万葉集その七百六 (棗:なつめ)

( 棗の木 黄色い小花がいっぱい  赤塚万葉植物園 東京 )
b0162728_11354117.jpg

( 棗の花 拡大  同上 )
b0162728_11352384.jpg

( 棗の実  同上 )
b0162728_1135644.jpg

( ドライなつめ  そのまま食べたりケーキの添え物に )
b0162728_11344656.jpg

    万葉集その七百六 (棗:なつめ)

棗(なつめ)はペルシャからインド西北部にかけて原産するクロウメモドキ科の
落葉小高木で、古い時代に中国を経て渡来したと考えられています。
6月頃、淡黄色の小さな5弁の花を咲かせ、9月になると暗褐色、楕円体の
実を熟し食用とされます。

生で食べるより乾燥させた方が甘味が増し、菓子つくりに利用されたほか、
多くの漢方薬に配合され、利尿、強壮、鎮静に効ありとされている
有用の植物です。

なつめの語源は「夏芽」。
他の木々に遅れて初夏に芽をだすことによるそうな。

万葉集には2首、いずれも宴会の席上での戯れ歌です。

「 玉掃(たまばはき) 刈り来(こ) 鎌麻呂 むろの木と
     棗(なつめ)が本(もと)と かき掃(は)かむため 」 
                巻16-3830   長忌寸 意吉麻呂(ながのいむきの おきまろ)

( 鎌麻呂よ 箒にする玉掃を刈ってこい。
 むろの木と棗(なつめ)の木の根元を掃除するために )

「 玉掃 鎌、むろの木 棗(なつめ) 」を詠めといわれ、
 清掃を主題にまとめた宴席での歌。

「棗」は「そう」とも訓み「掃」と「早」(そう)を懸け
「掃除のために早く刈ってこい」の意。
さらに、「刈り」(カリ)、「来」(コ) 、鎌麻呂(カママロ) 
と「カ」行を重ねた機知ある一首です。

「玉箒」の現代名はコウヤボウキ。
キク科の落葉低木で、葉が落ちた後の枝を束ねて箒にし、ガラス玉の
飾りを付けたことからその名があります。
元々、蚕の床を払う用具とされていましたが、次第に華美になり装飾品に。

「むろの木」はヒノキ科ビャクシン属の針葉樹で「実が多くつく」
すなわち「実群(み むろ)」の意からその名があるといわれています。
葉は硬質。鋭く尖っていて、触ると痛いので、昔の人は鼠の通り穴に置いて
その出没を防いだことから「ネズミサシ」、「ネズ」の別名があり、
漢方ではその実を杜松子(としょうじつ)といい利尿、リュウマチに薬効ありと
されています。

さらに棗(なつめ)の枝にも棘があり、そのような歌を即座に思い浮かべることが
出来る作者は大変な才能の持主。
宴席の人気者だったことでしょう。

「 梨 棗(なつめ) 黍(きみ)に 粟(あは)つぎ 延(は)ふ葛の
        後(のち)も逢はむと 葵花(あふひはな)咲く 」
                       巻16-3834  作者未詳

( 梨が生り棗(なつめ)や黍(きび)、さらに粟(あわ)も次々と実り、
  時節が移っているのに、あの方に逢えません。
 でも、延び続ける葛の先のように、
 「後々にでも逢うことが出来ますよ」
 と葵(あふひ)の花が咲いています。 )

言葉遊びの戯れ歌。
宴会で梨、棗(なつめ)、黍(きび)、粟(あわ)、葛、葵を詠みこめと囃されたもの。

すべて食用とされる植物ばかりで
「 季節を経て果物や作物が次から次へと収穫の日を迎えているのに、
  長い間愛しい人に逢えないでいる。
  でも葛の蔓先が長く這うように、長い日を経た後でも、きっと逢えるよと
  葵(あふひ)の花が咲いています。」

つまり、「あふひ(葵)」を「逢う日」に掛けて見事な恋歌に仕立てたのです。
葵は古代「あふひ」とよばれ、他の食用の植物と共に詠われているので
「冬葵」(フユアオイ)とされています。

冬葵は中國原産、葵科の多年草で冬でも枯れないのでその名があり、
春から秋にかけて白や淡紅色の小花を次々と咲かせ若葉は食用に、
実は利尿に効ありとされています。

「 あぢきなし なげきなつめそ うきことに
           あひくる身をば  すてぬものから 」     兵衛  古今和歌集

( どうしょうもないことだから、
 そんなに思いつめて嘆かないように。
 辛いことを経験してきた我が身を捨てることなど出来ないのだから。)

「あぢきなし」: 無益だ 「なし」に「梨(なし)をかくす
「嘆(なげ)きなつめそ」:「なーそ」 禁止の意 「思いつめないように」
                「なつめ」に棗(なつめ)を隠す
「あひくる身(み)」: 「体験してきた我が身」
              あひ「くるみ」に「胡桃(くるみ)を隠す

梨、棗、胡桃を掛詞にまきこんだ高度な技巧の歌ですが
万葉歌と比べ難解。

 「 玉工(ぎょくこう)の みがきて細き 棗哉 」 松瀬 青々

抹茶を入れる茶器の「なつめ」は、形が棗の実に
似ていることによるそうです。
余談ながら札幌に鮨の名店「鮨棗」という店があります。
珍しい名前なので由来を調べてみましたら、店主の御祖母様の苗字「夏目」と
茶道具の棗に「おもてなし」の気持ちをこめて命名された由。

このほど高島屋日本橋新館オープンと共に出店。
近くに老舗「吉野鮨」があり、お江戸ど真ん中での競演が楽しみです。

 「 ほとほろと 棗(なつめ)こぼれて 忘れ得ぬ
               をさな むかしの(幼な昔の)  秋風の家 」 岡 稲里  


              万葉集706(棗:なつめ)  完


              次回の更新は10月19日(金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2018-10-11 11:44 | 植物

<< 万葉集その七百七 (雲よ!)    万葉集その七百五 (萩に寄せて) >>