゆくと共に、木々の葉が揉(も)み出されるように染まってゆく、
その揉出(もみち)が語源とされています。
万葉集で「もみち」は135余首も詠まれていますが、大半は「黄葉」や
「色づく」「もみつ」などと表記され「紅、赤」の字が見られるのはごく僅かです。

その理由は大和付近の山々は雑木が多く楓類が少なかった、あるいは万葉人が
黄色を好んだ、もしくは、黄も赤もすべて「黄」と表記したとも言われていますが、
定かではありません。
現在のように紅葉と表記されるようになったのは赤に対する憧れが強かった
平安時代からのようです。

「 秋山に もみつ木(こ)の葉の うつりなば
      さらにや秋を 見まく欲りせむ 」 
                           巻8-1516 山部王 (経歴未詳)


( 秋山のこの見事な黄葉、
 木の葉が散ってしまったなら、さらにいっそう見たくてたまらなくなるだろうなぁ。)

晩秋、山野のさまざまな木の葉が思い思いの色に染まって行く。
作者はその光景を眺めながら行く秋を惜しみ、翌年の黄葉に思いを馳せています。

「 あしひきの 山の黄葉(もみちば)今夜(こよひ)もか
    浮かび行(ゆ)くらむ 山川の瀬に 」 
                           巻8-1587 大伴書持(ふみもち
)

( あしひきの山の黄葉、この黄葉の葉は今夜も散って
  山あいの瀬の上を流れていることであろう )

左大臣橘諸兄の子奈良麻呂宅での宴で披露されたもの。

作者は昼間見た奥山の見事な黄葉が はらはらと散り、
川に浮かび流れている様子を瞼に思い浮かべています。
一枚また一枚、表を見せ、裏を返しながら散り落ちた色とりどりの葉が
小舟のように流れてゆく。
月の光を浴びてきらきら光りながら静かに、滑るように。

風情があり、感性豊かな作者の一首です。

「 祝(はふり)らが 斎(いは)ふ社(やしろ)の 黄葉(もみちば)も
    標縄(しめなは)越えて 散るというものを 」
                        巻10-2309 作者未詳


( 神官たちが崇(あが)め祀っているお社の黄葉(もみちば)でさえ
  しめ縄を飛び越えて散るというのに。 )

男がある女に惚れた。
ところが女は親の目を気にして外に出て逢ってくれない。

親の目を神域のしめ縄に譬え、
「 黄葉の葉でさえも軽々としめ縄を飛び越えてゆくではないか。
  お前さんも勇気を出して出ておいで」と
女に呼びかけたもの。
母親をしめ縄に例えるとは面白い。
きっと怖い存在だったのでしょう。

「 このしぐれ いたくな降りそ 我妹子(わぎもこ)に
    見せむがために 黄葉(もみち)取りてむ 」 
                        巻19-4222 久米広縄(ひろつな)


( この時雨よ そんなにひどく降ってくれるな
  いとしいあの子に見せるため 黄葉を折り取っておきたいのでな)

越中、広縄邸で催された宴での歌。
古代、木々の小枝を折り取って頭や着物に挿すことが粋とされ、
またその生命力にあやかろうとしていました。
黄葉を褒め、主人のもてなしへの感謝の気持ちもこめているようです。

「 あしひきの 山の黄葉に しづくあひて
     散らむ山道(やまぢ)を 君が越えまく 」
                       巻19-4225 大伴家持


( あなたさまが、これから越えて行かれる山道は険しいでしょうが
 黄葉はきっと見事なことでしょう。
 時雨と共にはらはらと散る黄葉。
 そんな山路を行かれるのですね  )

越中在任の秦伊美吉 石竹(はだのいみき いはたけ)が国政一般の報告書(朝集帳)を
都に届けるにあたって催された宴での送別歌。
遠路の任務の苦労をねぎらうと共に、美しい紅葉路を行く人に対する羨望が
感じられる1首です。

「 時雨の雨 間(ま)なくな降りそ 紅(くれなゐ)に
    にほへる山の 散らまく惜しも 」 
                           巻8-1594 作者未詳(既出)


( 時雨の雨よ そんなに絶え間なく降らないでおくれ。
  こんなに降ると美しく紅色に照り映えている山の紅葉が散ってしまうよ。
  まだまだ散らすのには惜しいものなぁ )

738年 光明皇后の祖父、藤原鎌足の70周忌にあたり法会が行われた時に
出席者一同で唱和されたもの。
一種の無常観を感じてのことのようですが、この歌はもともと仏教に関係なく、
散り失せるもみじを惜しむ心を詠んだ歌で、「紅にほう」と赤色を使用した
珍しい例です。

北から始まった紅葉前線は今や関西でたけなわ。
京都の高山寺や東福寺、奈良の室生寺や長谷寺は大勢の人たちで
ごった返していることでしょう。
ゆっくりと楽しむため早起きして一番乗り。
では、では、朝靄かすむ長谷寺の長い石段を登るといたしましょうか。

    「 大紅葉 燃え上がらんと しつつあり  」 高濱虚子
[PR]

by uqrx74fd | 2015-11-13 06:35 | 植物

万葉集その五百五十三 (秋の恋歌)

( 夕焼けと月  山辺の道 奈良  )
b0162728_6312953.jpg

( 暮れゆく生駒山 奈良 )
b0162728_6311791.jpg

(  たそがれの生駒山 )
b0162728_631298.jpg

( コオロギ  向島百花園 東京 )
b0162728_6305012.jpg

( スズムシ    同上 )
b0162728_6303783.jpg

( 芒と萩  石舞台公園  奈良 飛鳥 )
b0162728_6302198.jpg

( 萩   同上 )
b0162728_630539.jpg

(  同上 )
b0162728_6294745.jpg

「 誰(た)そかれと 我れをな問ひそ 九月(ながつき)の
    露に濡れつつ 君待つ我れを 」 
                     巻10-2240 作者未詳

(  あなたは誰? などと尋ねないで下さいな。
   私は怪しいものではありません。
   9月の冷たい露に濡れながら 愛しいあの方を待っているのです。 )

男が女の許に通って愛を交わしあう習慣があった時代、
「今日、行くからな」と前もって男から告げられていたのでしょう。

ところが待てど暮らせど現れない。
とうとう女は我慢しきれなくなって外に出て立ち尽くす。
秋の日が落ちるのは早く、人の顔も判別できない暗さになってしまった。
通りすがりの人が不審に思い「お前さん、誰なの、こんなところで何しているの?」と
「誰何(すいか)」する。
「誰(た)そかれ」とはこのような状態をいいます。

この言葉から後世、夕刻人を見分けることが難しい時間帯を「黄昏(たそがれ)」と
呼ぶようになったそうな。

「 秋萩を 散らす長雨の 降るころは
     ひとり起き居て 恋ふる夜ぞ多き 」 
                        巻10-2262 作者未詳


( 秋萩の花を散らす長雨の降り続くこのごろは 眠れぬままに一人起きていて
  あなたに恋焦がれる夜がいたずらに重なります。 )

深まりゆく秋の夜。
折角美しく咲いた萩を散らす雨の音。
寝ようと思ってもあの人のことを想うと寝付けない。
あぁ、長い、長い夜だこと。

一方、何らかの事情で女の許を訪ねることが出来なくなった男も
悶々とした夜を過ごします。

「 今夜(こよひ)の 暁(あかとき)ぐたち 鳴く鶴(つる)の
        思ひは過ぎず 恋こそまされ 」
                           巻10-2269 作者未詳


( 今夜のこの暁過ぎに鳴いている鶴。
  まるで恋人に逢えないで悲しんでいるようだ。
  その鶴のように私の胸の思いも一向に晴れず、恋心がますますつのるばかり。
  一体俺はどうなってしまったのだろう )

 暁ぐたち:  夜明け前のまだほの暗い時分 「くたち」は最盛期を過ぎるの意

「 こおろぎの 待ち喜ぶる 秋の夜を
     寝(ぬ)る験(しるし)なし 枕と我は 」 
                      巻10-2264 作者未詳(既出)


( こおろぎたちのカップルは、待っていた甲斐があったと喜び鳴いている秋の夜。
  そんな夜なのに 俺は枕と寝なければならないのか。
  あぁ、侘びしいなぁ。 )

  験(しるし)なし:  甲斐なし

その後、待ちに待った恋人たちは、ようやく逢えました。
愛し合うこと1日また1日。
今日帰らねばならないと思いつつ、ついついと。

「 出(い)でて去(い)なば  天飛ぶ雁の泣きぬべみ
         今日今日(けふけふ)といふに   年ぞ経(へ)にける 」
                   巻10-2266  作者未詳


( 私が帰ってしまったらお前さんは 空飛ぶ雁が鳴くように
  泣き悲しむにちがいないと思って帰りそびれてしまった。
  今日こそはと思っているうちに、気が付いたらとうとう年を越してしまったよ )

めでたし、めでたし。
二人で良きお年を!

それにしても、「誰そかれ」「秋萩」「長雨」「鳴く鶴」「こおろぎ」「枕と寝る」
「天飛ぶ雁」と多彩な表現を繰り出す万葉人よ。

「 月白し 河の音清し この良き夜を
              万葉人よ うたひも来ずや 」   
                              佐佐木信綱 奥湯河原にて

( 月が輝き、川の音も清々しい良き夜。
      万葉人が歌いに来るのにふさわしい場所なのに、来ないのだろうか、
      来てほしいねぇ。)

            湯河原に万葉公園建設をと強く勧めていた作者の思いを込めた一首です。
[PR]

by uqrx74fd | 2015-11-06 06:32 | 心象