万葉集その七百十六 (時つ風)

( 海王丸: 日本丸とともに世界の海を帆走)
b0162728_15544536.jpg

( 住吉神社は海の神様 )
b0162728_15543146.jpg

( 古代の船 突如大仏殿のの前に出現)
b0162728_1554162.jpg

( 松風と時津風の天橋立 )
b0162728_15535825.jpg

万葉集その七百十六 (時つ風) 

榎本好宏著「風のなまえ」に次のような一文があります。

『 風の多くは季節を限って吹くが、中には通年にわたって吹くものもある。
  俳句的な分類に従えば「無季風」とでもいうことになろうか。- -
  ともすると相撲部屋と間違えられそうなのが「時津風」だろう。

 「時つ風」と書く事もあるように、「つ」は格助詞の「の」だから
  ほどよいころに吹いてくる風の意になる。
  また、潮が満ちてくる時刻に吹く風といったふうにも使われる。』(白水社)

    「 時津風 部屋の親方 双葉山 」  筆者 
  
      
        ( 双葉山は十二代 現在は十六代
          相撲部屋の入口には今も
         「双葉山相撲道場」の看板が掲げられている)

船名にもみえる めでたい追い風。
万葉集には3首登場し、そのうち1首は枕詞です。

 「 時つ風 吹かまく知らず  吾児(あご)の海の
        朝明(あさけ)の潮に  玉藻刈りてな 」 
                           巻7-1157 作者未詳

( 潮時の風が吹いてくるかもしれない。
 さぁ、今のうちに吾児の海の夜明けの千潟で
 玉藻を刈ろうではないか )

   吾児の海:大阪住吉海岸の一部とされるが所在不明

古代、旅人が旅先の地で玉藻(ホンダワラ)を刈ったりするのは、
その土地の光景に惹かれての風流な行為とされていたようです。

浜辺の美しさ、波音のさやけさ、遠くに見える淡路島と渡る鶴と
住吉海岸の美しさへの賛美が次々と詠われています。

海を見たことがない都人の驚きと喜びが溢れている様が目に浮かぶ歌です。

 「 時つ風 吹くべくなりぬ 香椎潟(かしひがた)
     潮干(しほひ)の浦に  玉藻刈りてな 」
                  巻6-958 小野 老(おゆ)
 
( 海からの風が吹きだしそうな気配。
    香椎潟の潮が引いている間に この入り江で玉藻を刈ってしまおう)

728年 福岡市東北の香椎宮に大宰府長官大伴旅人以下官人が
参拝した折の歌。

「香椎」は日本書記に「橿日」と表記され、海で暮す海人たちが
橿や椎が茂る照葉樹林を聖地と崇めた遠い縄文期を思わせる地名です。

香椎の宮にはこの地で崩御された仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)と
橿日浦で髪をすすいで占いをしたと伝えられる神功皇后が鎮座まします。

次の歌は「吹く」という類音の地名の「吹飯(ふけい)」の枕詞として
使われている一首です。

「 時つ風 吹飯(ふけひ)の浜に 出でいつつ
      贖(あか)ふ命は 妹がためこそ 」 
                        巻12-3201 作者未詳

( 時つ風が吹くという吹飯の浜に出て、
 海の神に幣(ぬさ)を奉げて無事を一心に祈るこの命は
  誰の為でもない、いとしいあの子のためなのだ )

  吹飯(ふけひ)の浜: 大阪府泉南郡岬町 深日(ふけひ)港あたり
               港近くに「延喜式」記載の式内社「国玉神社」があり
               称徳天皇が紀伊行幸の際造られた行宮跡とされる。
               風光明媚な景勝地で知られる歌枕。
               江戸時代は難波と江戸を結ぶ廻船の風待ち港として
               繁栄をきわめた。

  贖(あか)ふ: みそぎして神に供え物を捧げ祈る。
 
この歌は4首で構成され、熟田津(愛媛県松山市道後温泉近く)あたりへ
船旅する夫としばしの別れを悲しんでいる物語風の歌群です。

まず妻が海は危険なので、時間がかかっても磯伝いに漕ぎ廻り、無事に
帰ってきて下さい。と詠い、夫は吹飯(ふけひ)の浦に寄せては返す波、
その波のようにひっきりなしにお前のことを思っている、
わざわざ遠回りして吹飯に寄港して海の神に無事を祈るのは、
お前さんのためと返し、最後に妻が熟田津で帰りの船に乗ると
おっしゃっていたのに、いつまでたっても帰ってこないと嘆く、
という筋立てとなっています。

 宴会の余興で詠われたものかもしれません。

次の歌は同じ「ふけひ」でも違う場所の例です。

「 天つ風 ふけゐの浦に ゐる鶴の
       などか雲居に 帰らざるべき 」 
                   藤原清正(きよただ) 新古今和歌集

( 鶴が「ふけゐの浦」の上空に飛んでいってしまって
 帰ってこないということがないように、
 私自身もいつか再び昇殿を許されるはずだ。)

作者は平安中期36歌仙の一人
最終官位は紀伊守。
紀伊守としての赴任、本人は左遷と感じたのでしょう。
殿上人を離れたことを悲しみ、帰京する日を待ちわびる詠です。

ここでの「ふけゐの浦」は紀伊国「吹上の浜」の別名。
雲居に大空と宮中を掛けています。

さぁ、新しい門出も間近。
来るべき年は順風満帆でありますように。

   「 時つ風 船軽やかに 漕ぎ出せり 」   筆者 

         万葉集716 (時つ風) 完


           次回の更新は2019年1月1日(火) 。
           「新年の歌:亥」の予定です。
             ( 12月28日(金)を変更)

by uqrx74fd | 2018-12-20 16:05 | 自然

<< 万葉集その七百十七 ( 新年の...    万葉集その七百十五 (島崎藤村... >>