万葉集その六百九十五 (雷神)

( 一天にわかにかき曇り ゴジラ登場:右端  N.F さん提供 )
b0162728_7541986.jpg

( 雷電とは雷と稲妻  では稲妻とは?( 委細は本文で)
b0162728_754861.jpg

( 風神雷神図屏風  俵屋宗達  東京国立美術館蔵 )
b0162728_7535520.jpg

( 暴風雨の中の遣唐使船  奈良万葉文化館 )
b0162728_7533612.jpg

  万葉集その六百九十五 (雷神)

雷は昔から地震と共に恐れられ、その被害も大きかったので
神の仕業と思われていました。
雷(いかづち)の語源は「厳(いか)つ霊(ち)」で「畏怖すべき神」。
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」では鬼形で描かれています。

また雷の光は稲と結合して実を結ぶと信じられていたことから、
稲妻という言葉も生まれました。
雷が鳴り雷光が頻繁に光ると空中の窒素が分解されて地中の窒素肥料となり
地上の稲を妊娠させる。
つまり、稲妻は豊年のしるしなのです。
勿論、古の人達はそのような科学的根拠を知る由もありませんが、
その自然観察の正確さには ただただ驚嘆するばかりです。

古代の雷は「鳴る神」とよばれ、原文表記は雷神、鳴神、響神。
いずれも「なるかみ」と訓まれていますが、当時はそれほど恐ろしいと
感じていなかったのか枕詞や恋歌に登場します。

「 鳴る神の 音のみ聞きし 巻向(まきむく)の
    檜原の山を 今日(けふ)見つるかも 」 
                  巻7-1092 柿本人麻呂歌集

( 噂に鳴り響いていた巻向の檜原の山。
 ようやく念願かなって、今日この目ではっきりと見たよ )

人麻呂は巻向周辺で多くの歌を詠っており、この近くに妻が住んでいたためと
思われます。
この歌も格調の高く、人麻呂が詠ったものと推定され、
初めて巻向を見た人の立場になり、大いに感動した心を述べています。
巻向は山の辺の道、三輪山近くにあり、檜原神社は伊勢神宮の本家と
されている由緒ある社です。

「 鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り
       雨も降らぬが 君を留めむ」 
                     巻11-2513 作者未詳

( 雷がちよっとだけ鳴って、空がかき曇って雨でも降ってくれないかなぁ。
 そしたらあなたをお引止めできるのに)

二人は逢い引きの最中。
まだまだ別れたくない女。
雷に事寄せて男に甘えています。
それに対して男は

「 鳴る神の 少し響(とよ)みて 降らずとも
      我(わ)は留まらむ  妹し留めば  」  
                      巻11-2514  作者未詳

( お前さんが 俺の袖を引っ張って胸に飛び込んでくれたら
 雷など鳴らなくても、ずっと一緒にいるさ。)

「 すがってこなければ帰っちゃうぞ 」と半ば体の関係を持ちたい
下心がある男。
伊藤博氏によれば、
「 雷雨などをもちだして不安や悲哀を述べるのは日本の歌の伝統 」
なのだそうです。

「 あまのはら 踏みとどろかし 鳴る神も
        おもふ仲をば 裂くるものかは 」  
                 読み人しらず 古今和歌集

( 広い大空を踏みとどろかせて鳴る雷とて、愛し合う我々二人の
 仲を離すことなど出来はしないよ )

どうやら抱き合っていた二人が突然轟いた雷の音に驚き、
ますます強く抱きしめた場面のようです。
すこし大げさでながらユーモラスな一首。

「 逢うことは 雲居はるかに 鳴る神の
     音に聞きつつ 恋ひわたるかな 」 
                         紀貫之 古今和歌集

(  あなたにお逢いすることは、遥か遠くに隔てられているため果たし得ず
  ただただ噂に聞くだけで恋い慕い続けていることです。)

雲居はるかは宮中奥深いの含意があり、相手は高貴な女性なのでしょう。
男女が逢うことは結ばれること、でも、ままならない忍ぶ恋。

  「遠雷を聞く」は「噂に聞く」の意。

古代の人達にとって「鳴る神」は恋を取り持つ神様だったようです。

 「 脳天に 雷火(らいか) くらひし その刹那 」   緒方句狂

以下は長谷川櫂著 「季節の言葉(小学館)」からです。

「 右大臣菅原道真は藤原氏の讒言(ざんげん)により大宰府に左遷され
悲しみと憤りのうちにそこで亡くなる。
その後、都では落雷が相次いだために、道真の怨霊が雷になって
たたりをなしているに違いないと信じられた。
ところが、都でかって道真の邸宅があった場所には一度も雷が落ちない。
そこが桑原というところであったので、後に「桑原、くわばら」と
唱えると、雷除けになるという言い伝えが生まれた。 」

「 鳴神や 暗くなりつつ 能最中(さなか)  」 松本たかし

      能狂言で「くわばら くわばら」は良く使われ、
      それと重ねあわせると味わい深くなる句です。


  万葉集695(雷神)完


 次回の更新は8月3日(金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2018-07-26 08:04 | 自然

<< 万葉集その六百九十六 (立秋の七夕)    万葉集その六百九十四 (伊豆と... >>