万葉集その六百五十三 (月)

( 中秋の名月  2017,10,4撮影 )
b0162728_10473160.jpg

(  同上 )
b0162728_10471553.jpg

( 狸囃子  明日香 棚田案山子祭り   奈良 )
b0162728_10462969.jpg

(  二人で月見   同上 )
b0162728_10455239.jpg

万葉集その六百五十三 (月)

澄み切った秋の空。
地上を煌々と照らす月は爽やかで四季を通じて最も美しい。
それゆえ詩歌の世界で単に「月」と云えば「秋の月」をさし、
他の季節の月をいうときは「春の月」「夏の月」などの、ことわりがいるそうな。

今夜(10月4日)は仲秋の名月。
雲が少し多いが金木犀の香り漂う良夜です。
さぁさぁ、万葉人と一緒にお月見を致しましょう。

「 春日山 おして照らせる この月は
       妹が庭にも  さやけくありけり 」
                     巻7-1074 作者未詳

( 春日山一帯をあまねく照らしているこの月は
 いとしいあの子の家の庭にもさわやかに照り輝いていたなぁ。)

「おして照らせる」: 地上をあまねく照らしている

作者は数日前、愛しい人の家で一緒に月を愛で、その余韻にひたっています。

春日山の上で輝いている月は今日も我家の庭を照らしている。
あの時は彼女も月も美しかった。

酒杯を傾けながら、楽しかったひと時を瞼に思い浮かべ、
今頃、あの子はどうしているだろうか、と呟く男。

次の二首は春日山に隣接する高円山麓での月見歌です。

「 常はかって 思はぬものを この月の
     過ぎ隠らまく 惜しき宵かも 」 
                       巻7-1069  作者未詳

(  日頃はついぞ思ったこともないのに、目の前の月が西に傾いて
  見えなくなるのが、とりわけ惜しまれる今宵ですなぁ。)

招待された客の挨拶歌。
月を褒めることによって、主人への賛辞と謝意を述べたもの。
普段は月が落ちるのを見ても何とも感じなかったが、あなた様とこうして
盃を傾けながら月を愛でていると、時間が立つのが名残惜しく思われてなりません。

「 ますらをの 弓末(ゆずゑ)振り起こし 猟高(かりたか)の
      野辺(のへ)さへ清く 照る月夜(つくよ)かも 」
                              巻7-1070  作者未詳

( ますらおが 弓末を振りたてて猟をするという名の猟高の野。
 今夜はこの野辺まで清らかに照り映えて見えています。
 なんと素晴らしい月夜なのでしょうか。)

猟高: 奈良春日山に隣接する高円山近辺

客人に対する主人の返歌。
あなたさまと一緒に過ごすひとときは何と楽しいことでしょう。
この野原一面を照らす月の光も清々しく、酒も美味い。
さぁ、さぁ、もう一献どうぞ。

「 ぬばたまの 夜わたる月を 留(とど)めむに
        西の山辺(やまへ)に 関もあらぬかも 」 
                        巻7-1077  作者未詳

( 夜空を移つて行く月、この月を何とか引きとめる関所が
     西の山辺にでも ないものでしょうか。)

月を眺めているうちに、夜も更け明け方近くなってきた。
なんとかそのままずっと止まっていてくれないものか。

「 秋風に たなびく雲の 絶え間より
       もれ出づる月の  影のさやけさ 」
                      左京大夫顕輔(さきょうのだいぶ あきすけ)
                      新古今和歌集、百人一首


( 秋風に吹かれてたなびいている雲の切れ間から
 もれ出てくる月の光の、なんと明るく澄みきっていることか。)

「影のさやけさ」の「影」は光

秋の夜の華麗な月。
風に吹かれ流れてきた雲が一瞬月を隠す。
雲間から射す月の光もまた清々しく神々しい。
華やかさの背後に、そこはかとない寂しさが滲み出ている名歌です。

      「 月夜よし、 二つ瓢(ふくべ)の 青瓢(あおふくべ)
                   あら へうふらへふ と 見つつおもしろ 」 北原白秋


月に照らされながら ぶら下がっている二つの瓢箪が、
清風に吹かれて微かに揺れている。
盃を傾けながら眺めていると、飲むほどに
「あら、へうふら へふ」と酔いが廻ってきた。
これは、これは、瓢箪が揺れているのか、俺様が揺れているのか。
と興じている作者です。

 「 月読神(つくよみの かみ)にと 供(そな)ふ小机に
               茹で栗 団子 菊添ふすすき 」    窪田空穂



       万葉集653 (月)    完


      次回の更新は10月13日 (金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2017-10-05 10:56 | 自然

<< 万葉集その六百五十四 (秋の草花)    万葉集その六百五十二 ( コノ... >>