万葉集その六百五十八 (難波)

( 難波宮跡  大阪 )
b0162728_1942840.jpg

( 同上  後方 大阪歴史博物館 )
b0162728_19415196.jpg

( 前期難波宮復元模型 中央大極殿  同上 )
b0162728_1941323.jpg

( 大極殿復元図  同上 )
b0162728_19411337.jpg

( 後期難波宮復元模型  前方 朱雀門  同上 )
b0162728_19405681.jpg

( 女官  大阪歴博 )
b0162728_19403779.jpg

( 侍従  同上 )
b0162728_19402158.jpg

( 堂島米市  同上 )
b0162728_1940451.jpg

( 蔵屋敷   同上 )
b0162728_19394795.jpg

( 北海道の珍魚 フサギンボ  海遊館  大阪港前 )
b0162728_19393280.jpg

(  マイワシ群  同上 )
b0162728_19391594.jpg

(  タカアシガニ   同上  )
b0162728_1939116.jpg

万葉集その六百五十八 (難波:なにわ)

古代の難波は摂津国(大阪府北半と兵庫県南東部)の中心部に位置し、なかでも
大阪湾に面する難波津は瀬戸内海を経て大陸に通じる航路の要衝でした。

古くは5世紀に仁徳天皇が難波高津宮、645年孝徳天皇の難波長柄豊崎宮、
744年聖武天皇の難波宮が営まれ、784年桓武天皇の長岡京遷都までの
約140年間、首都,副都として栄えました。

とりわけ、仁徳天皇の時代、淀川と大和川の合流地点で頻繁に起こる氾濫を
防ぐため、水流を大阪湾に落とす大規模な運河(堀江)を造った結果、
大和から九州、大陸を結ぶ道が直結され遣唐使や防人の往来の
拠点となります。

朝廷は、難波津を管理するために屯倉(みやけ)とよばれる役所を構えて、
役人を常駐させ、天皇の行幸も度々行われたようです。
また、都から貴族、官人たちの出張も多く、海がない大和人にとっては
珍しい光景に接するまたとない機会であり、明るく楽しそうな歌が多く残されています。

「 昔こそ 難波田舎と 云われけめ
    今は都引(みやこひ)き 都(みやび)にけり 」 
                        巻3-312 藤原宇合(うまかい)

( 昔は難波田舎と馬鹿にされもしただろう。
 だが今はすっかり都らしくなり、雅やかなことよ )

645年、孝徳天皇の時代に遷都の詔が出され、652年に完成した難波宮は
役所なども整備されましたが、天武天皇の時代になると再び大和に還り、
683年に難波を副都とする詔が出された僅か3年後の686年に火災ですべて
焼失してしまいました。(前期難波宮)
その後、聖武天皇の726年に都城の再建開始、732年に後期難波宮が完成します。

難波宮再建の責任者であった作者は藤原不比等の3男。
有能な人物であったらしく、見事に期待に応えて立派な宮都を造営させ、
きらびやかに立ち並ぶ建物を眺めながら長い間の苦労が報われた喜びを
噛みしめつつ、感慨にふけっています。
なお、藤原宇合は異色の万葉歌人高橋虫麻呂の庇護者として、あるいは
常陸国風土記の編集者とも推定されています。

「 難波潟 潮干に立ちて 見わたせば
      淡路の島に 鶴(たづ)渡る見ゆ 」
                       巻7-1160 作者未詳

( 難波潟 この潮の引いた千潟に立って見渡すと
 淡路の島のかなたに向かって鶴が鳴きわたって行く )

晴れた日に大阪湾から遠望すると淡路島が美しく臨まれたのでしょう。
その中を鶴が飛び去ってゆく、絵画的な風景です。

「 難波潟 潮干(しほひ)に出でて 玉藻刈る
    海人娘子(あまをとめ)ども  汝(な)が名 告(の)らさね 」
                巻9-1726  丹比真人( たぢひの まひと)

( 難波潟 この潮干の潟に出て 玉藻を刈っている海女の娘さん、
 あなたの名前を私に教えてくれませんか )

「 あさりする 人とを見ませ 草枕
        旅行く人に 我が名は告(の)らじ 」
                          巻9-1727 作者未詳

( 私を千潟で獲物を漁る名もない女とでも見ておいてくださいませ。
     行きずりの旅のお方に大切な私の名など、教えられませんわ。)

海に縁がない大和の官人にとって、海辺の海人乙女は異国情緒が漂う憧れの姿。
当時、女性に名前を聞くという行為は、関係を持つことを意味していました。
見も知らない旅のお方に、共寝するなんてとんでもないとはねつけた乙女。
宴席での座興歌だったかも知れません。

「 我が衣 人にな着せそ 網引(あびき)する
      難波壮士(なにわおとこ)の 手には触るとも 」
                  巻4-577  大伴旅人

( 私の大切にしている着物、この着物は、他の人には着せないで下さいよ。
 綱を引く難波男のあなた様が手に触れるのは仕方がありませんが。)

作者が難波に訪れたとき摂津職の長官、高安王の暖かいもてなしを受け
お礼に新しい朝服を贈ったときに添えた1首。
親しい間柄だったのでしょう、長官を難波の漁師に見たてて戯れています。

「人にな着せそ」の「な」-「そ」は禁止を表す言葉で「人」は共寝する女を暗示し、
「寝床の場で着るような代物ではなく、ありあわせのお粗末なもので恐縮ですが」
の意がこもります。

「 津の国の 難波の春は 夢なれや
     蘆(あし)の枯葉に 風わたるなり 」  
                       西行 新古今和歌集

( 明るい光に満ちていた津の国の難波の春、あれは夢だったのであろうか。
 今目に映るものは、蘆の枯葉だけ。
 ただただ、風がさびしく吹き渡っている音がする。)

津の国とは、港の国の意。

都が平安京に遷って以来、難波は政治の中心から外れ、商業、文化都市として
発展してゆきます。
繁栄を誇った難波宮は784年長岡京遷都の時に解体され、
その後埋め立てられたのか後世になると、どの場所にあったか
全く分からなくなってしまいました。

現在、大阪城近くに北接する難波宮遺跡は1871年(明治5年)以降
兵部省(のち陸軍省)の管轄地になり、戦後占領軍に接収。
戦後に解除された後、偶然にも大極殿屋根に使われたと推定される
鴟尾(しび)が発見され、発掘作業がなされた結果、難波宮跡と確認、
現在も作業が続けられています(約89000㎡)。
この発見がなければ恐らく今ごろはビルが立ち並んでいたことでしょう。

この遺跡保存最大の功労者は、元大阪商大教授山根徳太郎氏。
「ここが難波宮跡」と説きつづけても誰からも相手にされず、
幾多の反対、無視をはねのけた氏の確固たる信念と燃えるような
情熱が無ければ、日の目を見ることが出来なかった(直木孝次郎氏)そうです。

また、近くの大阪歴史博物館で発掘された品の数々や、当時の復元模型などが
展示されており、近くの大阪城とあわせ古代から中世をつなぐ
歴史街道となっています。

今や大阪人の「難波」は「なんば」、「なにわ」と呼ぶ人は滅多におりません。

 「 堀返す 難波(なにわ)の宮や 花菫(はなすみれ) 」   阿部月山子


          万葉集658(難波)完


          次回の更新は11月17日(金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2017-11-11 19:55 | 万葉の旅

<< 万葉集その六百五十九 (黄葉の宴)    万葉集その六百五十七 (万葉人... >>