万葉集その七百八 (美男蔓:びなんかづら)

( 美男蔓はサネカズラの別名 葉や茎から出る粘液は男の整髪料に用いられたのでその名がある
 写真の花は夏から初秋にかけて咲く)
b0162728_1055389.jpg

( 熟した実は鹿の子:京菓子のよう 乾燥させ煎じて整腸、咳止め薬に) 
b0162728_10544858.jpg

万葉集その七百八 (美男葛:びなんかづら)

美男葛はサネカズラの異名で、葉や茎から出る粘り気がある粘液を
男の整髪料に用いられたので、その名があります。
関東以西の山地に自生するモクレン科の常緑つる性植物で、
夏から初秋にかけて黄色の小さな花を咲かせ、晩秋、小さな丸い実が集まって
3㎝位の球状になり美しく紅熟します。

実(さね)が美しいので漢字で「実葛」、「核葛」とも書かれ
乾燥させて煎じて飲むと、胃腸、滋養強壮,咳き止めに効ある植物です。

万葉集では9首。
蔓が長く伸び、先端がどこかで絡まるので、「後に逢う」と詠ったり、
「さね」が「さ寝」に通じるので、共寝を誘う材料としても好まれました。

「 丹波道(たにはじ)の 大江の山の さなかづら  
      絶えむ心の  我が思はなくに  」 
                           巻12-3071 作者未詳

( 丹波道の大江の山の さね葛、その葛が伸び続けるように
 二人の仲がいつまでも続くと思っております。
 お互いの関係が絶えてしまうなんて一度も思ったことありませんよ。)

 大江山: 京都府西京区大枝沓掛町、老ノ坂を越えると丹波の国

 さなかづら: 「さねかずら」の古名

平安時代になると技巧を凝らした歌になります。

「 思ふこと おほ江の山の さね葛
      暮ると明くとに 嘆きつつのみ 」  藤原知家

( あたたを思うことが多いので、明けても暮れても嘆いてばかり )

  おお江: 「大江山」と「(思うこと)多い」を掛ける
   暮る:  暮れると(長い葛を)繰る の同音に掛け
         「あなたを手繰りよせる」の意を含む

 「木綿(ゆふ)包み 白月山のさね葛 
       後もかならず 逢はむとぞ思ふ 」  
                      巻12-3073 作者未詳

( 木綿包みが白いというではないが、 白月山のさね葛の蔓が
     分かれて延び、また絡まり合うように、私もお前と
     のちにでも必ず逢おうと思っているよ。)

男は旅にでも出るのでしょうか。
「今は別れざるを得ないが、しばらくたったら必ず逢いに来るから心配するな」
と泣き崩れている女を慰めているようです。

       木綿包み: 白にかかる枕詞
       白月山(しらつきやま) :所在不明なるも近江か

「 名にしおはば 逢坂山の さねかづら 
                   人に知られで くるよしもがな 」  
                          藤原定方(三条右大臣) 百人一首

以下は大岡信氏の名訳です。

( 逢坂山のさねかずらよ そなたの名は
  恋人に逢って寝るという こころだときく
  その名の通りであるならば
  私はそなたが欲しい 
  人に知られず そなたをたぐり寄せるように
  こっそりと恋するひとに逢いたいものを )       (百人一首 講談社文庫)

女性に「さねかずら」を添えて送ったもの。

「逢坂山」と「逢う」、「さねかずら」と「さ寝(ね)る」を掛け、
「くる(来る)「繰る」を掛ける。
なぜ繰るのか? サネカズラは蔓草なので(男が女)を
たぐり寄せるイメージを呼び起こす。
しかも「来る」はここでは「行く」の意になる。
  
「 お前と逢って一緒に寝る手立てがあればなぁ 」と

口説いた風流貴公子の技巧の一首です。


 「 低籬(ひくまがき) こごめば見えて さねかずら 」 上林 下草居 
 
          籬(まがき):竹,柴などを粗く編んで作った垣
          ここめば: かがめば


           万葉集708 (美男蔓) 完


          次回の更新は11月2日(金)の予定です。
[PR]

by uqrx74fd | 2018-10-25 11:07 | 植物

<< 万葉集その七百九 (爽籟:そうらい)    万葉集その七百七 (雲よ!) >>